【起業・独立開業したい人向け】失敗しないための3つの心構え

あなたは起業や独立開業をお考えですか?

競合のリサーチや事業計画を立てるなど、業種により準備することは変わりますが、どんな業種でも独立して失敗しないために大切な3つの心構えがあります。

「動機」「働き方」「人生設計」について考えてみましょう。

1.動機を明確にする

理想へ手を伸ばす独立開業を目指すきっかけや動機は人によってさまざまだと思いますが、自分が独立開業する動機や理由を明確にしましょう。

なぜ独立開業したいのか?もしも、ネガティブな動機や理由を持つ方は失敗しやすい人が多いです。「今の仕事がつまらない」という逃げの気持ちや、「独立すれば自由に時間が使えるのでは」といった、今より楽な道を選ぶ気持ちが出発点となっていては成功は望めません。

「キャリアを生かしたい」「アイディアを事業化したい」など、自分が持つ財産を存分に活かしたいという前向きな気持ちで取り組むことが、独立開業する上での心構えとしては大切です。

2.働き方が変わることを理解する

作業中の机の上

Unsplash / Pixabay

実際に起業・独立開業すると、全くと言っていいほど働き方が変わります。

本来の仕事に加え、細かい事務作業に追われ、あらゆるタイプのお客様に対応することになります。また、仕事が軌道に乗るまでは、残業や休日返上で働く必要もあるでしょう。

定められた時間のみ「仕事人間」でいれば良かったサラリーマンから「24時間仕事人間」への変化を強いられるのが個人事業主ともいえます。困難の連続を乗り切るためには働き方の違いを理解し「自分の夢は独立してこそ叶う」という強い信念を持ちましょう。

3.将来を踏まえた人生設計を立てる

ビルの合間からみえる空

自分だけではなく、家族のことを考えた人生設計を立てましょう。

独立開業をすれば、あなたはもちろん、家族の置かれる環境がガラリと変わります。当面は自宅を仕事場にしたり、パートナーに仕事を手伝ってもらったり。夢を共有し、最強のパートナーになってもらえるよう家族としっかり話し合うことが大切です。

今後を考える上で、この先20年間の家族全員の年齢、子供の入学や卒業などを記した年表を作ることをおすすめします。お金のかかる時期や必要な行動など、人生を見える化することで将来設計がしやすくなります。

起業・独立開業から5年後の満足度

開業から5年後の満足度

独立開業から5年後の経営者に対するアンケート調査です。「仕事のやりがい」では、7割超が「満足」と回答しています。

独立開業から5年後に、仕事へのやりがいを感じるためにも、動機、働き方、人生設計の3つの心構えについて改めて考えてみてください。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ