IT系ワーカーにおすすめの副業10選と、副業の注意点

リモートワークやフリーランスなどの働き方に注目が集まる昨今、会社に所属しながら副業をしてみたい人は多くいるでしょう。

今回はIT関連の職をメインに、空いた時間でできる副業にはどのようなものがあるのか、そして副業を始める際の流れやメリット、注意点などを解説していきます。

そもそもサラリーマンは副業をしても良いのか?

副業はOK?NG?

「そもそも会社に勤めながら、副業をしても良いのか」という部分をまずは明確にしていきます。結論をいうと、会社員の副業は禁止されていません。公務員を除き、サラリーマンが副業をすることは、法的に何も問題はありません。

なお、副業の定義は会社によって異なるので、副業を始める際には雇用契約を一度確認しておくのが良いでしょう。一般的に株などの投資や不動産収入など、労働の必要がない「不労所得」と言われるものに関しては、会社側は何も言わないことが多いです。

会社側が一番心配するのは、本業がおろそかにならないかどうかです。法律的に副業をすることが違法ではないからといって、黙ってすることに不安を覚えるという人は、一度上司と相談するのも良いでしょう。本業に支障が出ないよう副業をすることができるのか、見極めることも大切です。

詳しくは以下の記事をご覧ください。▼

IT系ワーカーにおすすめの副業 10選

それでは実際に、IT系ワーカーにおすすめの副業例を見ていきましょう。

どのような仕事があるのかを知ることで、自分の得意な分野、興味のある職種を見つけられるかもしれません。

1. プログラミング・コーディング

エンジニアの人であれば、スキルをそのまま活かせる他、高単価な案件も多いため、まずはじめに候補となる副業でしょう。非エンジニアでも、プログラミングを学習しながら案件を受けてスキルアップを目指す方法があります。

システム開発のプログラミングや、ランディングページのコーディングなど、難易度や納品までの期間は案件によって異なります。

2. アプリなどのサービス開発

プログラミングと被る部分がありますが、副業としてアプリなどのサービス開発に携わる人も多いです。

社外のチームでアプリを共同開発するほか、個人で開発からリリースまで行うのも良いでしょう。開発のスキルアップに繋がりますし、また実績としても残ります。

3. 講師

講師として、自身の技術を生徒に教えるIT系ワーカーもいます。

一般的なスクールの他、最近はオンラインサロンなどで講師業を行う人が増えています。Web上ですべて完結できるので、参入の難易度も昔より低めです。オンライン講師として登録できるWebサイト・サービスも存在します。月1〜2回からなど、自分でスケジュールを決められるので、副業の計画を立てやすいのも良い点です。

4. メディア、ブログの運営

メディアやブログを運営し、広告やアフィリエイトなどで副収入を得る方法もあります。

またメディアやブログは、自身のスキルや知識をアピールできる場でもあります。メディアやブログの読者から、新たな仕事をもらえることも……!

5. Webライター

文章を書くのが得意だったり、調べ物をするのが好きだったりする人に向いています。

SEOやイベントレポート、インタビュー、企画モノなど、さまざまなWebライティング案件がありますので、ぜひご自分に合うものを探してください。

なお、Workship MAGAZINEでもWebライターを募集しています。ご興味のある方はこちらへお問い合わせください。

6. コピーライター

広報やプランナー、ライターをしている人なら、コピーライティングの仕事も向いているかもしれません。

単純にコピーライティングの仕事を受注するほか、Webコンペなども頻繁に行われています。興味のある人はぜひ参加してみてください。

7. イラストレーター

イラストを描くのが得意だという人にはうってつけの副業です。

広告やバナー、ゲームキャラクターのイラスト制作など、仕事内容は多岐に渡ります。SNS用のアイコンを描くなど、個人向けの仕事をしている人もいます。

8. 漫画家

近年はWebでの漫画マーケティングが流行しており、漫画を描ける人の需要が高まっています。

趣味で漫画を描いている人は、いっそのこと副業にしてみてはいかがでしょうか。

9. 株、FX、仮想通貨

前述したように、株やFX、仮想通貨などの資産運用は、不労所得として会社側に黙認されやすい副業です。

知識があれば比較的時間に左右されずに行えるため、投資に興味のある人にはおすすめです。

10. 翻訳

語学の分野に自信のある人には、翻訳の仕事がおすすめです。

Web上のニュースなどの翻訳、書籍の翻訳、映画の字幕(映像翻訳)など、仕事は多岐に渡ります。

なお、Workship MAGAZINEでも翻訳ライターを募集しています。ご興味のある方はこちらへお問い合わせください。

副業できる時間帯

副業の時間

無理のない範囲で副業ができる、自分なりの時間帯を事前に考えておくことで、仕事を選ぶ際の判断基準にもなるでしょう。

エンジニアやデザイナーなどのIT関連職に就いている人たちが副業をする時間帯は、主に以下の3つがメインでしょう。

1. 休日

土日祝日などの、休日に副業をするという人は多いです。最近は土日向けの副業案件もだんだんと増えてきています。

とはいえ家族がいる場合は、休みの日まで仕事に集中するのは難しいでしょう。平日も働いて、休日も毎週副業に励むのは心身ともにキツイものがあります。月に1〜2回、短時間でできる仕事を選ぶのがオススメです。

2. 仕事終わり

終業後に副業をしている人もいます。残業が少なく、定時で上がりやすい会社の人にはおすすめです。

一方で、残業が多い人には向かないでしょう。やろうと思っていた日にできなかったということが重なると、結果的に副業に追いつめられてしまうかもしれません。

3. 長期休暇中

他には長期休暇中に副業をするという選択肢もあります。日頃はまとまった時間を確保することが難しい場合でも、連休を使って大きな仕事を受けることで、大きなやりがいや副収入獲得に繋がるでしょう。

エンジニアやデザイナーなどのIT系職種の仕事は単価も高く、短期でもまとまったお金を稼げます。

IT系の副業案件を獲得する方法

仕事の探し方には、主に以下の4つの方法があります。

1. 友人の紹介

一から営業をしたり、取引先と関係を築いたりする必要がない分、安心感のある案件獲得方法です。単価の交渉などもしやすいので、良い仕事に巡り会えるチャンスも高いでしょう。

ただし、「お友達価格」として安く仕事を請け負ってしまう可能性もあります。価格交渉はしっかりと行いましょう。

2. クラウドソーシング

クラウドワークスランサーズなど、クラウドソーシングサイトを利用して仕事を得る方法もあります。

多くの案件の中から自分に合う仕事を探すことができる一方で、単価が安い傾向にあるのが難点です。

3. エージェントサイトに登録する

IT系ワーカーに向けの案件を紹介してもらえる、エージェントサイトなどへの登録もオススメです。

案件を探している時間がない人や、営業が苦手という人は、仕事を斡旋してもらえるサイトに複数登録して、自分に合う仕事を見つけるのも良いでしょう。

なお、Workship MAGAZINEの関連サービスとして『Workship AGENT』という、IT系ワーカー向けエージェントサービスがございます。よろしければご活用ください。

4. 個人でイチから始める

副業例の項目でもご紹介しましたが、アプリなどのサービスやブログ・メディア運営などを、自分で企画・開発するという選択肢もあります。

自由に作業を進められる一方で、必ずしも収入と繋がるわけではないところがデメリットでしょう。

 

その他、エンジニア向けのより詳しい案件獲得方法は以下の記事をご覧ください。▼

副業のメリット

副業をする上で得られるメリットは沢山あります。

1. 新しいスキルを習得・実践できる

一つは、新しい技術の習得や、実践が可能だということです。

所属している会社のやり方にとらわれず、自由な働き方ができるため、自分のスキルを存分に活かせるでしょう。

2. 新しい交友関係ができる

新しい交友関係を構築できるのも副業のメリットです。

社外で仕事をすることになるので、社外のIT系ワーカーや企業などと知り合うことができます。その繋がりが、将来役立つ場面が出てくるかもしれません。

3. 金銭的な余裕ができる

そして何よりも重要なメリットが、金銭的な余裕ができる点です。

普段の給与のプラスαを生み出せるため、自由に使えるお金が増えます。

4. 仕事の場所を自分で決められる

仕事によっては、場所や時間に縛られずにできるものもあります。

将来的にフリーランスとして働きたいと考えている場合には、「働き方を自分で決める」という体験を副業でしてみて良いかもしれません。

副業の注意点

最後に副業をする上での注意点を見ていきましょう。

1. 本業に支障が出ないようにする

一番気を付けなければいけないのは、本業に支障が出ない程度に副業を留めるということです。

会社に勤めているのであれば、最優先するべきは会社の仕事であることを念頭に置いておきましょう。

2. 体調やスケジュール管理に気をつける

体調管理を怠らないことも大切です。通常の業務に加えて副業が増えるため、激務によって体調を崩す可能性も高くなります。

本職に影響が出ないよう、スケジュールに余裕を持ち、十分な休みを確保しましょう。

3. 確定申告など、税務関係の申告漏れに気をつける

税金の処理もきちんと行わなければいけません。副業の所得が年間20万円以上になった場合、確定申告が必要になります。

余裕を持って準備をおこない、申告漏れがないように注意しましょう。

おわりに

実際に副業を始めても、初めのうちは思うように稼げないこともあるでしょう。

本業に支障が出ないように、ある程度セーブして働くことも大事です。税金関係の問題も出てくるので、事前知識を頭に詰め込んだ上でぜひ挑戦してみてください。

 

あわせて読みたい!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ