ストックフォトサービスを使うメリット/デメリット。利用の際に気をつけたい3つのポイント

ストックフォトサービス
DESIGNER

かつて、一般的なWebサイトにハイクオリティな写真が掲載されるのは稀でした。大規模な予算がある企業以外は、自分で写真を撮ったり、低画質の画像を使ったりする必要があったためです。

現在は数多のストックフォトサービス(写真素材配布サービス)のおかげで、高品質な写真が簡単に手に入るようになりました。有料のものから無料のものまで、いまではストックフォトをインターネット上で見かけない日はないでしょう。

しかし、ストックフォトにはメリットだけでなく、デメリットもあります。今回はストックフォトのメリット/デメリットと、プロジェクトに適した写真を見つけるためのポイントをご紹介します。

ストックフォトサービスを使うメリット

メリット1. Webサイトに彩りを与えられる

ストックフォトを使う最大のメリットは、Webサイトのデザイン向上です。

長い文章だけが掲載されいているWebサイトは、現代のユーザーにとって魅力的とはいえません。写真や画像を加えることで、コンテンツをより豊かにできます。

また内容が数行程度しかないWebサイトでも、画像があればコンテンツが充実している印象を与えられます。

メリット2. プロフェッショナルな写真素材が使える

プロフェッショナルらしさや、ディティールへのこだわりをアピールしたい場合にも、ストックフォトサービスが役に立つはずです。

ストックフォトサービスにはプロのカメラマンが撮影した写真も多く、ともすると自前で用意するよりもはるかにハイクオリティな写真が用意されています。

メリット3. 視覚情報を補完できる

インフォグラフィックのように、複雑な概念を視覚的にわかりやすく伝えられるのも、写真の強みです。

写真でWebサイトの印象を変えたり、アイコンで直感性を向上させたり、さまざまな使い道が想定できます。

ストックフォトサービスを使うデメリット

デメリット1. フォーマットやサイズの制限

何百万曲もの楽曲を提供している音楽アプリであっても、お気に入りの曲がかならず聴けるとは限りません。

ストックフォトも同様です。提供されている写真や画像が、かならずしも求めているサイズやフォーマット、題材などと合致しているとは限りません。

とくにベクター画像などの特殊な形式が必要となる場合では、一部のフォトストックサービスを除き用意されていないことが多いです。

デメリット2. 予算による制限

費用と品質はかならずしも一致しません。いい写真が無料で手に入ることもあれば、いくら費用をかけても求める品質の写真が見つからない場合もあるでしょう。

もちろん、無料の写真は数に制限があるため、予算が少なければ少ないほど選択肢も限られてしまいます。

デメリット3. 会員登録の壁

月額や年額の料金を支払うことで写真を利用できる、会員制のストックフォトサービスをよく見かけるようになりました。もし提供されている写真がニーズに合っており、多くの画像を使用する予定があるなら、便利なケースもあるでしょう。

しかし提供されている写真がニーズにあわないと、採算が取れなかったり、不本意な写真を使わざるを得なかったりする可能性も。とくに予算が少ない場合、せっかく会員料金を支払ってもニーズに合った写真を使えないのは痛手です。

デメリット4. オリジナリティの欠如

膨大な数のストックフォトがあるいっぽうで、似たり寄ったりな写真が提供されている事実も否めません。人気のテーマや幅広いニーズをカバーしようとしているためか、似たような雰囲気の写真が散見されます。

ストックフォトはオーダーメイドではないため、Webサイトのニーズに完全合致する写真を見つけるのは簡単ではありません。

デメリット5. 複雑な利用規約

他のWebサイトの写真を無断掲載するのは問題です。もし画像を使用したい場合は、権利者に連絡をとり、画像使用の可否やその方法について話しあわなければいけません。

ストックフォトサービスであっても、これは同様です。著作権にまつわるルールに一切縛られないわけではありません。用途制限や加工制限、最大解像度の制限など、さまざまなルールが存在しています。

利用する前に、必ず利用規約に目を通しておきましょう。

ストックフォトサービスを利用する際に気をつけたいポイント

自分のニーズにぴったり合った写真や画像を探すのは、簡単な作業ではありません。ここからは、ニーズに合うストックフォトを効率的に探すための3つのポイントをご紹介します。

ポイント1. お気に入りのストックフォトサイトを見つける

信頼できるストックフォトサイトをいくつか見つけておきましょう。

ストックフォトサイトと一口にいっても、幅広い分野に対応しているものから、ニッチな分野に特化しているものまで、さまざまな個性があります。

ひとつのストックフォトサイトだけに頼るのではなく、複数のリソースを把握しておくと安心です。

ポイント2. 必要な写真の要素を整理する

写真には、被写体、色、大きさ、補正の有無など、さまざまな要素があります。

自分のWebサイトに必要な要素を事前に整理し、それに見合った写真を選定しましょう。

ポイント3. 柔軟に写真を選ぶ

自分が使いたい写真の条件をあまり厳しく設定しすぎると、なかなか写真が見つからない可能性もあります。理想どおりの写真を見つけられるのがベストではありますが、ときには妥協も必要です。

最初に思い描いていた写真と100%一致しなくても、まずは試してみましょう。もしかしたら、想定以上にいいデザインに仕上がるかもしれません。

使う人が試されるストックフォト

写真や画像は、Webサイトの雰囲気を一気に変えてくれる優れものです。

しかし多くのツールや素材と同様、使いかたを間違えるとWebサイトにとってマイナスになる可能性もあります。

多くの写真が安価で手に入ること自体は喜ばしいことです。しかし、それをどう活用するかはデザイナー次第。Webサイト全体のコンセプトやバランスを考えて、うまく活用しましょう。

(執筆:Eric Karkovack 翻訳:中島あすか 編集:北村有 提供元:speckyboy

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。

30,000人以上が使う日本最大級のお仕事マッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・複業・副業向けお仕事マッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 30,000人以上のフリーランス、パラレルワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち60%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

登録から案件獲得まで、利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

>フリーランス・複業・副業ワーカーの方はこちら

>法人の方はこちら

Workship CTA

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ