WEBライティング初心者向け!基本的な書き方の8つのコツと目的

WEBで文章を読まれるためには、本や雑誌とは書き方の異なるWEBならではのライティングのコツが必要です。

初心者向けにWEBライティングの基本的な書き方のコツや目的を紹介します。

WEBライティングの基本的な書き方の8つのコツ

1.結論から書く

WEBライティングの基本で最も大切なことは、結論から書くことです。

初心者にありがちなのが、「こういう理由や前提があるから、こういう結果なのです。」という書き方です。

実際にWEBで文章を読む時は、流し読みされることが多いため、冒頭に結論が書かれていないとページから離脱されてしまいます。

ずばり結論を書いた後に理由を説明するという書き方で、ユーザーをページに惹き込みましょう。

2.見出しだけで分かる文章構成にする

ページで伝えたいことが、見出しだけで分かる文章構成にしましょう。

WEBの文章は流し読みされることが多いため、見出しだけで内容が分かる方がユーザーが情報を探しやすく、ページから離脱されにくくなります。また、見出しの大きさを正しく使うことで、より文章構成が理解しやすくなります。

初心者だと見出しが全く使われていなかったり、文章の意味と見出しの大きさがバラバラになることがあるため、気をつけましょう。

3.冗長な表現を使わない

冗長な表現を使わず、シンプルに書きましょう。

例えば「~しないわけではありません」「~できるようになったりします」は、それぞれ「します」「できます」とシンプルに言い換えることができます。

長ったらしい文は読みづらいため、WEBではユーザーに嫌われます。

4.見やすい文の長さに調整する

スマホで見やすい文の長さに調整しましょう。

PCやスマホなど、ユーザーが使うデバイスに合わせて、文の文字数を調整することもWEBライティングのコツです。

特に、最近はスマホで見られることが多いため、画面の横幅が短くても見やすい文章に整える必要があります。

5.指示語は使わない

指示語の「これ」「その」など、俗に言う「こそあど言葉」は使わないようにしましょう。

指示語があると、上部にある文を読み返さないと意味が理解できないため、文脈が多少おかしくても指示語を使わない方が、WEBライティングにおいては読みやすい文章になります。

6.改行、読点を入れて読みやすく

改行や読点をバランスよく使うのが基本的なライティングのコツです。

人間は、文字がつまった文章よりも、ある程度スペースが空いた文章の方が読みやすいと感じるため、同じ文章でも改行や読点をバランスよく使うだけで読みやすくなります。

7.語尾・口調を揃える

語尾や口調を統一しましょう。

「ですます調」や「である調」など、語尾や口調がばらばらだと読みづらい文章になります。

WEBライティングに限る話ではないですが、基本の1つとして覚えておきましょう。

8.ひらがな・カタカナ・漢字をバランス良く

ひらがな、カタカナ、漢字をバランス良く使うと読みやすい文章になります。

漢字だらけやひらがなだらけで読みづらくなるので、バランスがよくなるように言葉や言い回しを考えましょう。

WEBライティングの目的

1.SEOでの集客

1番の目的はSEOでのサイトへの集客です。

WEBライティングのスキルを高めて、よりユーザーに求められるコンテンツを作ることで、検索順位が上位になりページへの流入が増えます。

検索エンジンで上位表示させる技術のことをSEOと言い、独自のアルゴリズムで検索順位づけが行われていますが、現在はユーザーのためになるコンテンツを作ることで、検索エンジンにて上位表示が可能です。

2.サイトのコンバージョン

集客したページからコンバージョン(ゴール)を促すことも、Webライティングの目的です。

例えば、ECサイト(通販サイト)であれば商品購入、会員サイトであれば会員登録など、集客したページからいかにコンバージョンさせることができるかが重要です。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ