BizOn Ad

Googleのロゴの歴史。“Doodle(落書き)”を大切にする理由とは

Google ロゴ 歴史
DESIGNER

世界中で利用されるサービスを提供している「Google」。創業しておよそ20年あまりでIT業界を牽引する企業へと成長しました。

ITを代表する見慣れたカラフルなロゴは、ルールにとらわれずに進化を続けています。

この記事ではGoogle歴史と共に、ロゴデザインの変遷を振り返ります。

Googleの歴史

Google 歴史

▲Google設立当初の拠点であった、カリフォルニア州郊外メンローパークにあるスーザン・ウォジスキ氏所有のガレージ(出典:Google

Googleは、インターネット関連サービスに特化したアメリカ合衆国の企業です。世界最大級の検索エンジンや、メインの収入であるオンライン広告、ソフト・ハードウェア関連などの事業を展開しています。企業名の由来は、という「10の100乗」を意味する数学用語。膨大な数の情報から探したいものを見つけ出すという意があるそうです。

社名が「Google」になった理由には諸説あり、スペルミスをしてしまったにもかかわらず気にせずそのままにした説、ドメイン登録の際に「googol.com」がすでに存在していた説、数字は商標登録できないという説などがあります。

1998年、当時スタンフォード大学の博士課程に在籍中だったラリー・ペイジ氏とセルゲイ・ブリン氏によって、Googleは創設されました。当初の拠点は、のちにYouTubeのCEOとなるスーザン・ウォジスキ氏が所有するカリフォルニア州郊外メンローパークのガレージ。開発当初の検索エンジンの名前は『Backrub』でした。

同年9月、サン・マイクロシステムズ社の共同創始者であるアンディ・ベクトルシャイム氏が10万ドルを出資。Google inc.として法人化を果たします。

2000年にはYahoo!のサーチエンジンに採用。2003年にはAppleと提携し、Safariの標準検索エンジンとなりました。2004年に初の株式公開を行い、当時の時価総額は230億ドルでした。

2008年には初のAndroid搭載スマートフォンを発表、2011年にはユニークユーザーが10億人を超えるなどの躍進を遂げ今に至ります。

Googleのロゴの変遷

1997年

Google ロゴ 歴史

▲出典:hetechflitz.com

検索エンジンが研究段階だった1997年〜1998年に利用されたロゴです。BackrubがGoogleに改名されたタイミングで制作されました。

同年6月に「google.com」をドメイン登録しています。

1998年9月

Google ロゴ 歴史

▲出典:SITES MATRIX

1998年9月〜同年10月に利用されたロゴです。当時流行していた画像エディター『GNU画像操作プログラム(GIMP)』を使って、サーゲイ・ブリン氏が制作したもの。

最初のロゴに使われた三原色に、緑を加えたデザインを採用していますが、配置は変更されています。

1998年

Google ロゴ 歴史

▲出典:SITES MATRIX

デザイナーのルース・ケダル氏によってデザインされたロゴです。1998年〜1999年に利用されました。

特徴は「Yahoo!」のように「!」がついている点と、「l」のみが緑色になっている点のふたつです。

Google ロゴ 歴史 Doodle

▲出典:Google

なお1998年8月30日に、初めて「Google Doodle」がデザインされました。

Google Doodleとは、祝日や記念日などのイベントに合わせて変更されるロゴデザイン。イラストレーターと技術者チームが共同制作しています。

力を入れない「Doodle(落書き)」をロゴに施すことで、「力を抜いた無意識にこそ潜在能力が発揮される」といったメッセージを含んでいるのかもしれません。シンプルなイラストデザインから、ゲームがプレイできるアニメーションまで、遊び心に富んださまざまな仕様のロゴがあります。

1999年

▲出典:SITES MATRIX

1999年〜2010年に利用されたロゴです。「Catull」フォントを用いて制作されており、「e」が少し傾いているのが特徴です。

2000年6月にカリフォルニア州マウンテンビューへオフィスを移転させたGoogle。同年10月には、現在の主な収入源となっているセルフサーブ型広告『Google Adwordsプログラム』(現Google広告)を開始するなど、大きな変化を遂げました。

しかし広告を大きな収入源とするにもかかわらず、Googleトップページは検索エンジンとロゴのみの簡素なレイアウト。それはアイデアを大切にするGoogleらしく、閃きの邪魔になりうるものを排除した結果かもしれません。

2010年

Google ロゴ 歴史

▲出典:SITES MATRIX

2010年〜2013年に利用されたロゴです。全体的にシャドウを減らしたことで明るい印象になりました。また黄色い「O」のみ飽和度を上げ、オレンジ寄りの色味に変更されています。

2013年

 

Google ロゴ 歴史

▲出典:SITES MATRIX

2013年〜2015年に利用されたロゴです。フラットなデザインが特徴。

2015年

Google ロゴ 歴史

▲出典:SITES MATRIX

2015年〜現在に至るまで利用されているロゴです。

Googleのオリジナルフォント「Product Sans」と、2014年にGoogleが発表した「マテリアルデザイン」が採用されているのが特徴。ポップでフラットな印象を与えています。

Google ロゴ 歴史 chrome

この平面的な素材感とカラフルな色合いの「マテリアルデザイン」は、Googleが開発したウェブブラウザChromeのロゴや、AndroidのCMに出てくるイラストデザインにも反映されています。

そのほか、アプリアイコンデザインなど業界全体のトレンドとなりました。

Googleのロゴのデザイン要素

Google ロゴ 歴史

▲出典:Google

Googleのロゴは、創業当初から青・赤・黄の三原色に緑を加えた色で構成されています。「e」が少し傾いているのが特徴です。

長年採用された「Catull」フォントや立体的なデザインを封印し、Googleオリジナルフォント「Product Sans」やマテリアルデザインに一新したことで、新しいIT業界を彷彿とさせるポップなイメージを実現させています。

大幅なデザイン変更を経た現在でも、ルールにとらわれない遊び心満載なデザインにより、ひとめでIT業界を代表するGoogleだと分かるでしょう。

おわりに

ひとめ見れば、IT業界を代表する「Google」だとわかるカラフルなロゴ。

自由な発想を大切にするデザインの数々は、これからもIT業界の新しいトレンドや時代に沿った自社のイメージを表現し続けるでしょう。

(執筆:上塚千映子 編集:北村有)

企業ロゴの歴史

ロゴから見るビジネス/デザイン戦略

40,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 累計40,000人以上のフリーランス・副業ワーカーが登録
  • 東証プライム上場企業からスタートアップまで多数参加
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 公開中の募集のうち66%がリモートOKのお仕事
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。また、本メディア内に掲載されているリンクには、アフィリエイトURLが含まれる可能性があります。

SHARE

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE
#フリーランス大会議 仕事の単価の決め方