近年は「リモートワーク」という場所に縛られない働き方が注目を浴びています。

リモートワークを導入することで働き方の選択肢が増える一方、リモートワークならではの問題点もあります。

そこで、今回はリモートワークとはどのような働き方なのかを確認しつつ、リモートワークのメリットとデメリットをまとめました。

リモートワークを検討している方、会社でリモートワークを導入するかお悩みの方は是非参考にしてください。

Remote(遠隔)でWork(仕事する)のがリモートワーク

まずは、リモートワークとは何かを確認しましょう。リモートワークとは、会社のオフィスに行くことなく、自宅やコワーキングスペースなどで働くことです。英語では、Remote(遠隔) Work(仕事する)と書きます。

ノマドワーク、在宅勤務、テレワーク、クラウドソーシングとの違いは?

リモートワークと似たような言葉に、ノマドワーク、在宅勤務、テレワーク、クラウドソーシングなどがあります。

一体、リモートワークとどのような違いがあるのでしょうか?

リモートワークとノマドワークの違い

ノマドワークとは、パソコンやタブレット端末などを持ち歩き、WiFiのあるカフェやコワーキングスペースなど、オフィスではない場所で仕事をするワークスタイルのことです。「ノマド」はフランス語で「遊牧民」を意味します。ノマドワークをおこなう「ノマドワーカー」は、雇用の有無に関係なく仕事をします。

一方でリモートワークは、企業の従業員が社外で作業する労働形態です。ノマドワークのほうがフリーランスの働き方に近いワークスタイルだといえます。

リモートワークとテレワークの違い

テレワークとは総務省によると、「ICT を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」と定義されます。テレワークは、リモートワークよりも広い意味での柔軟なワークスタイルで、企業の従業員のみならず、個人事業主やフリーランスも対象としています

テレワークは、「雇用型テレワーク」と「自営型テレワーク」の2種類に分類されます。

雇用型テレワーク

  • 在宅勤務 自宅を就業場所とするもの
  • モバイルワーク 施設に依存せず、いつでも、どこでも仕事が可能な状態なもの
  • 施設利用型勤務 サテライトオフィス、テレワークセンター、スポットオフィス等を就業場所とするもの

自営型テレワーク

  • SOHO 主に専業性が高い仕事を行い、独立自営の度合いが高いもの
  • 内職副業型勤務 主に他のものが代わって行うことが容易な仕事を行い、独立自営の度合いが薄いもの

リモートワークと在宅勤務の違い

在宅勤務は、厚生労働省によると自宅で勤務で業務をおこなうことと定義されており、テレワークの一部です。

在宅勤務は、勤務場所が自宅に限定されている働き方なので、リモートワークの働き方のうちのひとつでもあります。

リモートワークとクラウドソーシングの違い

クラウドソーシングとは、不特定多数の人に仕事を委託することです。英語のcrowd(群衆)とsourcing(業務委託)をかけあわせた造語です。

クラウドソーシングの仕組みは、発注者がインターネット上のウェブサイトで受注者を公募し、仕事を発注するというものです。日本ではランサーズやクラウドワークスなどが代表的なサービスです。

リモートワークは企業から雇用される場合も、外部からの委託業務を行う場合も含まれるのに対して、クラウドソーシングは外部委託業務が勤務形態の中心です。リモートワークのほうが働き方の定義としては広いといえるでしょう。

【働き手側】リモートワークを導入するメリット/デメリット

リモートワークは、導入する企業と個人両方にメリット・デメリットがあります。まずは働き手側のメリット/デメリットを解説していきます。

働き手から見たリモートワークのメリット

リモートワークを導入することで、働き手はどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?以下にまとめます。

【メリット】

  • 好きな時間に好きな場所で働ける
  • 工夫次第で仕事の生産性を上げることができる
  • 育児などの制約がある人でも働きやすい
  • 私服で働ける

メリット1:好きな時間に好きな場所で働ける

リモートワークの場合、決められた仕事を完遂すればいいので、時間と場所の制約がありません。

たとえば、決まった場所で決まった時間に働く必要がないので、混んでいる時間に満員電車に乗る必要がありません。

満員電車に乗ってオフィスへ通うと健康面、メンタル面に悪影響がありますから、満員電車に乗らなくていいだけでリモートワークを導入する意味があるといっても過言ではないでしょう。

カフェ、家、お気に入りの場所、気分転換でいつもと違う場所。どこで仕事をしてもいいのです。

また、働く時間が自由なので休みの時期も選べます。

旅行が好きな人であれば、混雑を避けて旅行の計画を組めます。

メリット2:工夫次第で仕事の生産性を上げられる

オフィスで働くよりも働く場所の制約がないので仕事のスケジュール、使用するツール、働く場所などを工夫して仕事の生産性を上げる余地が大いにあります。いかにして仕事のパフォーマンスを上げることができるのかを日々工夫することができれば生産性は上がるでしょう。

また、会社の同僚や上司との世間話、人数を割くのみで重要なことが決まらない非生産的な会議、夜の接待などがなくなります。仕事に集中できれば、生産性がぐっとアップします。

メリット3:育児など制約がある人でも働きやすい

育児や介護などの理由で、フルタイムで働くことが難しい人の場合は、リモートワークの導入によって非常に働きやすくなるでしょう。

リモートワークが可能なら、、安心して働くことができるので、家事、育児、仕事の両立ができます。

メリット4:私服で働ける

リモートワークではオフィスへ行く必要がないので私服で働くことができます。

「毎日スーツで働くのが苦手!」という人はリモートワークができると、スーツを着るストレスがなくなり気持ちよく仕事ができるでしょう。

会社やほかの人に指示されなくても自分のことを律することができる人はリモートワークのメリットが多くありますね。

働き手から見たリモートワークのデメリット

【デメリット】

  • 孤独になりやすい
  • スケジュールや仕事をきちんと管理しないとかえって生産性が悪くなる
  • 仕事がwifi環境に依存する

自由が得られるぶん、自分でコミュニケーション、こなすべき仕事、時間、インターネット環境をコントロール必要があります。以下でひとつずつ解説します。

デメリット1:孤独になりやすい

リモートワークはオフィスに行く必要がないので、会議や雑談など人と会話をする回数が減ってしまう可能性があります。

自分で会話をする機会を作らないと孤独になりがちです。

コワーキングスペースで仕事をしたり、イベントに参加することでコミュニケーションをとりましょう。チャットなどのコミュニケーションツールを使うのも効果的です。

コワーキングスペースについて知りたい方は、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

デメリット2:スケジュールや仕事をきちんと管理しないとかえって生産性が悪くなる

工夫すれば生産性を上げることができる反面、スケジュールやタスクの管理がうまくできないと仕事の生産性がかえって悪くなってしまいます。

  • 休憩していたら休憩時間が長くなりすぎて仕事が終わらない
  • 遊びすぎ、休み過ぎで仕事が進まない
  • 仕事に夢中になって会社勤務の時よりも寝るのが遅い
  • 休日も仕事をしているので年中無休になってしまった
  • だらだら仕事をしてしまうので、生産性が低い

上記のようにならないよう、仕事の生産性を上げる工夫をしましょう。

デメリット3:仕事がwifi環境に依存する

好きな場所で働けるとは言うものの、リモートワークの多くはパソコンを使う仕事なので仕事環境はwifiが必須です。

wifiがないと仕事になりませんので、好きな場所で働きたいからといって山奥の電波がないところで働くことはできません。

安定したwifiがある場所を確保しましょう。wifiがある限りあなたは自由に働けます。

【企業側】リモートワークを導入するメリット/デメリット

企業から見たリモートワークのメリット

ここからは、企業の経営者や人事部門の担当者にとって、リモートワークを制度導入することで想定されるメリット/デメリットを解説していきます。

【メリット】

  • オフィス関連のコスト削減
  • 従業員の生産性が向上する可能性がある
  • 優秀な人材を採用しやすい
  • 従業員満足度が上がる

メリット1:オフィス関連のコスト削減

従業員がオフィスで働く場合、以下のようなコストが発生します。

  • オフィスへ通うための交通費
  • オフィスに従業員が入るためのオフィススペース代(土地代、建物代)
  • 従業員が働くために必要な備品代
  • 会社の経費で行う飲み会などの料金

リモートワークを導入するだけで、コストを削減できるというのは企業にとって大きなメリットといえるでしょう。

メリット2:従業員の生産性が向上する

「働き手にとってのメリット」で説明したように、リモートワークを導入することで従業員は仕事の工夫ができる余地が増え、働きやすい時間に好きな場所で仕事に取り組めます。生産性の向上が期待できますね。

現在、働き方改革の中で生産性を上げることは大きなテーマとなっています。リモートワークを導入して社員の生産性を上げましょう。

メリット3:優秀な人材を採用できる可能性が上がる

リモートワークを導入すると、

・距離(国境)
・労働時間
・勤務地
・やむを得ないスケジュール

以上の働き方の制約がなくなるので人材を採用する際に優秀な人材を採用できる可能性が高くなります。

リモートワークOKという条件で採用活動をおこなうと、企業の価値観に合った優秀な人材と出会うことができるかもしれません。

メリット4:従業員満足度が上がる

従業員のスケジュールが自由になり、仕事に集中でき、通勤のストレスがなくなるので、従業員満足度を上げられます。

従業員の満足度が上がれば離職率が下がり、仕事に集中して取り組む社員が増え、結果的に会社の生産性が向上します。。リモートワークは働き手だけでなく、企業もメリットを得られるでしょう。

企業から見たリモートワークのデメリット

【デメリット】

  • 従業員の生産性が上がるのか下がるのかわからない
  • 直接コミュニケーションの減少
  • オフィスの求心力の低下
  • 評価がしにくくなる

デメリット1:従業員の生産性を管理できなくなる

リモートワーク導入には、メリットだけでなくデメリットもあります。。

リモートワークによって働き手は制約がなくなります。その結果、生産性が上がる人もいれば、一方で生産性が下がる人もいます。

最終的にリモートワークによって生産性が上がるかどうかは従業員次第です。

企業側としては、コミュニケーションツールの導入や、共通目標を設定するなど、働き手の生産性が上がるよう工夫する必要があります。

デメリット2:直接的なコミュニケーションの減少

リモートワークによって従業員同士が直接会話する機会は減ります。

直接的なコミュニケーションが減ると、非生産的な会議や長すぎる雑談を省くだけでなく、信頼関係を築くために必要なコミュニケ―ションも省いてしまう可能性があります。

チャットツールやグループウェアを導入することで、仕事で必要なコミュニケーションをとれる状況を作ることが大切。

デメリット3:会社への愛着がなくなる可能性がある

リモートワークが定着すると、多くの従業員が「わざわざオフィスに行く必要がないのではないか?」と考えます。

会社への愛着がなくなってしまうことを避けるために、

  • 会社からのメッセージを定期的に発信する
  • コミュニケーションツールを導入する
  • やりがいのある仕事を提供する
  • 社員一人一人の状況を理解できる仕組みを作る

上記の施策が重要になります。オフィスに行かなくなる分、会社での働きがいをどのように作るかがポイントです。。

デメリット4:社員を評価しにくい

リモートワークは時間、場所に縛られない働き方なので、勤務時間による評価ができません。

必然的に「成果」を基準に評価することになりますが、成果の定義はわかりづらいです。成果の定義がわかりづらいと従業員は「リモートワークはをすると評価されにくい」と考えてしまいます。

リモートワークを導入する場合は、成果の基準を明確にしましょう。

リモートワークを導入するために必要なこと

リモートワークは働き手にとっても、企業にとってもメリットデメリットが多くあることがわかってもらえたでしょうか?

今までにない自由な働き方ですので、働き手も企業もリモートワークを導入するために注意すべきポイントがあります。

以下に働き手、企業がそれぞれリモートワークを導入するために必要なことをまとめます。

働き手がリモートワークを行うために大切なこと

  • 人と直接的なコミュニケーションをとる機会を確保する
  • 仕事とプライベートの両方を含めたスケジュール管理をする
  • 自分のレベルアップのための投資をする
  • wifiのある場所を把握する
  • 外へ出る時間を作る
  • 自分の仕事、生活を含めた長期的なプランを作る

企業がリモートワークを導入するために大切なこと

  • グループウェアの導入
  • リモートワークのルール決め
  • 成果の基準の明確化
  • チャットツールの導入
  • メッセージの発信

リモートワークができるフリーランスを目指してみませんか?

この記事を読んでみて、リモートワークという働き方に魅力を感じた方も多いのではないでしょうか。そのような方におすすめなのが、フリーランスという働き方です。

フリーランスのためのお仕事マッチングサービス「Workship」では、実際に公開募集している案件の56%がリモート案件になっています。

またWorkshipにはエージェント機能もついており、契約後の働き方やトラブル対応など、応募後のサポートまでしてくれるので、これからフリーランスとしての独立を考えている方でも安心です。

ぜひこの機会に、フリーランスという働き方を選択肢のひとつに入れてみてください。

Workshipを使ってみませんか?

Workshipを使ってみませんか?

詳細

フリーランス利用料無料(お仕事成約でお祝い金1万円)
登録者数17,000人
マッチング最短即日

おわりに

今回は働き方改革の中で多くの話題を集めるテーマの一つであるリモートワークについて取り上げました。

リモートワークは、「もっと自由な働き方をしたい!」と考える人にとって非常に魅力的ですが、問題点たくさんもあります。

企業にとっても、大きなメリットもあれば、新しい制度を導入する難しさなどデメリットもあります。

メリットとデメリットを正確に理解したうえで、働き手にとっても、企業にとっても良いワークスタイルを作りあげていってください。

(執筆:Seiji 編集:Workship MAGAZINE編集部)

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ