起業/開業とは【意味/読み/英語表記】(きぎょう/かいぎょう、starting a business)

【起業/開業の概要】

新しく事業を始めること。
基本的に個人事業や法人事業などの事業形態は問いませんが、一般的には法人事業を指します。

【起業/開業の詳細】

インターネットの普及で起業に関する情報を得ることが容易になったこと、スタートアップへの投資環境が整いつつあること、終身雇用制が崩壊し働き方が多様化していることなどを受け、「起業」という選択肢は一般的になっています。

起業にあたっては、株式会社設立では約25万円、合同会社設立では約10万円の費用がかかります。
また、個人の実印、定款、登記書類の作成と、設立登記、関係官庁への届け出が必要になります。

「起業」と似た言葉に「創業」「開業」「独立」があります。

▷創業
創業は基本的には「起業」と同じ意味を表しますが、過去のできごとを示すときに使われます。

▷開業
法人ではなく、個人やフリーランスが新しく事業を始める際に使われることが多い言葉です。

▷独立
努めていた会社を辞め、新しい事業を始める際に使われることが多い言葉です。

「起業/開業」の記事一覧

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE