SEOライティングでユーザーと検索エンジンのニーズを掴むコツ

SEOライティングを正しく理解しないと、ユーザーニーズを満たすコンテンツを作れず、検索順位を上げることはできません。

今回は、ユーザーと検索エンジンのニーズを掴むためのSEOラインティングのコツを紹介します。

SEOラインティングは1番にユーザーニーズを

SEOライティングでは、検索キーワードからユーザーニーズを考え、そのニーズに対して120%で応えることが1番重要です。

検索エンジンはユーザーニーズを考えてランキング化しているため、検索エンジンのことだけを考えてキーワードを詰め込むなどは逆効果です。

ユーザーに分かりやすいページを作ることが、検索エンジンで最も評価されます。

SEOとは

SEOとは検索エンジン最適化の略で、キーワードに対してユーザーに最適なコンテンツを作成し、ページの検索順位を上げる手法のことです。

検索順位は、Google独自のアルゴリズムで決められていますが、Googleはユーザーニーズを理解し、ユーザーの欲しがる情報を順位として反映するという動きを常に行っています。

そのため、ユーザーを意識することが検索エンジンを意識することに繋がり、SEOライティングで検索順位の上位表示可に繋がります。

①まずは1ページに対して1つのキーワードを決める

SEOライティングでは、1ページにつき1つのキーワードを決めることがとても重要です。キーワードが少しでも違えばユーザーが探している情報はかなり変わります。

例えば、「転職サイト」で検索すると、有名な転職サイトがずらずらと出てきますが、「転職サイト おすすめ」で検索すると、転職サイトの比較サイトが上位に表示され、転職サイト自体はあまり出てきません。

つまり「転職サイト」と「転職サイト おすすめ」のユーザーニーズは異なるということです。

そのため、SEOライティングでは、1ページに対して1つのキーワードを設定し、ユーザーニーズに合ったページを作成しましょう。

設定したキーワードを戦略的に考える

設定したキーワードが戦略的に間違いでないかを考えましょう。考えるポイントは「検索数はあるか?」「サイトのターゲットに合うか?」「検索キーワードで上位の競合に勝てるか?」の3点です。

例えば、設定したキーワードで検索順位1位になっても、キーワード自体の検索回数が0であれば、1位に上げても流入は見込めません。

キーワードを戦略的に考えた上で、タイトルや見出し、コンテンツの細部までユーザーに分かりやすくライティングしていきましょう。

②キーワードに対してのコンテンツを考える

ページのコンテンツを考えるために、自分が決めた検索キーワードで一度検索してみましょう。

検索順位上位のページを確認することで、「どんなユーザーニーズがあるのか」=「上がりやすいコンテンツ」を調べられます。

検索エンジンの上位表示されているページは、Googleからユーザーニーズがあると判断されたページなので、コンテンツの内容や順番などを参考にしましょう。

自分の書きたい内容や勝手な想像でコンテンツを決めることはおすすめしません。

③SEOのルールに基づいてページを作成する

1.タイトルには必ずキーワードを入れる

タイトルには、必ずキーワードを入れて30文字以内でユーザーが惹き込まれるようなタイトルに設定しましょう。

タイトルは、SEOライティングでは重要な要素の1つです。ただ、日本語的におかしくならないよう、ユーザーにとって魅力的なタイトルにすることが大切です。

また、最大表示文字数があるため、変動はありますが30文字以内であれば間違いなく表示されるでしょう。

2.文章構造に合わせて見出しタグを使う

h1は1つだけにしてキーワードを必ず入れましょう。

h2以降は文章構造に合わせて正しい順番で使えていれば、無理にキーワードを入れる必要はありません。

ただ、h5やh6まで使用している場合は、分かりづらい文章構造になっている可能性があるので、改めて文章構造を考えることをおすすめします。

3.テキストは読みやすく分かりやすく

テキストはキーワードを気にせず、ユーザーニーズに合わせて書きましょう。

検索キーワードのユーザーニーズに合わせてテキストを書いていれば、自然とキーワードが入るはずです。

もしも、ページ全体に全くキーワードがない場合は、ユーザーニーズに合ったページになっていない可能性があるので修正が必要です。

Webライティングのコツ

また、SEOの観点だけではなく、ユーザーに読みやすくするコツがいくつかあります。

  • 結論から書く
  • 見出しだけで分かる文章構成にする
  • 冗長な表現を使わない
  • 見やすい文の長さに調整する
  • 指示語は使わない
  • 改行、読点を入れて読みやすく
  • 語尾・口調を揃える
  • ひらがな・カタカナ・漢字をバランス良く

▶WEBライティング初心者向け!基本的な書き方の8つのコツと目的

4.その他の細かな設定をする

画像にalt属性を設定する

画像にalt属性を設定することで、画像の閲覧ができない環境ではテキストが表示されるため、ユーザーに優しくなります。

descriptionメタタグを設定する

descriptionメタタグを設定することで、検索結果のスニペットに表示される可能性があり、検索画面でユーザーにページの内容を伝えることができます。

URLは短く分かりやすく

URLは短く分かりやすい設定しないと、検索画面やURL保存時にユーザーに認識してもらいにくくなります。あえてキーワードにする必要はありません。

アンカーテキストを分かりやすく

アンカーテキストを分かりやすくすることで、ユーザーへリンク先のページ内容を想像しやすくできます。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ