フリーランスのデザイナーに転身したら年収が倍に!

インターネット上で見かけるこんな言葉に、「本当にそんなに稼げるの?」と疑問に思いますよね。フリーランスは案件次第で年収アップできても、税金の支払いがサラリーマンより大きかったり、安定性に欠けたりという話も耳にします。
実際のところ、フリーランスのデザイナーはいくら稼げるのか? 会社員デザイナーと比較してどちらがよい選択なのか? 独立の道が気になる方に、デザイナーの年収と活躍するポイントをご紹介します。

フリーランスデザイナーの年収は平均で385万円?

フリーランス_デザイナー_年収_平均

フリーランスのデザイナーはいったいいくら稼げるのか。会社勤めのデザイナーの平均年収や案件単価から、フリーランスデザイナーの年収を見てみましょう。

デザイナー全体の平均年収は439.7万円、案件単価は平均40万円

厚生労働省が毎年発表している「賃金構造基本統計調査」によれば、デザイナー全体の平均年収は439.7万円です。対してWebデザイナー白書2014-15では、フリーランスで活動するWebデザイナーの年収は平均385.3万円となっています。

  • 会社員のデザイナー全体の平均年収 439.7万円
  • フリーランスWebデザイナーの平均年収(2014年~2015年) 385.3万円

厚生労働省の調査データには、Webデザイナーだけではなく、ファッションデザイナーやインテリアデザイナーなど、広範囲のデザイン職が含まれています。加えて、Webデザイナー白書では2019年の最新平均年収は記載されていません。そのため、会社員とフリーランスの平均年収の差は、もう少し縮まっている可能性があります。

フリーランスの案件単価は、経験年数やスキルに左右されます。週5日常駐のWebデザイン案件で、未経験や浅い経験年数であれば案件は20万円前後。高いスキルや実績が求められる案件は80万円~100万円と、大きな開きがあります。

  • 週5日常駐の案件単価で経験年数1年なら……20万円
  • 高いスキルや実績が求められる案件なら……80万円~100万円も

クラウドソーシングサイトを運営するランサーズが行ったフリーランス実態調査によると、独立しているフリーランスで400万円以上の年収割合は42%です。平均年収からそれ以下がフリーランスのボリュームゾーンになるものの、1000万円以上の年収割合は会社員1.5%に対してフリーランス2.9%といったデータもあります。

  • 年収1000万円以上の会社員デザイナー……1.5%
  • 年収1000万円以上のフリーランスデザイナー……2.9%

実力と経験次第で将来性を見込めるのがフリーランスのデザイナーです。

一番高収入なのはUXデザイナーで平均年収601万円

デザイナーを職種別に見た場合、2019年時点で高額な平均年収であるのが「UXデザイナー」です。
求人サイトに掲載された情報から算出された平均年収では、正社員の平均年収が601万円。上述したデザイナーの平均年収439.7万円と比較すると、高い数字であることがわかります。

その他、マイナビ転職が公開している職業別モデル年収平均ランキングでは、デザイナーに関連するその他職種の平均年収を見ることができます。

【デザイナー関連職の平均年収例】

  • ゲーム/アミューズメント系のグラフィックデザイナー:531万円
  • Webデザイナー:482万円
  • グラフィックデザイナー、CGデザイナー、イラストレーター:476万円
  • グラフィックデザイナー、CGデザイナー:453万円

▲参考:マイナビ転職「職業別モデル年収平均ランキング

同じ「デザイナー職」といっても、スキルと方向性で平均年収が変わります。フリーランスのデザイナーを目指す方は、検討する際の参考にしてください。

フリーランスデザイナーが安定して収入を稼ぐためには

スキルや実績で勝負するフリーランスの世界。独立してすぐに安定した稼ぎを得るのは簡単ではありません。経験を積むことはもちろん、経験を得るために案件獲得の窓口を設けることが大切です。自ら営業で売り込む以外に、案件を呼び込む方法をご紹介します。

できる範囲で案件獲得の窓口を広げよう

フリーランスのデザイナーに限らず、独立して活動する個人事業主が案件を獲得するには、営業活動が必須です。案件の開拓のみならず、プロジェクトの詳細な確認やスケジュール設定、価格交渉から納期の管理まで、すべてひとりで担当することになります

デザイナーとして会社員経験が長い方でも、営業から複数のプロジェクト管理、経理業務などすべてをこなすのは至難の業。フリーランスになりたてで、張り切って営業した結果、クライアントから無理難題をつきつけられるブラック案件だったり、仕事を引き受けすぎて連日徹夜になってしまったり、という話も耳にします。

まずは、自分のスキルと容量を把握しながら、できる範囲で案件を獲得するための窓口を準備することをおすすめします。

好条件の案件を獲得するには、マッチングサービスが一番確実

フリーランスのデザイナーが案件を獲得するには、いくつかの方法があります。

  1. 知人/客先からの紹介
  2. 売り込み営業をする
  3. マッチングサービスを利用する

すでにデザイナーとしての実績と経験がある方は、営業活動を行わずとも、マッチする案件を獲得できます。しかし、経験が浅くフリーランスになった方には難易度が高い行為であり、かつ経験がある方でも、いつまでも安定した仕事依頼が続くとは限りません。

売り込み営業は、案件の可能性を広げる行為です。しかしながら、クライアントの詳細がわからず営業してしまったり、蓋を空けてみたら低単価のプロジェクトに当たってしまったり。案件獲得に結び付かなければ営業活動だけで一日が終わってしまうなど、労力に見合わないマイナス面もあります。

ある程度実績を持っているフリーランスであれば、有利に利用できるのが3のマッチングサービスです。経歴やスキルを登録し、面談を済ませれば、豊富な案件からすぐに開始できる仕事を見つけられます。高単価の案件もそろっており、経験を積みながら年収をアップさせたいフリーランスにはぴったりの案件獲得窓口です。

Workshipならフリーランスデザイナーが活躍できる

Workshipは、フリーランスのためのスキルシェアプラットフォームです。

マッチングサービス『Workship』のTOPページ

フルタイムの案件だけでなく、多彩な条件の案件がそろっています。

【Workshipで見つかる仕事】

  • 長期プロジェクト
  • 週5日常駐の案件
  • 週1日や土日のみ活動の複業向け案件

フリーランスのマッチングサイトのなかでも、デジタル業界に特化しているのも強みです。

マッチングサービス『Workship』のデザイナーのフリーランス案件ページ

  • UIデザイナー
  • UXデザイナー
  • Webデザイナー
  • アプリデザイナー
  • LP作成

といった、クリエイティブな仕事がそろっています。

マッチングサービス『Workship』の3つの特徴

登録は4ステップで簡単、1分で完結。マッチング成立後は、オンラインチャットでクライアントとプロジェクトの納期や価格を確認でき、仕事の透明性も高まります。

また、「Workshipスコア」という形で、サイト内での活動実績/プロフィールの充実度によって信用スコアが貯まります。

マッチングサービス『Workship』の使い方

クラスアップするほど法人側の検索に上位表示される仕組みで、より案件獲得の確率が高まります。完全無料で利用でき、スキルを公開することでやりたい案件の獲得につながります。フリーランスデザイナーにとって、強い味方になるマッチングサイトです。

Workshipを使ってみませんか?

Workshipを使ってみませんか?

詳細

フリーランス利用料無料(お仕事成約でお祝い金1万円)
登録者数17,000人
マッチング最短即日

その他、フリーランスデザイナーにおすすめのマッチングサービス

クラウドテック

リモート案件や週3日の案件など、フリーランスの多様な働き方に合わせたプロジェクトを紹介するマッチングサイト。クラウドソーシングサイトの『クラウドワークス』が母体のため、豊富な案件数が特徴。専任のキャリアアドバイザーによるサポートもあるのがうれしいポイントです。

レバテック クリエイター

Web/ゲーム業界に特化したクリエイター専門のマッチングサイト。デザイナーの関連職種も、Webデザイン、UI/UXデザイナーから、3DデザイナーやDTPデザイナーなど多彩です。業界動向を熟知したカウンセラーのアドバイスも受けられます。

フリーランスデザイナーが年収を上げる方法とは?

フリーランス_デザイナー_年収上げる方法

フリーランスで活躍し続けるには、競争に勝たないといけません。厳しい環境で年収を上げていくには、「スキルの掛け合わせ」を自覚する必要があります。

スキルアップ。デザイナー×◯◯の掛け合わせ

未経験からデザイナーになるのであれば、まずは基礎スキルの習得が必須です。IllustratorやPhotoshopを学習し、目指したい業務に求められるソフトウェアを学びましょう。

ある程度スキルや経験を学んだフリーランスがステップアップするには、意識的に「デザイン以外の」スキルを磨く必要があります。なぜならば、現代では競争相手は「人」だけではないからです。「技術革新」が人のスキルを超えてしまうケースもあります。コーディングスキルがなくてもWebサイトを作成できる『STUDIO』などのツールもそのひとつ。単純に「Webデザインができます」というだけでは、仕事がどんどんなくなる未来がやってくるかもしれません。

デザイナーが掛け合わせられるスキルとしては、以下のものがあります。

  • マーケティングの知識
  • 飲食業やインテリアなど、特定の業界に精通した知識/経験
  • SEO対策の知識
  • 複数のプロジェクトをディレクションする力

デザイン以外のスキルを掛け合わせられるデザイナーは、差別化を図れます。「Webデザイナー」だけだと同じに見えても、「SEOに強いWebデザイナー」「マーケティングが売りのWebデザイナー」となれば、他者より一歩先んじることができます。

デザインは単純な「きれい」や「かわいい」といった消費者の印象を左右するだけでなく、企業の経営課題や人々の日常生活における困りごとを解決するために役立つもの。このプロジェクトは何のために行われるのかといった課題解決目線で活動できるデザイナーは、下請だけではなく、上流工程に関わっていきます。

ポートフォリオを充実させて単価を上げる

もうひとつ重要なツールが、ポートフォリオです。初めて出会った人が、あなた自身の実績やスキルを確認するには、何かしらの「過去作品」が必要です。

WebサイトやSNSのアカウントにたどり着いて、過去の投稿をさかのぼりながら作品をチェックする……なんてことは、忙しい現代で発注者がもっとも嫌う作業。せっかくの案件獲得のチャンスを逃さないように、ポートフォリオは適宜更新して、あなたの「顔」を作っておきましょう。

やみくもに過去作品を並べるのではなく、魅せ方も重要です。あなた自身の強みは何か。そこを打ち出すことで、あなたが「やりたい」と考えている仕事に近づくことができます。

「たくさん仕事して作業時間を増やす」のは長期的に見たらNG

経験を増やすには、たくさん仕事をすればいいと考える人もいます。確かに、未経験やフリーランスになりたての人にとって、「実績」はとても重要です。作品がひとつポートフォリオにあるだけで立派な営業ツールになり、売り込むことができます。
しかしながら、やみくもに仕事を引き受け長時間労働をこなすのはおすすめとはいえません。

第一に、仕事のクオリティが低下します。一定期間にたくさんの仕事を受けると、ひとつの案件にかけられる時間が減ります。そうなると、70点程度の満足度で提出せざるを得ない状況になるかもしれません。フリーランスは、一つひとつの実績とクライアントとの信頼が要です。提出した制作物でクライアントの期待を超えられない場合、次の仕事につながることはけしてありません。

長時間労働のNGポイント1:仕事のクオリティが低下する

さらに、物理的な容量を超えてしまう恐れもあります。アシスタントなどがいない限り、フリーランスは多くの場合ひとりで活動しています。大量の案件をこなし、スケジュール管理をし、納品した制作物の請求書をつくり、あらたな営業活動も行う。このような雑務にも時間をとられ、長時間労働で限界を超えてしまい、本来の仕事のクオリティが低下してしまっては本末転倒です。

長時間労働のNGポイント2:納期に間に合わず信頼を損ねる恐れがある

多くの作業を抱えながらのオーバーワークが続き、もし、ひとつでも納期に間に合わない案件が発生したら、あなたのフリーランスとしての信用に傷がつきます。

長時間労働のNGポイント3:健康を損ね、活動を継続できなくなる

長時間労働は健康を損ねます。短期的には実績を積み重ねられる方法でも、長い目で考えたら得策とはいえません。なぜ、フリーランスを目指そうと思ったのか。理想の仕事と生活のバランスは何か。初心を忘れず、なりたい自分に近づくために、何を積み重ねるべきかを冷静に判断しましょう。

稼げるフリーランスデザイナーの特徴3つ

では、稼いでいるフリーランスデザイナーはどんな点を意識して活動しているのでしょうか。ポイントは「広げる」「出す」「選ぶ」の3つです。

人脈を広げて仕事のつながりを増やす

マッチングサイトもポートフォリオも、案件獲得の窓口になってくれます。けれどもリアルでのつながりは、ときに想像以上の結びつきを生みだしてくれます。

そんなとき、むやみに人脈だけ広げようとするのはおすすめできません。あなたが何者なのか、相手に伝わらない人脈では、仕事の受注に結びつく確率は低いからです。

人脈を広げるのであれば、いまある仕事でのつながりをまず大切にしましょう。一つひとつの仕事を丁寧に行うことが、新たなつながりを呼び込んでくれます。

ブログやSNSで自分を出して発信する

もうひとつ、人とのつながりをつくるうえで重要なツールとなるのがブログやSNSです。リモートワークや在宅で仕事をする時間が多いフリーランスデザイナーは、外に発信することで、誰かとつながり、仕事を獲得するチャンスを呼び込みます。

もちろん、SNSなどでの情報発信は中身が伴ってこそ。デザイナーとしてのスキル/実績を積み重ね、「何者か」を伝えることで、誰かの目に触れたときに仕事につながる可能性が高まります。

案件の獲得を目指すなら、ブログやSNSで発信する内容はデザイン業務に関連したものを中心にしましょう。それ以外に、孤独になりがちなフリーランス生活で人との交流を目的とする場合は、趣味や話題が合う人々とつながる楽しみ方があります。

自分の商品価値や売上を意識して仕事を選ぶ

そして、フリーランスデザイナーとしてのステップアップや、活躍し続けるために大切な考え方が「仕事を選ぶ」ことです。「選ぶ」というと、上からの考えと捉えられるかもしれませんが、それは自らのキャリアと真剣に向き合うことを意味します。

フリーランスである程度の実績を積むと、市場にはたくさんの仕事があると気づきます。ある仕事は高単価、ある仕事はチャレンジング。何を選びとるかによって、その先のフリーランスのキャリアが作られます。

同じような内容・単価の仕事を続けていては、フリーランスの成長が止まってしまいます。どんなデザイナーになりたいのか? 将来像を定期的に見直し、キャリアプランに沿った選択を続けましょう。

Workshipを使ってみませんか?

Workshipを使ってみませんか?

詳細

フリーランス利用料無料(お仕事成約でお祝い金1万円)
登録者数17,000人
マッチング最短即日

年収480万円とした場合、会社員とフリーランスどちらが儲かるのか

フリーランス_デザイナー_年収_会社員比較

フリーランスのデザイナーで稼げるかは実力次第。では同じ額面だった場合、フリーランスと会社員のどちらが最終的に「お得」なのでしょうか。平均よりちょっと上の実績を積んだ年収480万円(税引き前)のデザイナーを基準に、手取りを計算してみましょう。

会社員デザイナーの収入内訳

年収480万円の会社員デザイナーの場合、給与から天引きされる基本項目は、健康保険、厚生年金、雇用保険、所得税、住民税です。会社によっては、労働組合費や退職金の積み立て金が天引きされるところもありますが、今回は省略します。

税金を年収から差し引くと、年収480万円の会社員の手取りは約350万円でした。

項目 金額
年収 4,800,000円
健康保険 243,540円
厚生年金(国民年金+厚生年金) 647,100円
雇用保険 14,400円
所得税 167,900円
住民税 208,800円
手取り合計 3,518,260円

※扶養家族なし、30代、東京都在住の設定です。
▲参考:日本年金機構 国民年金保険料、および保険料額表
▲参考:三井住友銀行 年金試算シミュレーション
▲参考:全国健康保険協会 平成31年3月分(4月納付分)からの健康保険・厚生年金保険の保険料額表(東京都)
▲参考:東京都練馬区 国民健康保険料試算シート(平成31年度版)
▲参考:特別区民税・都民税(住民税)税額シミュレーション

フリーランスデザイナーの収入内訳

ここでは、フリーランスの年収(年商)を480万円、通信費や事業に利用した必要経費を50万円とし、さらに各種税金等を差し引きます。
フリーランスの場合、厚生年金は国民年金となり、雇用保険は加入不可のため、支払い金額が減ります。代わりに、会社員時代は会社が半分肩代わりしていた健康保険料が値上がりします。

年収480万円のフリーランスの場合、手取り合計は約300万円でした。

項目 金額
年収 4,800,000円
経費 500,000円
健康保険 476,400円
厚生年金(国民年金) 196,920円
雇用保険
所得税 364,000円
住民税 192,000円
個人事業税 70,000円
手取り合計 3,000,680円

▲参考:個人事業主のかんたん税金計算シミュレーション

比較すると、収入面では会社員の方がお得

同じ額面で単純計算すると、会社員のほうが50万円ほどお得という計算結果になりました。これは、フリーランスは事業にかかる経費を自らが負担することと関連しています。

オフィスに出勤していれば、ネットの通信費用や光熱費は発生しません。しかし自宅で作業するフリーランスはすべて自己負担となります。コワーキングスペースを利用する金額なども同様です。

その他、取材や顧客訪問への交通費もフリーランスは自己負担です。そのため、事業にかかる経費を意識した上で、案件の価格を見極めることが大切です。

ただし、仕事に関連する書籍購入やセミナー参加費用などを、スキルやキャリアを伸ばす投資として経費に計上し、最終的に所得税を抑えることができるといったメリットもあります。

上記の所得税の申告/納税は、フリーランス個人が行うため、営業だけでなく税金の基本知識を押さえておくことは重要です。

収入面以外にもフリーランスデザイナーになるメリットは生活とのバランス

経費が発生する分、フリーランスは会社員よりも多く稼がなければいけません。ただし、金銭面での厳しさを知ってもなお、フリーランスの道を選ぶ人がいます。そこには、生活と仕事のバランスを選べるというメリットや、より魅力的な仕事に挑戦したいというチャレンジ精神があります。

メリット1. 生活にあわせて仕事を選べる

フリーランスで活動するメリットのひとつが、生活に合わせて仕事を調整できるという点です。
子どもが小さく、育児に手のかかる時期であれば、仕事を減らす選択ができます。デザイナーのように、スキルを求められる職種は常に知識のアップデートが必要です。育休で数年間キャリアを中断することに不安を覚える人もいます。

そんなとき、週1日や単発でも仕事ができるフリーランスの働き方は、ひとつの選択肢になります。フリーランスのデザイナーで生涯食べていく! と道をひとつに決めなくても、「いまこの時期の最適な選択」として選ぶことができます。

メリット2. 本業では経験できない仕事に挑戦できる

フリーランスで活動するメリットには、仕事を選べるという点もあります。

本業でWebデザインを担当していて、もっとコーディングやUI/UXデザインの知識を身に着けたいと思っても、会社の業務や組織体制の関係で、願いが叶わないケースもあります。

フリーランスであれば、実績とスキルのアピールでやりたい案件を獲得することができます。もちろん、それに見合った実力は必須です。

メリット3. 人間関係の煩わしさから距離をおける

フリーランスのデザイナーは、業務内容次第では完全にひとりで作業できます。自宅から一歩も出ず、籠って仕事をするなんて生活スタイルも可能です。ひとりの時間を愛し、満員電車に乗らずに暮らしたいと願う人には理想の働き方です。

上司の愚痴を聞いたり、先輩同士のイザコザに巻き込まれるといった人間関係の煩わしさから距離をおけるのが、ひとりで活動するフリーランスのメリットです。

ただし、孤独で寂しくなるケースもあります。そんなときは、コワーキングスペースに出かけたり、フリーランス同士のつながりを持ってみるとよいでしょう。

まとめ

  • フリーランスの道には、スキルや経験次第で収入アップできる将来がある
  • 同じ年収でも、理想の生活に合わせて仕事を選択できるメリットがある
  • フリーランスとして活躍を続けるならマッチングサイトを活用し、SNSで発信を継続しながら実績を積むことが重要

執筆:サトウカエデ
編集:Workship MAGAZINE編集部
アイキャッチデザイン:T

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ