手軽で便利!おすすめのクラウド型モバイルアプリテストサービス5選

みなさんはモバイルアプリを使っていますか? この質問に「いいえ」と答える人はほとんどいないでしょう。モバイルアプリはそれくらい普及していて、 私たちの生活に最も密接したテクノロジーであるといえます。そしてその裏には、数多くのモバイルアプリ開発者が存在し、それぞれがより良い、より楽しい、より便利なアプリを出そうと日々努力しています。

そして優れたアプリを作るには、正しくモバイルテストを行い、アプリがマーケットの基準を満たしていることを確認する必要があります。しかし、モバイルアプリのテストは簡単なことではありません。複数のOSやデバイスを使ったテストが必要になるだけでなく、他のアプリとの併用における互換性問題についても対処しなければなりません。

そんなモバイルアプリ開発者を支えるのが、モバイルアプリテストサービスです。本記事では、私たちが選んだおすすめのクラウド型モバイルアプリテストサービスを5つご紹介します。

モバイルアプリテストとは?

あるデバイス用にコードを書いたりソフトウェアを開発したりする際、パフォーマンス面だけでなくエラー面においてもコードをきちんと最適化する必要があります。そして、さまざまなオペレーティングシステムを搭載したあらゆるデバイスで意図したとおりの機能をするか確認する必要があります。それらが正しく最適化されているかを確認するのが、モバイルアプリテストです。

アプリのテスターは、機能性テスト/使いやすさテスト/OSバージョンテスト/パフォーマンステストやその他さまざまなテストを実施し、アプリが正常に機能することを確認します。

クラウド型モバイルアプリテストサービスとは?

クラウド型モバイルアプリテストサービスとは、テスターやデベロッパーが広範囲のツール・デバイス・コミュニケーションにアクセスできるサービスです。複数のOS・通信キャリア・デバイスを使ってアプリをテストできる環境にいなくとも、それらの異なるテスト環境にアクセスしテストが可能です。なおサービスを利用するには、アプリをアップロードする必要があります。

クラウド型モバイルアプリテストサービスを利用するメリットは?

クライド型モバイルアプリテストサービスの一番の利点として、テスターがアプリテストの際にセントラルハブへアクセスできることが挙げられます。また高価なハードウェアやツールも必要なく、手軽に利用できるのも大きな利点のひとつです。

その他の利点は以下のとおりです。

  • テスト環境が安全
  • 並行テストも可能
  • 場所を問わずどこからでもテスト可能
  • テスト結果の記録が可能
  • 使った分だけ料金を払うシステム

おすすめのクラウド型モバイルアプリテストサービス5

1. Firebase Test Lab

Firebase Test LabはFirebaseの開発プラットフォームと直接統合しているアプリテストサービスです。Firebaseユーザーは使わない手はありません。なお、以前はGoogle Cloud Test Labという名で提供されていました。

Firebase Test Labには必要な機能がすべて備わっています。Android/iOSをはじめとした広範囲にわたるデバイス環境においてテストできます。自動テストも可能です。

なお、現在Firebaseは3つのプランを用意しています。

  • フリープラン:無料
  • Flameプラン:月額25ドル
  • Blaazeプラン:従量課金

Firebase Test Lab

2. AWS Device Farm

AWS Device Farmは、AWS(Amazon Web Services)が提供するクラウド型アプリテストプラットフォームです。業界有数のクラウドコンピューティングプラットフォームであるAWSのサービスのため、使い勝手の良さは間違いありません。AWS Device Farmを使えば、制限を気にすることなくアプリを多数のデバイスでテストできます。

テストを行う中で、リアルタイムでログ・スクリーンショットを残したり、他のデータを確認しながら進めることが可能です。また、ハイブリッドアプリとネイティブアプリ両方のテストができる自動テストにも対応しています。

料金は従量課金で、最初の1,000分は無料です(その後は1デバイスにつき0.17ドル/分)。または月額250ドルで無制限にテスト可能です。プライベートデバイス用に月額200ドルというプランもあります。

AWS Device Farm

3. Kobiton

Kobitonには完璧なモバイルアプリを作るのに必要なツールが備わっており、最高のモバイル体験を作り上げる手助けをしてくれます。

CI/CD統合をサポートしてくれるだけではなく、テストプラットフォームが非常にわかりやすいのも大きな長所のひとつです。このサービスを使えば、350機種に及ぶデバイスでのテストがリアルタイムで可能となります。また、アプリのヘルスチェックとデバイスラボ管理サービスも提供しています。

Kobitonのトライアルは無料です。トライアル終了後は月額50ドル〜300ドル(または年額500ドル〜3,000ドル)のいずれかのプランを選ぶ必要があります。

Kobiton

4. Xamarin Test Cloud(現:APP Center)

Xamarin Test Cloudは2017年にMicrosoftが買収したアプリテストサービスで、現在はApp Centerの傘下にあります。App Centerはテスト目的でアプリをセットアップするのに適しているプラットフォームです。

異なるデバイスや構成における問題を検出するテストを自動化することも可能です。レポート機能も充実しており、アプリのどこに問題があってどのように解決すればいいのかも分かります。

利用料金も良心的で、デバイスごとに月額99ドルからとなっています。

Xamarin Test Cloud(現:APP Center)

5. Perfecto

Perfectoはモバイルアプリテスト向けの優れたサービスを提供しています。

多岐にわたるデバイステスト方法があり、デベロッパーは自動テスト/モバイルパフォーマンス/手動テストなどのさまざまなテストをリアルタイムで実施できます。また複数のデバイスや構成にアクセスすることができるほか、優良なデータセンターを通してサービスを提供している点も安心です。アクセス可能なデバイスの数は10,000以上に及びます。

料金体系には3つのプランがあり、基本プランは月額99ドル、上級プランは月額299ドルです。プランを決める前にサービスを試したい場合は、2時間の無料トライアルもあります。

Perfecto

まとめ

以上、クラウド型モバイルアプリテストサービスを5つご紹介しました。あなたのアプリ開発にぴったりなクラウド型テストサービスは見つかりましたか?

これらの優れたサービスを活用して、モバイルアプリのテストを効率化しましょう!

※ なお、本記事で掲載した料金プランは変動する可能性があります。最新の料金はWebサイトで確認してください。

(著者:Krishnakumar 翻訳:Yui Tamura)

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。

30,000人以上が使う日本最大級のお仕事マッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・複業・副業向けお仕事マッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 30,000人以上のフリーランス、パラレルワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち60%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

登録から案件獲得まで、利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

>フリーランス・複業・副業ワーカーの方はこちら

>法人の方はこちら

Workship CTA

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ