2008年、サトシナカモトという人物(あるいは団体)がビットコインを開発しました。それはP2Pで流通する通貨で、ブロックチェーンの考えに基づいています。

ビットコインの登場以降、状況は激しく変化してきました。多くの人が電子通貨の分け前を最大限獲得するために夢中になりました。それは開発者にとって良いニュースでした。なぜなら、そのインパクトの大きさと同じくらい、ブロックチェーンのエコシステムはまだまだ未成熟だったからです。チャンスは皆に開かれていて、coinlayerのようなAPIを用いて、誰でも他の人より一歩抜きん出ることができるのです。

ブロックチェーンが分散化されているのに対して、エコシステム自体はノードとコミュニティーを中心にまとまっています。2011年以降、数えきれないほどのツールやコミュニティ、APIが出現してきました。ブロックチェーンは我々の生活を変える素晴らしい考えだと感じていたので、私も多くのツールを触ってきましたし、多くのコミュニティでアクティブに活動してきました。

暗号通貨レートAPI:coinlayer

coinlayerは暗号通貨に関係するものの中でも特にお気に入りのツールです。このAPIを、有名なアンドロイドアプリも含めていくつかのプロジェクトで使ってみました。しかし私は、coinlayerと出会って暗号通貨に関する十分な知識を得る前に、所持していた全てのビットコインを売ってしまっていました。それはまだビットコインの価値が爆上げする前だったので、私は億り人になれませんでした……。

リアルタイム暗号通貨両替レート提供API、coinlayer

両替レートはトップ25の両替マーケットのデータに基づいて算出されているので、その正確性は保証されています。さらに、coinlayer APIはミリ秒でデータを伝える柔軟なクラウドインフラで支えられています。

サポートしているコインは385種類以上

coinlayerは385種類以上の暗号通貨レートを提供してくれます。coinlayerは主要な暗号通貨はもちろん、あまり知名度のないコインも幅広く扱っています(取り扱い通貨一覧はこちら)。Unobranium(UNO)Status Network Token(SNT)PO.et(POE)、また、PutinCoin(PUT)や、その宿敵であるPresident Trump(PRES)すらサポートしています。なんと寛容なのでしょうか。

coinlayerは385以上の暗号通貨をサポートしている

coinlayerAPIは何らかの価値を持つ通貨であればサポートしています。さらに、それらの有益な過去データも多く提供してくれます。

166ヶ国以上の通貨の両替レートをサポート

coinlayerAPIは、トータルで166ヶ国以上の通貨との両替レートをサポートしています。自分自身で時刻を調整しなければいけない他の似たようなAPIと違って、coinlayerはどのようなプロジェクトに対しても柔軟な使い方ができます。

166以上の世界の通貨をサポートしている

オフショアに興味のある人にお伝えしたいのは、このAPIがSeychellois Rupee(SCR)もサポートしているということです。冗談抜きに、coinlayer APIは全ての関連した金融マーケットをカバーしているのです。

さあ、coinlayerを使ってみよう!

私がこのAPIが好きなのは、何よりも扱いやすい点です。これは本当に重要な点で、 APIであることを忘れてしまいます。ドキュメントを読んだり、グーグルで答えを見つけるのに時間を割く必要のないタイプのAPIです。エラーでさえ、とても詳細に表示してくれるのでわかりやすいです。初心者は、このAPIの特徴が全て載ったQuickStartというツールを使えば、簡単に使い始められるでしょう。

coinlayerは簡単に使い始めることができる

サインアップしたら、永続的な無料のAPIキーを取得します。これだけで、目的を検証するには十分すぎますし、基本的な使い方をするだけならば十分でしょう。

ログインした後、APIをテストできるボックスを受け取ります。簡単なクエリを実行して、全ての取得可能な暗号通貨のデータをJSONフォーマットで受け取れます。またエンドポイントを通すことで、その返却値は拡張されます。必須のクエリパラメータはオレンジ色で、任意のパラメータは青色で表示されます。

基本的な構成は、基本URL(http://api.coinlayer.com/)、エンドポイント(live, list, convertなど)、 APIアクセスキー、そして各エンドポイントごとのパラメーターと任意のパラメータです。レスポンスは、クエリの成功ステータス、規約とプライバシーポリシーページへのリンク、エンドポイントごとの属性、対象の通貨、エンドポイントごとのデータセットを返します。coinlayerはJSONコールバックに対応しているので、結果は任意のGETパラメータのコールバックを通じて、ファンクション内に囲えます。

coinlayerAPIのエンドポイント

coinlayer APIには6つの異なるエンドポイントがあります。Live Data、Historical Data、Conversion、Time-Frame Data、Change Data、Listの6つです。

Live Data エンドポイント

http://api.coinlayer.com/live
    ? access_key = ACCESS_KEY

メインのエンドポイントはLive Dataです。このエンドポイントは、最新の両替レートを返します。

デフォルトでは、すべての暗号通貨レートを返しますが、パラメータを設定することで、特定のレートや詳細を返せます。例えば、targetパラメータを設定することで、特定の通貨が返ってきますし、symbolパラメータを設定することで暗号通貨のシンボルを返せます。レスポンスは以下のデータを含みます。

・timestamp – データが収集された時のUTC タイムスタンプ

・target – 対象の通貨

・rates – リクエストしたデータを含むJSON配列

拡張オプション

ここまでは基本的な内容です。もし、拡張オプションを追加したら、APIはさらに追加の情報を返します。

Live Dataエンドポイントでパラメータを設定し拡張した時の結果

例えば、ターゲットをBitcoinにして、拡張パラメータを用いたら、APIは以下の追加のフィールドを返します。

  • rates > rate – 直近のBitcoinの両替レート
  • rates > high –  記録された両替レートの中で最も高かった中央値
  • rates > low – リクエストされた日に記録された両替レートの中で最も低かった中央値
  • rate > vol – リクエストされた日に取引されたビットコインの総量
  • rates > cap – 直近のBitcoinの時価総額
  • rates > sup – 直近のBitcoinの入手しやすさ

Historical Rates エンドポイント

http://api.coinlayer.com/YYYY-MM-DD
    ? access_key = ACCESS_KEY

私が使ってきた中で最も価値があると思ったエンドポイントは、このHistorical Rates エンドポイントでした。このAPIで取得できるデータは素晴らしいものです。特に機械学習分野にとっては非常に有益でしょう。

このエンドポイントは、すべての通貨の過去データを返します。APIの基本URLの後ろに日付のフォーマットを追加することで、その日付のデータを呼べます。

Historical Rates エンドポイントで返される結果

クエリーは以下の結果を返します。

  • timestamp – 暗号データが収集されたUTCタイムスタンプ
  • target – 対象の通貨
  • histroical – 過去のデータが入手可能であればtrue
  • date – 過去のレートがリクエストされた日の日付を返す
  • rates – リクエストされたデータを含むJSON配列を返す

Conversion エンドポイント

http://api.coinlayer.com/convert
    ? access_key = ACCESS_KEY
    & from = BTC
    & to = ETH
    & amount = 10

暗号通貨を標準の通貨に変換したり、その逆で標準の通貨を暗号通貨に変換するのは、Conversion エンドポイントに3つのパラメータをつけて送ることで可能となります。

  • from – 変換前の特定の通貨コード
  • to – 変換後の特定の通貨コード
  • amount – 変換する量

conversionエンドポイントで返される結果

APIレスポンスは変換処理の詳細情報を返します。

  • query > from – 元の通貨コード
  • query > to – 変換後の通貨コード
  • query > amount – 変換された量
  • info > timestamp – その両替レートに対するUTC タイムスタンプ
  • info > rate – 両替レート
  • result – 変換の結果

Change データ

http://api.coinlayer.com/change
    ? access_key = ACCESS_KEY
    & start_date = 2018-04-01
    & end_date = 2018-04-30
    & symbols = BTC,ETH,XRP

Changeエンドポイントは、暗号通貨の分析に興味がある人にはとても重要なツールになります。基本URLに start_dateend_date を追加すると、その期間における特定の通貨の変動が返ってきます。

conversionエンドポイントで返される結果

このAPIは以下のデータセットを返します

  • rates > start_date – 開始日時点での暗号通貨の両替レート
  • rates > end_date – 終了日時点での暗号通貨の両替レート
  • rates > change – 開始時のレートと終了時のレートの差
  • rates > change_pct – その期間内での変化をパーセンテージで表示

Time-Frame エンドポイント

http://api.coinlayer.com/timeframe
    ? access_key = ACCESS_KEY
    & start_date = 2018-04-01
    & end_date = 2018-04-30
    & symbols = BTC,ETH

TimeframeエンドポイントはChangeエンドポイントと似ており、特定の2つの日付間におけるデータを時系列で返します。

Timeframeエンドポイントで返す結果

start_dateとend_dateを基本URLに追加するだけで、連続のデータを返します。

  • timeframe – timeframeAPIへのリクエスト時は常にtrue
  • start_date – リクエストされたstart dateを返す
  • end_date – リクエストされたend dateを返す
  • target – デフォルト、もしくは指定された特定の通貨
  • rates > YYYY-MM-DD – リクエストされた各日の暗号通貨のデータを含むJSONオブジェクト

List エンドポイント

http://api.coinlayer.com/list
    ? access_key = _ACCESS_KEY

Listエンドポイントはサポートしている全ての暗号通貨と標準通貨のリストを返します。

Listエンドポイントで返す結果

データセットは以下の通りです。

  • symbol – 暗号通貨のトークン
  • name – 暗号通貨の省略名
  • name_full – 暗号通貨の長い名前とそのトークン
  • max_supply – 直近の最大供給量
  • icon_url – それぞれの暗号通貨のPNGアイコンへのURL

coinlayerはどういう場面で使うべき?

coinlayerは暗号通貨に関係することを何か始めるには最良のツールです。例えば、暗号通貨の両替機能を、金融サービスや、デジタル暗号取引ビジネスのWebサイトやモバイルアプリに追加できます。リアルタイムで、暗号通貨の信頼に足る両替データを取得するには最良の選択です。基本的に、プロジェクトに暗号通貨レートを入れたいのであれば、まずはcoinlayer APIを検討するべきでしょう。

coinlayerはまた、Microsoft Bot Frameworkのような多様なチャットボットのフレームワークにも利用可能です。そうすることで、チャットボットにインタラクティビティを追加したり、競合よりも抜きん出たサービスを作ることができます。もちろん、チャットボットはまだまだ一般的ではありませんが、AIがより洗練されるにつれて、特に価格変動の激しい金融において重要な要素となるでしょう。

しかし、coinlayerはアプリやサービスに用いるだけのAPIにとどまりません。機械学習やチャートのライブラリと合わせることで、ブロックチェーンの最新状況に関する、リアルタイムの有益な情報を提供する分析アプリなどを作ることができるでしょう。また、過去の暗号通貨のデータを提供する機能をもちいることで、ブロックチェーンの将来に対する予測モデルを構築することもできるでしょう。

coinlayerの利用料

上述したように、coinlayerは無料で利用できるバージョンも提供しています。無料バージョンでは、月に500リクエストの制限と、両替対象通貨がUSドルだけという制限があります。暗号通貨は全ての通貨をサポートしており、Historic エンドポイントも使えるので、私的に利用するのであれば全く問題ないでしょう。

しかし、月にたった9.99ドル払うことで、リクエストは月に5000まで送れるようになり、上で述べた全てのデータを利用できるようになります。月にもっと多いリクエストを送りたい場合や、追加のエンドポイントを使用したい場合、通貨のレートの更新をより早くしたい場合は、ProfessionalプランかProfessional Plusプランがよいでしょう。

coinlayerAPIの料金表

選択するプランにかかわらず、coinlayerは素晴らしいサポートと、20ミリセカンド以下の早いレスポンス、そして広範囲に渡るインタラクティブなAPIドキュメントを保証しています。だからこそ、競合も多くを学ぼうとしているAPIなのです。

ブロックチェーンの将来

ブロックチェーンは市場に定着しています。世界中の主要なプレーヤーがブロックチェーンの考えをオペレーションに採用し始めています。熱心な人は、暗号通貨をマイニングしたり、取引したりしています。研究者や発明家などはデータとハッシュを用いて”モンスター”を育てています。ブロックチェーン競争では、すべての人が同じ位置からスタートできるのです。

coinlayerを用いれば、そのレースの先頭を走れるでしょう。

(原文:Doru Ciobanu    翻訳: Yui Shimizu)

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ