あたたかい手書き風のフォントはいかが? →例文が辛辣すぎると話題に

無料のメールマガジンに登録

毎週月曜日に、フリーランス向けニュースまとめをお届けします。 プライバシーポリシーはこちら

DESIGNER

「新しいフォントを買った」というツイートがTwitterで大きな話題になっています。

花とちょうちょ 例文1

▲フォントの名前は「花とちょうちょ」

ツイートを投稿したのはデザイナーのsabakichi|Domain ✍︎(@knshtyk)さん。一見なんてことのない例文に見えますが、ツイートの2枚目にはあまりにもつらいメッセージが。

花とちょうちょ 例文2

▲これはつらい……!

このメッセージにTwitterでは「周りに言われてるので辛い」「めちゃめちゃ暖かくて可愛いのにキツい」といった声が寄せられています。

また、「この例文、胸が締め付けられやしませんか」というリプライにsabakichiさんは……。

さばきちさんのお返事

▲お、おう……

「本当のことなので仕方がないですね」と返しています。

このフォントは鈴木メモさんが制作し、DesignPocketにて販売している「花とちょうちょ」。ペンで右上がりに書いた文字がベースのリアル系手書きフォントで、商用利用も可能です。

花とちょうちょ

▲花とちょうちょ(出典:DesignPocket

Workship MAGAZINE編集部の少年Bが、フォントを購入したsabakichiさんにお話をうかがいました。

そのまま打ち込むだけでサマになる!インディー系手書きフォント「花とちょうちょ」

少年B:
この「花とちょうちょ」のことは、一体どこで知ったのでしょうか。

sabakichi|Domain ✍︎さん(以下、sabakichi):
もともと鈴木メモさんの『パンダベーカリー』という書体が好きで、以前から使っていました。作者さんのブログをチェックしていて、こちらの書体を制作していることを知りました。

書体の制作過程やデザインの意図なども公開されておられるので、読み物としてもおもしろく、非常におすすめです。

花とちょうちょに関しては、書体の販売先であるDesignPocketさんのメールマガジン経由でリリースや販売開始を知りました。

さばきちさんからのお返事

▲「花とちょうちょ」のことは以前から気になっていたという

少年B:
ずっと気になっていたということですが、このフォントを知ったのはいつごろなんですか?

sabakichi:
リリースされたばかりの時期にTwitterかどこかで流れてきたのを見た記憶があります。

その後DTP Transitさんの記事などで紹介されたり、「やたらリアルな手書き書体があるな〜」くらいに思っていました。

少年B:
そこから、思い切って購入に至った心境も気になります。なぜ購入されたんですか?

sabakichi:
商用利用可能な品質のフォントとしては比較的安価ではあるのですが、基本的にこの手の特殊な書体は仕事ではなかなか使う機会に恵まれないため、仕事の道具として購入するまでには至らないことが多いです。

ただ近年手書きの書体をスキャンした題字などが流行していることもあり、品質の高い手描き書体を所有しておきたいなと思って「花とちょうちょ」を入手することにしました。手書きを配置する予定の部分に差し込むなど、ラフデザインなどでも重宝しています。

少年B:
なるほど……。では、購入した「花とちょうちょ」の魅力を教えてください。

sabakichi:
なにより「手書き文字としてリアリティがある」ところだと思います。

「花とちょうちょ」はただ打ち込んだだけでも、きちんと字間や文字サイズのプロポーションのバランスが取れていて、「手で書いたように見える」本文用としてしっかりと機能するんです。

手書き風書体は多くのフォントベンダーさんがリリースしていますが、「本当に手書きに見える」というよりは手で書いたニュアンスを文字単位で表現したものが多く、実際に手書きに見えるように使用するためにはいくつかの工夫が必要になってきます。

文字単位で整えすぎず、全体として個性がでるように、かつフォントとして汎用性高く仕上げる、という高度なトライは、インディー市場で活躍されておられる書体制作者さんならではの魅力だと思います。

これをメモ用紙に印刷してすこし紙をくしゃっとしたら、おそらく本当に書いたものと見分けがつかなくなるかもしれない……と考えると、この書体のユニークさとおもしろさがよくわかります。

それにしてもこの作者さんは字が上手です。見習いたいです。

花とちょうちょ 例文3

▲あたたかみのある、きれいな文字が特徴(出典:DesignPocket

伊藤(み)さんは何者?

少年B:
最後に、ツイートでは胸が締め付けられる例文を載せていましたが、伊藤(み)さんはどのような後輩なのでしょうか? もし設定があったら教えてください。

sabakichi:
語るより想像する方が楽しいと思いますので、読んだ方が想い描く後輩の伊藤さんを、脳内で存在させて楽しんでいただければと思います。

手紙を読む限り、「伊藤さん」という名字の方は社内に二人以上いて、とても真面目そうな美しい字を書く方のようです。

受け取った側としてはとても厳しい内容ではありますが、問題になりそうだったり、悪い部分をこうしてきちんと指摘してくれるというのは、ありがたいことだと思います。女性スタッフを代表して伝える役目を任される、もしくは伝えようとしてくれるというのは、それなりに人望のある方なのかもしれません。こんな後輩がいてくれるといいなと思います。

花とちょうちょ 例文4

▲横書きだけでなく、縦書きにも対応(出典:DesignPocket

鈴木メモが販売する「花とちょうちょ」は13,200円(税込)。商用利用可能なフォントとしては比較的安価なので、手書き風のチラシなどを作るデザイナーはぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

>>花とちょうちょの購入はこちらから

(執筆:少年B 編集:じきるう 取材協力:sabakichi|Domain ✍︎さん

34,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 34,000人以上のフリーランス、パラレルワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち60%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。また、本メディア内に掲載されているリンクには、アフィリエイトURLが含まれる可能性があります。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ