YouTubeを使った動画マーケティングに活用したい3つの戦略

jeffbullas.com

To educate and inspire business and personal brands to develop, grow and increase their sales on the social web. To make your brand visible online.

この記事はjeffbullas.comからの翻訳転載です。配信元または著者とコンテンツ契約を結び配信しています。
5 Ways Video Content Can Dramatically Boost Your SEO Efforts

YouTubeを活用した動画マーケティング戦略3選

YouTubeを活用する動画マーケティングの戦略を、ご紹介します。

1. 動画関連のキーワードを最適化する

動画のSEO
引用:Sprout Social

キーワードプランナーのようなツールを使い、月間の検索量の多いキーワードを動画のタイトルなどに入れると、動画が検索エンジンの上位に表示される確率が上がります。

月間の検索量の多いキーワードを選ぶメリットは、大人数がキーワードを調べているため、検索量の少ないキーワードよりも見える機会はあることです。

YouTubeは、Googleの子会社なので、Googleの検索結果においては、他のコンテンツより優先にYouTubeの動画が表示されます。たとえば、誰かが質問はある場合、以前によく解決策を検索エンジンで調べていたのです。年々に、YouTubeでの質問に関する検索クエリが70%ほど増えています。

多くの場合、SEOはWebサイト内のキーワードを調整することのなか、YouTubeもSEOと大きく関わっています。動画のタイトルや、説明文、タグなどの文章を修正すると、Googleの検索結果の上位に表示される可能性が上がるのです。

キーワードに関連している項目の改善

キーワードに関連している項目として、タイトル、説明文、タグの基準は下記の通りです。

タイトル

タイトルの長さは、24~48文字以内が理想です。そして、検索結果に反映されるには、タイトルにキーワードを使いましょう。

説明文

説明文に記載できる文字数は1,600文字です。しかし、説明文の大半は「もっと見る」というボタンを押さないと読めず、最初の2行しか表示されません。そのため、もっとも重要な情報は、最初の2行以内に伝えるのは適切です。

そのうえ、キーワードを説明文に記載すると、検索エンジンの検索結果の上位に表示される可能性が上がります。

タグ

タグの数は、5~10個の程度が理想です。

動画の全体の最適化

そのほか、より閲覧されるYouTube動画を作成する上でできることは下記の通りです。

  1. サムネイルをカスタマイズする
  2. 字幕をつける
  3. エンドカードを作る

キーワードの最適化と上記3点を改善すると、YouTubeとGoogleの検索結果におけるランキングが上がるでしょう。

2. Webサイトに動画を導入し、滞在時間などの指標を改善する

動画をサイトに入れる画像
引用:イエコトバ

YouTube動画をサイトに挿入すると、いくつかの指標に影響を与えます。

滞在時間と直帰率

SEOにおいて、ユーザーのページへの滞在時間が重要です。ページへの滞在時間が長くなると、「このサイトは重要度の高いサイトである」とGoogleにも示せます。したがって、検索結果のランキングが上がるのです。

「動画あり」と「動画なし」のWebサイトの滞在時間と直帰率を分析すると、Webサイトの滞在時間と直帰率を改善できます。

獲得率

文章よりも、動画のほうが人の心をつかみ、簡潔ににサービスの内容を伝えられるケースがあります。さらに、Microsoft社の調査によると、何かの情報を普及しなければいけない場合、人間の集中力が8秒であることが分かったのです。

人の集中を保つ時間が限られているため、動画を使うと、文章よりも最適にユーザーを獲得できます。

3. SNSへのシェアとリンクバックを獲得する

SNS

引用:Gaiax

SNSでの拡散により、既存のファンを熱狂させ、より多くのユーザーにサービスを伝えられます。

そのため、動画を作成する前に、SNSでコンテンツをシェアしてほしいユーザー、そして動画を通してどう感じさせたいのかを把握すべきです。

しかし、SEOにおいて、シェアよりも、サイトへのリンクバックのほうが重視されているため、リンクバックの獲得を優先しましょう。

下記の案であれば、すぐに動画のコンテンツを作成できます。

  1. 商品をローンチする直前の発表動画
  2. 商品に関連しているQ&Aの動画
  3. 商品の使い方についての動画
  4. オフィスの様子、もしくは商品開発の様子の動画
  5. ユーザーの声の動画

継続的に動画を出さないと、Webサイトへの流入が減り、検索エンジンにおけるランキングも下がります。

まとめ

動画マーケティングにおいて、YouTubeが重要な存在であり、SEOへの影響も明らかです。

ぜひあなたのマーケティング戦略にも、YouTube動画を使ってみては?

(翻訳:Jordan Colston)

SHARE