アプリにプッシュ通知を導入するときに気をつけたいこと

スマートフォンのロック画面や通知センターにアプリからのお知らせを表示させる「プッシュ通知」という機能を使ったことはありますか? アプリが乱立しているからこそ、目的に沿った内容・頻度で通知を出さなければなりませんよね。

さまざまなコミュニケーションをサポートできるので便利なプッシュ通知を使ううえで気をつけたいポイントをまとめました。

アプリにプッシュ通知を導入するときに気をつけたいこと

1. 通知の数を制限する

ユーザーが捌ききれないほどの多くの通知を送るのではなく、必要とされている情報のみを送ることに重点をおきましょう。

あまりに多くの通知が来たら、ユーザーはそれを無視しし、通知をオフにしてしまいます。彼らのニーズ、ライフスタイル、興味、そして探している商品や情報を整理しましょう。その上で通知をプランニングすれば、もっとスマートでタメになる通知を送れます。

Limit the count

適切な通知であれば、ユーザーもアプリを便利であると感じ、通知から得られる情報にもっと頼るようになります。

2. ユーザーの時間を大切にする

適切なプッシュ通知と、適切でないプッシュ通知の違いは、とても些細ですが、結果は大きく変わります。それは、ユーザーが自分の時間を投資するかしないか。

もし適切でない時間に送信されたら、ユーザーは配慮が足りないと感じることでしょう。

QueenB

次の2点に気をつけてください。

  • 時間に気を使う : ユーザーが住んでいる国のタイムゾーンに合っているか
  • 価値のある情報か : ターゲットユーザーが即座に注目するほど価値のある情報か考えてから発信する

3. パーソナライズされた体験を提供する

Perosnalization

プロバイダー側はユーザーが入力した個人情報やSNSにシェアしている情報をもとにユーザーの行動を学びましょう。パーソナライズされた質の高い体験を提供すれば、信頼を高めることができるでしょう。

また、パーソナライズした通知のオープンレートは4倍になるといわれています。

4. 明朗なメッセージを届ける

届いたメッセージの内容をすぐ理解できるように、簡単で短い文章と、正確な言葉を使いましょう。

求められているのは長く詳しい情報ではなく、シンプルで簡単でわかりやすい情報。どのようなフレーズ、文章、絵文字、文字量がビューワーにとってうまく伝わるか、テストしてみると良いでしょう。

絵文字のついたプッシュ通知は85%の人が開封するともいわれています。いろいろと試してみて、見る人の注意をひける通知を作りましょう。

5. オプトアウトする方法を提示する

Optout

アプリ運営において最も避けるべきはアンインストールです。そのため、通知オフの仕方を明確に提示しておきましょう。

アプリがインストールされていさえすれば、他のメディア等を使ってユーザーの注意を引くことができます。

6. テストを続ける

Test

通知で仕掛けた要因の結果をトラックしましょう。

プロモーションコードや、カムバックを訴求するようなメッセージを送ったあとに、どのような反応が得られたでしょうか? ユーザーは想定していたアクションを取ってくれましたか? 通知はユーザーのエンゲージメントを高めることにつながりましたか? どのような要素が、ユーザーのオプトアウトやアンインストールにつながってしまったでしょうか?

アプリにプッシュ通知を導入して得られる効果

アプリをインストールしたユーザーにデバイスを通して通知を送ると、どのような効果を得られるのでしょうか。

  • ユーザーエンゲージメントを最も効率的に高められる(Emailより早く、SMSより費用対効果が高い)
  • トラフィック、エンゲージメント、コンバージョンの向上につながる
  • ユーザーのリマインダーとして機能する
  • 進捗状況や最新情報を得る手助けができる
  • ユーザーとの接触回数が増えフレンドリーな関係を築ける

ユーザー目線になり、解決すべき問題をきちんと理解し、ユーザーが繰り返し使ってくれるようなアプリを作りましょう!

(翻訳:Akiko Ogita)

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ