ライターの年収を上げるには?フリーランスや副業での収入の違い

近年、正社員を辞めてフリーランスとして独立する人が増えています。フリーランスの職種として人気なのがライター。未経験からはじめられ、在宅でも仕事ができます。また、独立までしなくても副業として手軽に始めることができるのも魅力。

しかし、フリーライターはどれだけの収入を得られるのでしょうか? 今回は気になる平均年収から、高収入を得るためのコツ、フリーライターになるメリット・デメリットまで、一挙にご紹介します。

フリーランスのライターの年収

フリーライターの平均年収は約300万円と言われています。しかし、ライターの世界の収入は本当にピンキリです。クラウドソーシングを主体に書くのか、Web媒体と直接契約して書くのか、編集プロダクションを介して案件をもらうのか、はたまたWebではなく紙の雑誌に記事を書くのか。

それぞれで報酬も働き方も変わるフリーライターの世界ですが、今回は一例として、スキル別の収入をお伝えします。

年収100万円以下

月あたりの収入が10万円未満。スキルと実績がないため原稿一本あたりの収入が少ない段階です。クライアントとの繋がりも少なく案件をたまに振られる程度のため、クラウドソーシングや自分から営業をかけ、つながりを増やしましょう。既存のクライアントとの信頼関係を深めて、スキルを向上させることが大切です。

年収300万円〜

月あたりの収入が20〜30万円。サラリーマンと同じくらいの収入です。複数のクライアントから連載をもらえれば収入が安定するでしょう。収入があるフリーランスのライターはスキルももちろんあります。ただ、それ以上にクライアントや同業者の繋がりがあるゆえに、良い案件をもらうケースも多いです。スキルアップだけに偏らず、積極的に交流会にも参加してライター業界の繋がりを増やしてみてはいかがでしょう。

年収800万円〜

月あたりの収入が60万円〜。業界の中でも稼げているライターといえます。インフルエンサーや、報酬が高いWEB・紙媒体を中心に執筆しているライターであれば、この年収を達成できるでしょう。フリーランスライターとして、専門性を確立させ知名度がアップすることにより報酬も上がっていきます。

副業ライターの収入額

副業ではじめるのであれば、仕事終わりや休日を中心にライティングすることが多いでしょう。クラウドソーシングや個人ブログであれば、気軽に、時間の制限もなく執筆を開始できます。クラウドソーシングは、未経験者だと文字単価が0.5〜1円スタートになることも珍しくありません。最初は執筆の時間もかかるので、時給換算すると目も当てられない金額です。

しかし、実績をつくると報酬・執筆スピードはともに上がります。月あたりの収入5万円程度をめざすのであれば副業でも難しくないでしょう。

稼げる人と稼げない人の違い

大前提として、フリーライターは小説家でもエッセイストでもありません。クライアントから依頼される記事には、ひとつひとつ目的があります。社会問題に対して一石を投じたい、
化粧品をPRして多くの女性に商品を買ってもらいたい、オシャレになる方法をモテない男の子に伝えたい。求められるのはそれらを達成する文章であり、美しい文章表現ではありません。

その前提の上で、稼ぐライターは専門性がはっきりしています。
SNSで拡散されるような、いわゆる「バズ」目的にした記事を書くライター、グルメ情報のみ執筆するライター、恋愛にテーマを絞ったライター。専門性がひとつあれば、そのテーマに関する案件が他の人よりも優先的に回ってきます。そうして案件数や実績がたまればライターの信用に繋がり、収入も自然と高くなっていくでしょう。専門性を高めていくこともひとつの道です。

ライターで高収入を得るためのコツ

高収入を得るには、2通りの稼ぎ方しかありません。例えば、一本5000円という低い単価の記事を大量に書くか、一本当たり3万円以上まで単価を高くしていくか。前者はガムシャラさがあれば高収入に近づけますが、長く続けられるものではありません。いずれにしても後者の道を模索することになります。

単価を上げるには、専門性の高い分野(金融、アカデミック、マーケティングなど)の専門ライターになる、自分自身の知名度を上げてPR案件を多く受ける、ライターで得た知名度を生かしてオンラインサロンを運営したり起業したりと、道はいくつもあります。

フリーライターのメリット・デメリット

メリット

■仕事を選べる
もちろん駆け出しのライターはそんな余裕はないかもしれませんが、収入が安定すれば好きな仕事を選べます。本が好きなら憧れの作家に取材でき、スポーツが好きならあのオリンピック選手にも話を聞けるかもしれません。嫌な仕事、嫌なクライアントであれば断るのも自由です。

■朝の満員電車に乗らなくてすむ
フリーランスライターであれば決められた業務時間がないので、何時に起きようが自由です。取材やクライアントとの打ち合わせも午後で調整できるので、息が詰まる朝の満員電車とは無縁の生活を遅れます。毎日のストレスが確実にひとつなくなります。

■憧れの人の話をマンツーマンで聞ける
実力がついてくると、インタビュー案件も増えていきます。そうすればテレビで見るような著名人や好きな作家に、直接話を聞く機会もいただけます。憧れの人に1対1で興味のあることを聞き、それを執筆することで収入になる。こんなに贅沢な仕事はそうありません。

デメリット

■いつ仕事がなくなるか分からない。
先月まで一緒に仕事をしていたクライアントが、予算の都合でライターを雇えなくなったり、そもそも媒体ごと消えたりするケースもあります。リスクを分散するためにも複数のクライアントと契約した方がいいです。

■自己管理が大変
業務時間が決まっていないことの、負の面です。特に仕事がない時期はモチベーションを保つのが大変です。時間に余裕があるため、ダラけがちになります。逆に仕事が増えると、自分のキャパシティを超えてしまうことも。フリーランスで活動するなら自分の特性や限界を知ることが大切です。

■孤独を感じやすい
Webライターであれば企画から執筆まで誰とも関わらず、記事が完成することもあります。Web上のやりとりはありますが、リアルの場で1週間も会話がないのは想像以上に孤独を感じます。最近だとコワーキングスペースという、フリーランスが集まって仕事をする作業場が各地にできています。そういう場所にいくのも孤独感解消にはいいかも。

■稼げるようになるまでが大変
たしかにフリーライターは自分の好きな仕事をできて、楽しいことも多いです。しかし、安定した収入をもらえるまでが大変。バイトをしながら下積みを続ける人も少なくありません。始めるにあたっては、それなりの覚悟を持つべきでしょう。

SHARE