消費者庁「スマホだけで5万稼げます」怪しい情報商材の内容を開示 他

フリーランスニュース

こんにちは、Workship MAGAZINE編集部の泉です。

1週間のニュースからフリーランス・副業ワーカーに役立つものを抜粋してご紹介します。今週もよろしくお願いします。

過去のフリーランス・副業ニュースはこちら

【1】Amazon Musicインフルエンサープログラムで、音楽を広める副業をはじめよう!

Amazon Musicを使った副業プログラム「Amazon Musicインフルエンサープログラム」が公開されています。

Amazon MusicをブログやSNSで紹介し、無料トライアル登録が発生したときに、1件ごとに報酬が得られる本プログラム。無料トライアル登録が条件のため、仮に途中解約されてしまった場合でも報酬を受け取れるのが嬉しいところ。

今回はAmazon Musicを約5年間使っているライターが、「Amazon Musicインフルエンサープログラム」の詳細をくわしく解説します。

Amazon公式の副業プログラムに興味のある方はぜひご覧ください。

なお期間限定で、Amazon Music Unlimitedを3ヶ月無料で使えるキャンペーンも開催しています(※2022年9月7日まで!)。

Amazon Music Unlimited

記事を読む(Workship MAGAZINE)

【2】「誰でもスマホだけで5万稼げます!」怪しい情報商材の中身を消費者庁が開示してくれてた「消費者庁、しっかり仕事しててワロタ」

「最短5分の作業で毎日2万円以上稼げる」などと勧誘し、高額の情報商材や作業マニュアルを購入させる手口が広がっています。

消費者庁はこの事態を受け、作業マニュアルを販売していた事業者の情報と、マニュアルの内容を公開。消費者を副業に勧誘するときの文言と作業マニュアルを照らし合わせ、内容の真偽を示したうえで、消費者に注意を呼びかけました。

SNSを中心に大きな話題となっています。

▲出典:消費者庁

記事を読む(togetter)

【3】Job総研による『2022年 副業・兼業に関する実態調査』を実施 コロナ禍を境に副業始める社会人4割増 今後始めたいは9割

株式会社ライボは、663人の社会人男女を対象に「2022年 副業・兼業に関する実態調査」を実施しました。

おもな調査結果は以下のとおりになります。

  • 全体の21.6%「現在副業・兼業をしている」、89.1%「今後副業したい」
  • 副業を始めた理由 83.2%「収入を上げるため」、44.1%「本業だけでは生活苦」
  • 副業や兼業をしていない理由 39.8%「会社から禁止されているから」
  • 副業や兼業のみの平均年収は192.6万円、本業とあわせた合算の平均年収は751.4万円
フリーランスニュース

▲出典:PR TIMES

記事を読む(PR TIMES)

【4】みんなどうやって「案件獲得」してる? #フリーランス大会議

フリーランス活動にとって、最重要といっても過言ではないのが “案件獲得” 。その方法は 「知り合いからの紹介」「SNSを活用して」「マッチングサービスを利用」「ナンパ」などさまざまです。

このたびWorkshipは、活躍しているフリーランス経験者を招待し、案件獲得について聞くイベントを開催します。

お話を伺うのは、海外にいながらフリーランスとして活動経験のあるKOHさん、フリーランスとして働きながら会社を設立した高橋まりなさん、SNSやnoteを用いたセルフブランディングなどでもお仕事を獲得してきたゆぴさんの3名。

お三方のこれまでの経験を伺いながら、案件獲得方法について一緒に考えてみましょう。

画像

詳細を見る(connpass)

【5】副業するなら個人事業主になったほうがおトク? 開業のメリット&デメリットを解説【税理士監修】

副業をしていると気になるのが「税金」。

じつは、副業がかなりうまくいっている会社員は、開業届を提出して個人事業主(フリーランス)になることで大きな節税効果を得られる場合もあります。

今回は、「副業をしている会社員は個人事業主になるべきか」というテーマで、それぞれの場合のメリット/デメリット、個人事業主になるべき判断基準をご紹介します。

副業するなら個人事業主になったほうがお得?

記事を読む(Workship MAGAZINE)

【6】Amazon FBAで個人ブランド立ち上げ。知らなかった!では済まないリスクとは【弁護士解説】

悩めるフリーランス・副業者からの法律相談に、現役弁護士が答えていく連載『フリーランスの法律Q&A』。

今回教えてもらったのは「個人ブランドの立ち上げ」について。

昨今、オンラインでの個人ブランドの立ち上げや商品の販売サービスとして注目されている『Amazon FBA』を例に、ブランドの立ち上げや商品販売時の注意点・リスクを桑野 雄一郎弁護士に聞きました。

模倣品を仕入れて販売したらどうなるの?

記事を読む(Workship MAGAZINE)

今週のお題:仕事が一番はかどる時間帯

Workship運営のフリーランスコミュニティ『フリラボ』のメンバーに、「仕事が一番はかどる時間帯」を聞きました。

『フリラボ』は、フリーランスの悩みやノウハウをみんなで共有していく相談コミュニティです。現在のメンバーは240名以上。フリーランス・副業マッチングサービス『Workship』が運営しています。

参加にご興味のある方は「名前」「職種」「SNSアカウント」「フリーランス歴(副業歴)」を添えて、こちらからお問い合わせください。審査通過の場合のみ、運営からご連絡いたします。

(執筆:泉 編集:じきるう)

40,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 累計40,000人以上のフリーランス・副業ワーカーが登録
  • 東証プライム上場企業からスタートアップまで多数参加
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 公開中の募集のうち66%がリモートOKのお仕事
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。また、本メディア内に掲載されているリンクには、アフィリエイトURLが含まれる可能性があります。

SHARE

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE
週1〜3 リモートワーク 土日のみでも案件が見つかる!
Workship