ラズパイよりハイスペック? 小型シングルボードコンピュータ19選

ラズペリーパイは日本のプログラマーから厚い支持を集めるシングルボードコンピューターですが、類似の製品は他にもたくさんあります。

その機能やスペックは製品によってさまざまです。今回はそれらの小型コンピュータ製品からおすすめを19個選んでまとめました。

1. Arduino Industrial 101

Arduino
出典 : Arduino

“Arduino Industrial 101″は、”Arduino 101 LGA module”の評価基盤で、LinuxベースのLininoOSで動かすことができるコンピューターです。

IEEE 802.11b/g/nに対応したオンボードWi-Fi、USBポート×1、GPIO×3、イーサネット用ピン、DC/DCコンバーターを標準搭載。micro USBケーブルでパソコンと繋いで使用できます。

国によっては、Wi-Fi機能が搭載されたものを販売するには政府の許可が必要な場合があり、Wi-Fiの機能をオフにして売ってある場合もあるので注意しましょう。

Arduino Industrial 101

2. Banana Pi(バナナパイ)

Banana Pi
出典 : Banana Pi

オープンソースとして開発され、中国で生産されている”Banana Pi(バナナイパイ)“は、ラズベリーパイよりもひとまわり大きいサイズの製品です。

主な対応OSは、Lubuntu、Fedora、Arch Linux、FreeBSD、Bananian、Android 4.2とAndroid 4.4に対応しています。

プロセッサーは、1.2 GhzクアッドコアARM Cortex A53 64-Bit、メインメモリーに2GB RAMそして8GBのeMMCを搭載しています。

ラズベリーパイとの1番の違いは、標準搭載のWi-FiとBluetooth、そしてSATA 2.0ポート採用によるストレージの拡張性といえるでしょう。たとえば、SDカードは64GBまで、そしてSATAポートにおいてはなんと2TBまで対応しています。

Banana Pi

3. BBC micro:bit

micro:bit
出典 : micro:bit

学校教育の為に開発され、イギリスの学校に無料で配布されたこの”micro:bit”は、非利益で活動する機関によって作られています。

32-bit ARM Cortexをプロセッサーとし、5×5のプログラム可能なLEDマトリックスを搭載しています。また、複数のボタンと磁力計、加速計、そしてBluetoothのアンテナも搭載しています。

micro:bit

4. Beaglebone Black

Beaglebone black
出典 : Amazon.com

簡単でシンプルをモットーにデザインされたデバイスで、キャッチコピーが『Linuxの10秒起動と5分以内の開発開始を1本のUSBケーブルで』とあるように、とてもシンプルなボードです。

プロセッサーは TI AM335x 1Ghz ARM Cortex-A8を搭載していて、オペレーションシステムはLinix Minix、Sybian、Free BSD、Open BSD、RISC OSに対応。また、Project Rowboatを使うことでAndroidを動かすこともできます。

本体の大きさは75mm × 75mmとポータブルな大きさで、HDMI、S-Videoポート、4GB 8-bit eMMCと512MB DDR3 RAMを搭載しています。オンボードGPUのおかげで、2Dのみならず3Dのレンダリングをすることもできます。

価格もお手頃で機能も十分にあります。もともとはプログラマー向けに開発されたものなので、プログラムをやりたい人にはぴったりの製品です。

BeagleBone Black Rev.C

5. C.H.I.P.

CHIP
出典 : C.H.I.P.

クレジットカードほどのサイズしかない”C.H.I.P.”ですが、9ドルという価格で初代のラズベリイーパイに劣らぬ高い性能を持っています。

Wi-FiとBluetoothは標準搭載されていて、1Ghz R8 ARMプロセッサー、512MB RAM、そして4GBのフラッシュストレージが搭載されています。まさに価格以上の機能をもっていますね。

C.H.I.P.

6. cloudBit

cloudbit
出典 : littleBits

インターネットに接続するなら、”cloudBit”が最も簡単です。

ケーブルやはんだ付け、プログラミングをまったく必要とせず、さまざまなサービスに接続することができます。

また、IFTTT(イフト)というコミュニティーのサポートが充実しています。

cloudBits

7. Intel Galileo Gen 2

Intel Galileo Gen2
出典 : Amazon.com

ラズベリーパイの競合商品として、”Intel Galileo”を開発したIntelが発売した第二世代。

Quarkアプリケーションプロセッサーを搭載していて、32-bitで最大400Mhzで動作します。ラズベリーパイの性能には劣りますが、競合商品としてではなくIot(Internet of Things: モノのインターネット)向けのコンピューターという新しいジャンルの製品として販売しているようです。

“Galileo Gen 2″は”Auduino”環境と互換性があり、またIOポートの搭載によって拡張性も実現しています。

Quarkの開発環境を求めるユーザーにはぴったりの製品なのですが、映像ポートと音声ポートはないので注意しましょう。

Intel Galileo Gen 2

8. MinnowBoard MAX

Minnowboard
出典 : minnowboard

“MinnowBoard”には2つのバージョンがあって、ひとつは140ドル、もうひとつは100ドルで販売されています。

2つの唯一の違いはRAMの容量だけで、140ドルの方が2GB、100ドルの方は半分の1GBとなっています。他のコンポーネントは同じで、1.33GHz デュアルコアプロセッサー、IntelグラフィックスとHDMIポート、micro SDポート、USBポート×2、SATA2ポート、そしてイーサネットポートを搭載しています。

少々割高ではありますが、”MinnowBoard”には”lures”と呼ばれるいう拡張機能が存在していて、他にはない開発者にとって便利な機能です。また、SATA2ポートによるHDDへの接続ができることも大きな強みです。

MinnowBoard MAX

9. NanoPi 2 Fire

NanoPi 2 fire
出典 : nanopi

22.29ドルという低価格で、A9クアッドコアSoC(System on a Chip)、1GB DDR3 RAM、イーサネットポート、USB 2.0ポートが搭載されています。

SoCとは、ひとつのチップにさまざまな機能を搭載した集積回路のことで、さまざまな役割をたったひとつのチップで果たすことができます。

“NanoPi 2 Fire”は電源管理も可能で、スリープ、パワーオフ機能などがついています。また、オペレーションシステムはAndroidとDebian Linuxを動かすことができます。

NanoPi 2 Fire

10. NanoPC-T1

NanoPc
出典 : NANOPC

ラズベリーパイによく似たおすすめな製品のひとつが”NanoPC-T1″です。マイクロコンピューティングを習うのにとても適した製品です。

1.5GHzサムソンクアッドコアプロセッサー、1GB RAM、8GBオンボードストレージ、HDMIポート、音声ポート、USBポート×3、イーサネットポート、そしてSDカードスロットが搭載されています。

オペレーションシステムはAndroidとLinuxに対応しています。

拡張機能として、アダプターボード、高画質カメラ、LCDタッチスクリーンを追加することができます。他にもWi-Fiモジュールなどさまざまなアクセサリーがこの会社から販売されているのでぜひチェックしてみてください。

NanoPC-T1

11. ODROID-XU4

ODROID XU4
出典 : Amazon.com

Hardkenelというこれを開発している会社のフラッグシップモデルが”ODROID-XU4″です。

ARM®︎ big.LITTLE™というテクノロジーを採用していて、これによって低電力で、CPUコアの高効率な平行処理を可能にしています。サムソンExynos5422 Cortex-A15 2GHzプロセッサー、Cortex A7オクタコアCPU、2GB LPDDR3 RAMを搭載しています。

また、USB 3.0ポート×2とギガビットイーサネットがサポートされています。オペレーションシステムはAndroid KitKat、ANdroid Lollipop、そしてUbuntuを起動することができます。

前身である”XU’3″のソフトウェアも動かすことができますが、SATAポートはついていないので覚えておきましょう。

CPUファンが多少のノイズを出しますが、ラズペリーパイ3よりも4倍ほど速く動作するとても強力なコンピューターです。もしもハイエンドなシングルボードコンピューターを探しているならぜひチェックしてみてください。

ODROID-XU4

12. Orange Pi PC2

Orange Pi
出典 : Orange pi

この製品は、もはやラズベリーパイのクローンといえるほどよく似ています。

スペックも、64-bit Cortex-A53プロセッサー、1GB RAM、イーサネット、USBポート×3、USB OTG、そしてGPUを搭載しています。

オペレーションシステムもさまざまで、Banana Pi、Debian、Raspbian、Android、そしてUbuntuに対応しています。

Orange Pi PC2

13. Parallella

Parallela

出典 : parallela

クレジットカードサイズの高機能コンピューターがこの製品です。

AdaptevaのEpiphanyマルチコアチップをベースに作られています。価格は99ドルからですが、スタンドアロン型やパラレルサーバーのクラスターとして使うことができます。

Parallela

14. pcDuino4 Set-Top Box

pcDuino4

出典 : linksprite.com

ラズベリーパイの主な使われ方にメディアセンターがあります。この製品はメディアセンター専用のデバイスとして開発されました。

1.6 GHzクアッドコアプロセッサー、Mali GPU、1GB RAM(GPUとシェア)、8GBオンボードストレージ、そしてWi-Fiモジュールが搭載されています。

機能が多いわけではありませんが、メディアセンター専用に開発されているだけあってHDや4Kの映像をHDMIポートを通して出力することができます。古いTVであればAVケーブルで接続することもできます。

pcDuino4 Set-Top Box

15. Radxa Rock2 Square

Radxa rock2 square
出典 : Redxa

クアッドコアプロセッサー、2.5インチSATA HDD互換、Bluetooth 4.0、HTMIポート、イーサネットポート、ヘッドホンポート、赤外線受信機、SDカードポートが搭載されたこの製品は、2GBもしくは4GBのRAM、16GBもしくは32GBのSSDから選ぶことができます。

また、3.5インチのHDDにアップグレードすることも可能です。オペレーションシステムはAndroidがベースですが、Firefox OSやLinuxにも対応しています。

ラズベリーパイよりもずっと多機能で強力な製品といえます。

Radxa Rock2 Square

16. UDOO Dual Basic

UDOO dual basic
出典 : UDOO

UDOO製品の中でも一番小さい製品がこの”UDOO Dual Basic”です。

1GHzプロセッサー、1GB RAM、2D&3Dアクセラレーター、HDMIポート、micro-USBポート×2、USB-Aポート×2、オンボードmicro SDカードリーダー、音声入出力ポート、そして”Arduino”対応のピンも搭載されています。

UDOO製品の中でも、最も良心的な価格的です。

また、”UDOO Neo”という後継機も要チェックです。

UDOO Dual Basic UDOO Neo

17. VoCore

VoCore
出典 : VoCore

“VoCore”はオープンハードウェアです。すべてがオープンソースで、オペレーションシステムはOpen WrtのLEDEで起動します。

機能がたくさんあり、USBポート、Wi-Fi、20以上のGPIOが、1平方インチ(2.54cm × 2.54cm)のとてもコンパクトな本体に搭載されています。

IoTの他にもスマートハウス、ルーターなどに使うことができます。この製品はデバイスのすべてを自分でコントロールすることができるので、汎用性がとても高いです。

VoCore

18. Tinker Board

Tinker Board

出典:Tinker Board

“Tinker Board”は、優れた互換性と最高の性能を備えた超小型フォームファクターのシングルボードコンピュータです。

最新のクアッドコアARMベースのプロセッサである Rockchip RK3288 を搭載し、他のシングルボードコンピュータと比較しても非常に優れた性能を持っています。

強力かつエネルギー効率に優れた設計なので、次世代のグラフィックスとGPUコンピューティングAPIをサポートしています。

Tinker Board

19. Gemini PDA

Gemini PDA

出典:Gemini PDA

“Gemini PDA”は、QWERTYキーボードを搭載した5.7インチAndroid/Linuxのモバイル端末です。2018年1月に出荷されたトレンド製品です。

大型のタッチスクリーンと大きなサイズのバッテリーは、使いやすさと携帯しやすさを兼ね備えていますね。

Gemini PDA

ラズベリーパイが人気な理由とは?

安さ

WindowsやMacOSの搭載された一般的なコンピュータより性能は低いものの、価格はなんと日本円にして約4300円程度です。

低スペックとはいえ、コストパフォーマンスはかなり高いです。ラズベリーパイモデルBは、900MHzのプロセッサー、1GB RAM、HDMIポート、カメラインターフェイス、ディスプレイインターフェイス、イーサネットポート、micro SDカードスロット、そしてGPUが搭載されています。

コミュニティが充実している

利用者が多いため、ノウハウが蓄積されているのも魅力的です。世界中での販売台数は1000万を超えています。ラズベリーパイ愛好者によるMeets upや勉強会も開催されるほど、多くのプログラマーに愛されています。

最後に

ラズペリーパイに比べて、Wi-Fi、オンボードストレージなどの標準搭載機能が豊富な機種がほとんどでした。とても高いスペックの製品もあれば、ひとつの機能に特化した製品もありましたね。

それぞれの特徴を比べつつ、興味がある製品にトライしてみてください。

(翻訳:Juri Ando)

SHARE