IoTプラットフォームの3種類を比較!データ管理を効率化するのにぴったりな選び方をご紹介

IoTのコンピューティング技法は日々進化を遂げています。技術が進化し取り扱うデータが多くなるにつれ生産性の向上に目が向けられます。それをサポートするのが、クラウド等を活用したIoTプラットフォーム。

今回は、IoTプラットフォームの種類を紹介するほか、自社のビジネスに活かすためのヒントをご紹介します。

1.  IoTクラウドプラットフォーム

クラウドコンピューティングは、コンピュータネットワークを経由し、コンピューター資源をサービスの形で提供する利用形態のこと。クラウドとも呼ばれています。

データは、データレイクというビッグデータ処理のアーキテクチャーに保管されます。いつでもどこでもデータにアクセスできることから、多くのIoT事業者に採用されています。

クラウドコンピューティングのIoTプラットフォーム例

  • AWS Lambda
    AWS Lambdaとは、Amazon社のAWS(Amazon Web Services)の、サーバーなしにアプリケーションコードをクラウド化し、イベント駆動でコードを実行できるサービスです。サーバレスアーキテクチャの中心になります。
    AWS Lambda
  • Microsoft Azure
    Microsoft Azureは、Microsoft社が提供しているクラウドプラットフォームのこと。もちろん、Windows以外でも使えます。サーバーをオンプレミスに拡張できるAzure Stackが特徴です。
    Microsoft Azure
  • Cloud IoT Core
    Cloud IoT Coreは、Google社が開発している広範囲に分散した多数の端末の接続、管理、データ取り込みを、セキュリティを維持しながら簡単に行える管理システムです。世界中に分散している端末のデータからリアルタイムでビジネス インサイトを導き出します。
    Cloud IoT Core

クラウドコンピューティングを導入するメリット

ビジネスでは、クラウドコンピューティングを導入するメリットが多く、生産の向上にもつながっています。

コストパフォーマンスが高い

サーバー費用のようなコストを削減できます。パソコンで作業すると、ソフトウェアやサーバーなどの費用が必要です。その一方では、クラウドコンピューティングは月額使用料や使った分だけの料金を払うシステムを採用しています。そのため、クラウドコンピューティングを用いて、最低限必要な人件費やサーバーの費用を抑えられます。

データへのアクセスが容易になる

インターネットに接続する限り、いつでもどこでもクラウド化されたデータにアクセスできます。プランによりますが、スマートフォンやパソコン、タブレット端末などのデバイスでも用いられます。社員のリモートワークも促進されます。

可用性と拡張性に優れている

地震や火災が発生すると、サーバー室への影響があり、復元も時間もかかります。この場合、会社のデータがクラウド化されると、生産への影響を最小限できます。

2. IoTフォグプラットフォーム

フォグコンピューティングは、クラウドとデバイスの間のネットワーク機器にクラウド機能を拡張し、コンピューティングやストレージ、ネットワークなどのサービスを分散させ、データが生成される場所の近くでリアルタイムにデータを処理できるアーキテクチャーです。

大量のデータをやりとりするのに適していて、2年ほど前からシスコを中心に普及活動が進められてきました。

クラウドコンピューティングとの違いは、デバイスとクラウドが直接接しないこと。データの処理関門を設けることで、一極集中を防ぎます。それが故に、データの管理・分析・ストーレジを効率化できると言われているのです。ちなみにフォグは、「霧」という意味。データのありかがクラウド(雲)よりはデバイスに近い位置にあると表現しています。

フォグコンピューティングのIoTプラットフォーム例

クラウドコンピューティングと比較すると、フォグコンピューティングはまだ普及が進んでいません。

  1. Sigfoxネットワーク
    Sigfoxネットワークとは、Sigfox社が提供するフォグコンピューティングのIoTネットワークのこと。LPWANという低消費電力で広域エリアをカバーできるネットワークの技術を用いています。
    Sigfox
  2. LoraWAN
    LoraWANは、低消費電力で長距離のデータ通信を可能とする技術。フォグコンピューティングのために開発した、無線通信技術を使っているネットワークのこと。

フォグコンピューティングを導入するメリット

 自社オリジナルのサーバーを使える

クラウドのIoTプラットフォームを使う場合、他社サーバーに依存する形となります。データの保管場所が外部にあるのは不安、というか緊急時の対処がしかねます。特に大きなサービスを運営するのであればリスクが高いので、自社サーバーを使えるフォグコンピューティングを導入するのがおすすめです。
データを思うように管理的る一方、フォグコンピューティングを導入する費用はクラウドより高いです。

ストーレジを最適化できる

クラウドコンピューティングはストーレジが限られており、都度課金する必要がありますが、フォグコンピューティングであれば、自在に追加できます。

生産性が向上する

大規模のプロジェクトでは、生産のスピードが重要です。フォグコンピューティングを用いて、クラウド化すべきソフトウェアをクラウドに置き、スピード重視でローカルの位置にデータを置くべきソフトウェアをそのままにします。

3. IoTエッジプラットフォーム

エッジコンピューティングとは、端末の近くにサーバーを分散配置するネットワークコンピューティングの技法のこと。「それってフォグと一緒では…?」と思いがちですが、基本的なメリットは似通っています。

エッジコンピューティングとフォグコンピューティングの違い

エッジコンピューティングとフォグコンピューティングの違いは、アーキテクチャーの構築です。エッジコンピューティングは、エッジコンピューティングの技術を用いているアプリケーションを直接にデバイスに保存します。分散の考え方を一層進歩させたもの。

一方では、フォグコンピューティングは、データをローカルのサーバーに置くことによってシステムのスピードを効率化するためのアーキテクチャーです。

エッジコンピューティングを導入するメリットは、フォグコンピューティングよりさらに待ち時間を短縮することです。フォグコンピューティングは、ローカルと近い場所にデータを置くアーキテクチャーと異なり、エッジはデバイスを直接にデータ点を保存します。

緊急対応の必要なときに、エッジコンピューティングの場合、より早くデータ点の誤りを発見し、問題を解決できます。

エッジコンピューティングのIoTプラットフォーム

  1. Azure IoT Edge
    Azure IoT Edgeは、企業がデータの管理に手間取ることなくビジネス インサイトに専念できるよう、これまでクラウドで行っていた分析などをデバイス側で実行できるためのアーキテクチャーです。
    Azure IoT Edge
  2. AWS Greengrass
    AWS Greengrassとは、Amazon社が提供しているAWS(Amazon Web Services)における、接続されたデバイスでローカルのコンピューティングやメッセージング、データキャッシュなどを安全な方法で実行できるソフトウェアです。
    AWS Greengrass

 

まとめ

どのIoTプラットフォームが理想的なのかは、自社の開発のニーズ次第です。ほとんどの企業にとっては、クラウドコンピューティングでサーバーレスのアーキテクチャーを構築をするだけで多種多様なニーズに対応できます。現在はクラウドプラットフォームが優勢で、フォグプラットフォームやとエッジプラットフォームは、LLCや石油会社のような特定ニーズに対応しやすい技術です。

今後、サービス開発では、サーバーに絞らず、コンピューティングの実施法は複数種です。どの手法を使うのかというのは、システムの条件によって大きく異なります。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ