Googleに取って代わる可能性のある検索エンジン3選

3 search engines that could replace Google
無料のメールマガジンに登録

毎週月曜日に、フリーランス向けニュースまとめをお届けします。 プライバシーポリシーはこちら

MARKETER

Googleはいまや検索エンジンの代名詞ともいえる存在で、他社を寄せ付けないほど圧倒的な存在感を放っています。

しかし他の検索エンジンも、この状態をただ眺めているわけではありません。Googleという圧倒的な存在に対抗するために、独特の哲学を展開したり、得意分野を限定したりすることで、存在感を示そうとしています。

今回は、Googleに取って代わる可能性のある3つの検索エンジンをご紹介します。

Googleの抱える3つの問題点

3 search engines that could replace Google

▲出典:Rajeshwar Bachu

Googleは、Webサイトを分析し、検索ワードに応じて適切な検索結果を提示する、とても効率的な検索エンジンです。

一般的な情報であれば、探しているものがほぼ確実に見つかるのが、Googleの強みでしょう。ただしそれゆえに、多くの問題も抱えています。

倫理的な問題

Googleはトラフィックと支払額に応じて関連性の高いコンテンツを検索上位に表示します(有料検索)。つまりGoogleにお金を払うほど、Webサイトのトラフィックを増やすことができるのです。このような仕組みを取り入れることで、Googleは収益を生み出しています。

しかし支払額が検索結果を操作できてしまうという事実は、Googleの欠点でもあります。

また、2021年11月、フランス政府はオンライン販売サイト『Wish』が偽造品販売をしている容疑があると判断し、Googleの検索結果から削除を命じました。たとえWishのWebサイトが存在し続けても、Googleの検索結果からサイトが消えることで、トラフィックの大幅な減少につながるからです。逆に言うと、これほどまでにGoogleは影響力があるのです。

Googleは、適切だと判断したコンテンツを検索上位に表示し、インターネットユーザーの行動はそれに大きな影響を受けています。人々の行動にこれほど大きな影響を与えることには、倫理的な問題があるとも捉えられるでしょう。

個人情報保護の問題

Googleは、画像検索や地図による経路検索、ニュース検索も可能で、単なる検索エンジン以上の機能を提供しています。こうしたエコシステムには、ユーザーの検索を予測し、ニーズを理解するためのユーザーデータの収集も必然的に含まれます。

しかし、情報操作等で問題になったケンブリッジ・アナリティカ事件以来、多くのネットユーザーが個人情報保護を意識しはじめました。個人情報保護はセンシティブな問題ですが、Googleがユーザーのデータ利用をベースに各機能を提供しており、大きな変更を行うことは簡単ではありません。

つまり個人情報保護は、Google以外の検索エンジンにとっては大きなセールスポイントになりうるのです。

分野の問題

Googleは、多くの人が日常的に使う検索エンジンです。ユーザーは道を探したり、レストランを探したり、さまざまな分野の情報を得たりするためにGoogleを使っています。つまりGoogleは、なんでもできてしまうジェネラリストなのです。

だからこそ他の検索エンジンは、特定の分野に特化したり、より洗練されたツールを提供したりすれば、Googleに対抗できる余地があります。

代替可能性のある検索エンジン1. DuckDuckGo(個人情報保護を重視)

3 search engines that could replace Google

▲出典:Wikipedia

はじめにご紹介するのは、ユーザーのデータ保護を重視している、『DuckDuckGo』です。DuckDuckGoが優れている点は、3つあります。

  • ユーザーデータを収集しない
  • 検索結果が広告に影響されない
  • 画像、地図、ニュースなど、Googleと同じエコシステムを提供している

検索結果の中立性のおかげで、DuckDuckGoではGoogleでは発見できないようなリソースを見つけられます。

デメリットは、Googleに慣れているユーザーにとっては、かならずしも望むような結果が得られないという点です。検索結果の精度は、Googleのほうに軍配が上がるでしょう。また、他の言語で検索した場合であっても、アメリカのWebサイトがやや優先的に表示されるようです。

なお個人情報保護には、多くの検索エンジンが力を入れいています。

  • Qwant
    データセキュリティについて欧州のGDPRに準拠している検索エンジン。
  • Startpage
    ユーザーデータを暗号化しつつも、Googleのような検索結果を約束している検索エンジン。
  • Swisscows
    IPアドレスを暗号化している検索エンジン。

個人情報保護に力を入れている検索エンジンのなかでも、世界でもっとも人気があるのが、DuckDuckGoなのです。

代替可能性のある検索エンジン2. Refseek(学術文献検索に特化)

3 search engines that could replace Google

▲出典:refseek

学術情報に特化した『Refseek』は、『Google Scholar』と競合する可能性を秘めた検索エンジンです。

Google Scholarは、Googleのエンジニアによるサイドプロジェクトとして立ち上げられました。Refseekと同じく学術文献にフォーカスしていますが、検索結果が未分化で、英語以外の言語で書かれたものはハイライトされないなど、さまざまな問題があります。フィルターもあまり効果的ではありません。

これに対してRefseekは、検索結果を最適化し、自由に利用できる文献をGoogle Scholarよりも正確に強調してくれます。

Refseekのプロジェクトはまだ小規模で、日付がハイライトされていない等の欠点もありますが、学術情報に特化した検索エンジンにニーズがあることは間違いありません。

Refseekのほかに、以下の検索エンジンにも注目です。

  • Base
    学術文献を参照し、文献を読んだりダウンロードしたりするためのホスティングサイトにリダイレクトする検索エンジンです。論文の70%はオープンアクセスで、台湾、クロアチア、ルーマニアなどの文献も探すことができます。
  • Bioline
    ダウンロード可能な学術情報リンクを掲載しているWebサイト。アフリカやアジアの国々で出版された科学雑誌をハイライトしています。掲載されている雑誌は、無料でアクセス可能です。

代替可能性のある検索エンジン3. Brave(報酬型検索エンジン)

3 search engines that could replace Google

▲出典:Brave

Googleに代わる検索エンジンの候補として最後に挙げられるのが、『Brave』をはじめとした報酬型の検索エンジンです。

ブロックチェーンによる分散化で注目されているWeb3(Web3.0)の登場によって、検索エンジンはユーザーに対して報酬を支払うようになりました。

Braveを通して検索を行うことで、報酬として仮想通貨を得られます。仮想ウォレットと統合しているため、ユーザーが仮想通貨を取引することも可能です。

報酬型検索エンジンとして著名なものとして、Braveのほかに以下のようなものがあります。

  • Ecosia
    Ecosiaで検索を行うと収益が発生し、その一部はアフリカの乾燥地帯の森林再生の資金として使用されます。検索という行為が、植樹に関連する人々の報酬につながる仕組みは、エコに関心があるユーザーに対して大きなアピールポイントになっています。
  • Lilo
    検索するたびにユーザーに仮想通貨を報酬として与えており、ユーザーは好きな団体にその仮想通貨を寄付できます。またLilo自体も、集めた仮想通貨の量に応じて利益の一部を団体に還元しています。

報酬型の検索エンジンは、Googleにはない「報酬」をユーザーに提供します。Googleは無料で効率的なサービスを提供していますが、同じようなサービスを受けられて、さらに報酬も得られるなら、ユーザーが流れる可能性もあるはずです。

Googleは絶対的な存在ではない

Googleはとても優秀な検索エンジンですが、代替可能なものが存在していない、というわけではありません。

たとえば中国やロシアにおいては、『Baidu』や『Yandex』などが多く使われています。Windows 11では、デフォルトのWebブラウザをEdgeに固定し、Google Chromeなどへの切り替えを封じました。

Googleからの脱却は非現実的に思えるかもしれませんが、現にオンライン通話における絶対王者であった『Skype』が、『Zoom』や『Microsoft Teams』に置き換わっていっています。

個人情報に対する意識の変化や、Web3.0時代の到来など、Googleの立場を危うくする要素は今後も増えていきそうです。

(執筆:Reda Attarça 翻訳:Asuka Nakajima 編集:mozuku 提供元:UX Planet

40,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 累計40,000人以上のフリーランス・副業ワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数参加
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 公開中の募集のうち66%がリモートOKのお仕事
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。また、本メディア内に掲載されているリンクには、アフィリエイトURLが含まれる可能性があります。

SHARE

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
workship ad 3