Amazon Echo Plusは、早期認知症高齢者をサポートする介護ヘルパーにとって代わる?

高齢者の多くは老後を自宅で過ごすことを好むため、医療機関や政策立案者にとって、高齢者のよりよい長期ケアサポートが課題となっています。アメリカに470万人いるとされる認知症高齢者にとって、毎日の生活をおくる自宅環境はとくに重要です。

認知症は「初期」「中期」「後期」に分類されます。初期の段階では、診察後に自宅での療養が認められ、訪問介護ヘルパーの派遣を希望することができます。しかし近年、訪問介護ヘルパーの不足が問題になっており、高齢者に対して割り当てられる人手が足らないのが現状です。

現在ではテクノロジーが介護の現場に導入され、ロボット装置を用いて介護を行うことも進められています。Amazonクラウドベースの音声サービスであるAlexaを搭載した『Amazon Echo Plus』は、その搭載する技術と機能性を考えると、早期認知症患者の介護ヘルパーに代わるものと考えられています。

早期認知症高齢者を助ける!Amazon Echo Plusを導入する3つのメリット

まず最初に、早期認知症高齢者に対してEcho Plusを導入するメリットを挙げます。

1. 服薬の時間を確実にリマインドしてくれる

ひとつめのメリットとして、Amazon Echoの「リマインダー」機能が挙げられます。

早期認知症の段階では通常、物事を記憶したり整理をするのが難しくなり、毎日の薬の服用や、医者との診察予約を忘れてしまう傾向にあります。Amazon Echo Plusが自宅にあれば、服薬や診療時間、その他重要な予定をリマインドを設定し、時間になったら知らせてくれます。一日のうちの特定の時間に、複数種類の薬の服用をリマインドさせることも可能です。

人間が行う訪問介護では、ときに服薬を促すのを忘れたり、また誤った薬を渡したり、服薬の時間を誤ったり、薬を渡す相手を誤たりすることさえあります。このような間違いは、一度に7〜10人の患者の世話する介護施設でこそ発生すると思われるかもしれませんが、訪問介護ヘルパーもまた一日に5〜6人の患者を訪問しており、起こりうるトラブルなのです。

その点、Amazon Echo Plusはリマインドを忘れることはありません。Amazon Echo Plusは、Alexaがリマインダーをオフラインで保存できるため、万一インターネットの接続に乱れがあるときでも信頼でき、毎日のリマインダーを確実に行ってくれます。

2. 家庭環境の安全性を高める

ふたつめのメリットとして、Amazon Echo Plusがスマートホームハブとして機能することで、家庭内の照明や家電製品を一元管理できることが挙げられます。

認知症高齢者は自宅環境の安全性に不安を感じていることが多く、このような心配事は家庭での安らぎと快適さに影響を与えます。例えば高齢者は、照明やストーブなどの電化製品の電源を落とすのを忘れる傾向にあるのです。

幸いなことに、テクノロジーを駆使したスマートホームにより、このような不安を軽減できます。 Alexaの最新機能である「Hunches」は、高齢者が就寝する前や、電化製品が通常の状態にないと判断した場合に、照明や電化製品の電源を落とすよう高齢者にリマインドしてくれます。またAlexaを搭載するAmazon Echo Plusはスマートホームハブを内臓するため、電化製品や、照明、室内スイッチ、電源プラグ、コンセント、鍵などと接続し、その状態を高齢者にわかりやすく伝えてくれます。設定次第では、家電の電源のON/OFFなどを全自動で管理することも。さまざまなサーモスタットや小型および大型の調理機器に接続することも可能で、インターネットがオフラインの状態ですら、ユーザーは接続している機器をEchoにより操作できるのです。

3. 緊急時に助けを呼べる

3つ目に、緊急時の連絡にもAmazon Echoは活躍します。

認知機能障害を持つ高齢者は、認知機能障害を持たない高齢者よりも転倒する可能性が高いとされています。幸いにもAlexaには「Skills」と呼ばれるアプリストアがあり、ここからユーザーは「Ask my Buddy」などのスキルをダウンロードできます。Ask my Buddyを使うと、高齢者は家族や知り合いなどのグループに対し、転倒や緊急事態の場合に助けを求められます。高齢者はAlexaに呼びかけ、スキルの名前と連絡を取りたい相手の名前を言うだけです。

訪問介護で与えられる時間は限られている一方、Amazon Echoは一日のどんなタイミングでも助けを求めることができます。

やっぱりAmazon Echo Plusでは難しい?介護ヘルパーのサポートを受ける3つのメリット

ここまでAmazon Echo Plusが早期認知症高齢者の役に立つ部分をご紹介しましたが、同時にEchoにはできないこともまだまだ多くあります。

次に、早期認知症高齢者に対して人間の介護ヘルパーを利用するメリットを挙げます。

1. 不適切な服薬を防げる

ひとつめに、人間の介護ヘルパーであれば認知症高齢者の誤った服薬を未然に防ぐことができます。

Alexaはオフラインの状態でも、定期的かつ正確に服薬をリマインドできますが、依然としてシステム障害を起こす可能性は否定できません。

また高齢者の60%が不適切な服薬をしていると言われており、認知症の中期段階では特に読解力が低下してしまいます。 Amazon Echoとは異なり、人間の介護士は法的に監督責任があり、薬の服用や医師による診察を勧められます。また高齢者が間違った薬を服用しようとしていれば、それを阻止して正しい薬を教えることもできます。

2. 認知症高齢者の運動障害をサポートできる

ふたつめに、人間の介護ヘルパーは高齢者の日々の運動障害を直接サポートできます。

スマートホームは電化製品の使用においては自宅環境を安全に保てますが、そもそもの高齢者の運動障害から生じる困難については安全を確保できません。

アルツハイマー病の進行は、患者によって異なります。中期の認知症高齢者は、入浴や着替え、ブラッシング、トイレなどを含む衛生に関わる行動や、起床や食事などの際、それらを安全に行うために多くのサポートを必要とするでしょう。

訪問介護ヘルパーは症状を早期に発見し、いつどのタイミングで補助が必要かを判断できます。 一方でAmazon Echo Plusは、認知症高齢者がどのような活動をしているか、またその難易度を測定するモーションセンサーや機能を兼ね備えていません。Amazon Echo Plusだけでは、在宅ケアにおける安全上の懸念が拭いきれないのです。

3. 認知症高齢者がうまく言葉を話せなくてもサポートできる

3つ目に、認知症患者が言葉をうまく使えない場合でも、介護ヘルパーなら適切なサポートを提供できます。

先述したとおり、Alexaは転倒センサーやモーションセンサーを備えていません。「Ask my Buddy」スキルを起動するためには、起動時に必要な言葉の呼びかけがまず必要です。しかしトラブル時に、認知症高齢者が必ずしもAmazon Echoに話しかけられるとは限りません。

万一、認知症患者が転倒してしまうと、その後施設で暮らさなければならなくなるリスクは5倍に増加します。転倒によって重大な傷害を引き起こしたり、死に至る可能性も否定できません。さらには転倒によって、言語やコミュニケーション障害を引き起こすこともあり、運動神経路および感覚神経路が損傷を受けていなくても、運動ができなくなる状態になることさえあります。

その他ブローカ失語(最も一般的な外傷性脳損傷(TBI))をもつ人は、言葉を文章にして話すことが困難です。 Alexaは文章をベースとした人の音声指示を聞き取るため、高齢者がスキルを使用するために呼びかけても、Alexaはうまく理解できないかもしれません。また記憶障害により、Alexaに呼びかける言葉やスキル名を忘れてしまう可能性もあります。

訪問介護ヘルパーは一日に数時間しか自宅に滞在できないとしても、高齢者が転倒することを防ぎ、転倒した場合にはすぐ救急車を呼び、応急処置を与えることができるのです。

まとめ

Amazon Echo Plusの機能が、早期認知症高齢者の記憶障害に関わる問題をすべてカバーできたとしても、個人によって症状は異なる速度で進行するものです。一度進行してしまうと、訪問介護サービスで毎日の基本的な動作をサポートしていても、それを食い止めるのは難しいという現状があります。日々の変化を観察し、高齢者にサポートを提供するタイミングを見極めるには、訪問介護サービスがどうしても必要不可欠です。

また認知症高齢者は転倒の頻度も高く、最悪の場合死に至る危険性もあります。現在のAlexaのSkillsでは、介護ヘルパーに代わって、認知症高齢者の転倒後に助けを呼び、応急処置を施すことはできません。Amazon Echo Plusが24時間利用でき、早期認知症においては見込みがあるものの、現在の機能のままでは認知症高齢者を完全に支えることはできないでしょう。

私は、認知症患者のニーズを満たすことのできるAmazonによるソリューションは、間も無く完成するとポジティブに捉えています。なぜならAmazonは、新生児の母親や糖尿病の人々の健康を支えることを目的に、すでに健康・福祉専門のチームを編成しているという事実があるからです。これまで以上に、私たちは未解決の認知症患者ケアに焦点を合わせるべきであり、今後は技術の力でますますサポートがしやすくなっていくでしょう。

私の記事が、あなたがコミュニケーションデザインの素晴らしい世界を探検する、きっかけになったことを願います。

(原文:Kiril Karov 翻訳:Yumiko Okuda)

 

こちらもおすすめ!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ