ロゴ作りの参考になるサイト10選。業界/色/構図別に検索できるものも!

ロゴ作り参考サイト
無料のメールマガジンに登録

毎週月曜日に、フリーランス向けニュースまとめをお届けします。 プライバシーポリシーはこちら

DESIGNER

ブランドのイメージを大きく左右するロゴ。作りはシンプルなように見えて、影響の大きい仕事です。

ロゴを作るなかで、「デザインに行き詰まってしまった……」「もっとおしゃれなロゴにしたい!」と感じることも多いでしょう。

今回は、ロゴ作りの参考になるサイトをご紹介します。

1. ロゴペディア

ロゴペディア

▲出典:ロゴペディア

ロゴペディアは、ロゴ事例などロゴに関する情報を網羅的に発信するWebサイトです。ロゴの事例では「IT・Webサービス」や「アパレル」など、業界ごとに検索できます。さらにテイストや文字スタイル、色別に絞り込んだ検索も可能。

ピンポイントで参考になるロゴを調べられるのが嬉しいポイント。制作したいロゴのイメージや大まかなデザインが決まっている場合におすすめです。

ロゴペディア

2. ブランド・社名・ロゴマーク由来辞典

ブランド・社名・ロゴマーク由来辞典

▲出典:ブランド・社名・ロゴマーク由来辞典

ブランド・社名・ロゴマーク由来辞典では、有名企業・ブランドのロゴ制作のストーリーを紹介。ロゴマークの由来や意味を解説しています。企業が伝えたい思いを、どのように形に落とし込んでいったのかを知ることができます。

「伝えたいメッセージは決まったけど、デザインへなかなか落とし込めない……」と悩んでいるとき、ロゴ制作のインスピレーションを得ることができるでしょう。

ブランド・社名・ロゴマーク由来辞典

3. ロゴストック

ロゴストック

▲出典:ロゴストック

ロゴストックの特徴は、紹介するロゴをくわしく解説している点です。ロゴ一覧から一度にたくさんのロゴを見比べられるものポイント。業界を絞らず比較できるため、他業界のロゴから斬新なアイディアを得られるかもしれません。

ロゴ募集・公募の情報も掲載しているため、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ロゴストック

4. Adobe Stock

AdobeStock

▲出典:AdobeStock(※ 「GU」のロゴで類似検索)

Adobe Stockは、無料素材やフォントが配布されているサイト。ロゴデザインのフォーマットも多数掲載されています。

類似検索機能がついているため、デザインを細かくブラッシュアップしたいときにおすすめです。類似検索機能では、「カラー」や「構図」別にフィルタリングをかけることもできます。

Adobe Stock

5. freepik

freepik

▲出典:freepik

freepikはコンテンツ販売するサイトです。「ロゴ」と検索することで、さまざまなロゴを一度に確認できます。2022年現在掲載されているロゴの数は、なんと約60万点以上。細かいフィルタリング機能はついていませんが、色別に検索することは可能です。

大まかな色のイメージはついているときに、使いたい参考サイトです。

freepik

6. Pinterest

Pinterest

▲出典:Pinterest

Pinterestは、デザインのアイディアを紹介するサイト。「ロゴ」と「好きなキーワード」を入れて検索することで、参考となるロゴを検索できます。

また、SNSのようにクリエイターをフォローできるため、好みのデザインを作るクリエイターの作品を継続的にチェックし続けることも可能。クリエイターが保存したコンテンツを見ることもできるので、どのような作品からインスピレーションを得てデザインが作られているのか背景を探るのもおすすめです。

Pinterest

7. Canva

Canva

▲出典:Canva

Canvaでは、ロゴのテンプレートが多数掲載されています。ロゴのテンプレートは、自由自在に調整することが可能。テキスト部分や素材の配置を自由に変えたり、新たな要素を付け加えたりできます。

デザインに手を加えているうちに、新たなインスピレーションを得られるかもしれません。

Canva

8.  LogoGallery.net

LogoGallery.net

▲出典:LogoGallery.net

LogoGallery.netは海外のロゴを集めたサイトです。日本のロゴとは少し違うユニークなデザインを見つけられるでしょう。英字フォントでロゴを作るとき、参考にできるサイトです。検索は英語のみですが、「beach(海)」や「barber(床屋)」など、細かいタグ付けで検索できます。

LogoGallery.net

9. logopond

logopond

▲出典:logopond

logopondは、ロゴとロゴのクリエイターを紹介するサイト。注目のロゴやクリエイターが紹介されているため、業界やロゴの雰囲気に偏りなく、さまざまなインスピレーションを得られます。

日常的にロゴ作りの参考になるようなアイデアを集めている方におすすめです。

logopond

10. logoinsipirations

logoinspirations

▲出典:logoinspirations

Logospirationsでは、海外のロゴ紹介サイトです。サイトでは、最新/人気のロゴをランダムにチェックすることが可能。「モノグラム」「ヴィンテージ」などテーマごとにロゴを集めたコレクションがあります。

作りたいロゴのイメージが大まかにきまっている場合に活用できるサイトです。

logoinspirations

おわりに

今回は、ロゴ作りの参考になるサイトを10選紹介しました。

ロゴのコンセプトを考えている方やロゴ制作で試行錯誤している方の参考になれば幸いです。

(執筆:mozuku 編集:泉)

40,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 累計40,000人以上のフリーランス・副業ワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数参加
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 公開中の募集のうち66%がリモートOKのお仕事
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。また、本メディア内に掲載されているリンクには、アフィリエイトURLが含まれる可能性があります。

SHARE

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
サイドバー画像広告1