実はデメリットが多い!? リモートワークのメリット&デメリットを解説

コロナ禍の影響で、急速に普及したリモートワーク。

リモートワーク導入の効果が話題になる一方、問題点も浮かびあがっています。

そこで、今回はリモートワークとはどのような働き方なのかを確認しつつ、リモートワークのメリットとデメリットをまとめました。

リモートワークを検討している方、会社でリモートワークを導入するかお悩みの方は是非参考にしてください。

Remote(遠隔)でWork(仕事する)のがリモートワーク

リモートワークとは、「オフィスに行かず、自宅やコワーキングスペースなどで働くこと」。英語では、Remote(遠隔) Work(仕事する)と書きます。

ノマドワーク、在宅勤務、テレワーク、クラウドソーシングとの違いは?

リモートワークと似た言葉に、ノマドワークや在宅勤務、テレワーク、クラウドソーシングがあります。これらとリモートワークとの違いは何でしょうか?

リモートワークとノマドワークの違い

ノマドワークとは、パソコンやタブレットを持ち歩き、カフェやコワーキングスペースなどで仕事をするワークスタイルのことです。「ノマド」はフランス語で「遊牧民」を意味します。ノマドワークをおこなう「ノマドワーカー」は、雇用の有無に関係なく仕事をします。

一方でリモートワークは、企業の従業員が社外で作業する労働形態です。自宅での勤務も含まれます。

リモートワークとテレワークの違い

総務省によると、テレワークとは「ICT を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」。リモートワークと異なるポイントは、時間の概念にも触れていることです。

働く時間にも柔軟性を持たせた分、リモートワークよりも自由なワークスタイルといえます。

テレワークは「雇用型テレワーク」「自営型テレワーク」の2種類に分類されます。

雇用型テレワーク

  • 在宅勤務:自宅を就業場所とするもの
  • モバイルワーク:施設に依存せず、いつでも、どこでも仕事が可能な状態なもの
  • 施設利用型勤務:サテライトオフィス、テレワークセンター、スポットオフィス等を就業場所とするもの

自営型テレワーク

  • SOHO:主に専業性が高い仕事を行い、独立自営の度合いが高いもの
  • 内職副業型勤務:主に他のものが代わって行うことが容易な仕事を行い、独立自営の度合いが薄いもの

リモートワークと在宅勤務の違い

在宅勤務は、厚生労働省によると「自宅で業務をおこなうこと」と定義されています。勤務場所が自宅に限定されていますが、リモートワークの1種です。

リモートワークとクラウドソーシングの違い

クラウドソーシングとは、「不特定多数の人に仕事を委託すること」。英語のcrowd(群衆)とsourcing(業務委託)をかけあわせた言葉です。

クラウドソーシングの仕組みは、発注者がインターネット上のウェブサイトで受注者を公募し、仕事を発注するというもの。

つまり、クラウドソーシングは外部委託業務を行う勤務形態です。たいして、リモートワークは従業員としての業務をする場合も外部から依頼された委託業務を行う場合も含まれます。リモートワークのほうが働き方の定義としては広いといえるでしょう。

【働き手側】リモートワークを導入するメリット/デメリット

リモートワーク 働き手側

リモートワークは、導入する企業と働き手、それぞれ違うメリット・デメリットがあります。まずは働き手側のメリット/デメリットを解説します。

働き手から見たリモートワークのメリット

メリット1:好きな環境で働ける

自宅で働くことの多いリモートワーク。会社と違い、自分好みのデスクや椅子、モニターを使えます。部屋の明るさや温度が自分次第なのも嬉しい点。また、場所の指定がなければ、旅をしながら働くことも可能です。

自分に合わせた快適な環境を作りやすいため、集中力や生産性が大きく向上することがあります。

メリット2:時間の余裕が生まれ、生産性を上げられる

オフィスに出勤する必要がないため、移動時間がほとんどかかりません。在宅の場合、出勤にかかる時間は0分です。

また、オフィスに集まらないため、同僚や上司と世間話する機会や接待、会議も比較的少なくなります。

空いた時間を業務や勉強、休養にあてられるため、業務効率があがる可能性があります。

メリット3:育児など制約がある人でも働きやすい

リモートワークは、家事や育児、介護と両立しやすいのもポイントです。

子どもの様子を見守りつつ仕事したり、休憩中に家事をこなしたりできるため、制約がある人でも比較的働きやすい業務形態といえます。

働き手から見たリモートワークのデメリット

デメリット1:孤独になりやすい

リモートワークでは、ランチや会議が少なくなるため、人と話す回数が減ります。そのため、孤独からストレスを感じる人もいます。

孤独が辛い人は、チャットやビデオ会議で雑談する機会を作ったり、コワーキングスペースを利用して人と話したりして、寂しさを解消しましょう。

コワーキングスペースについて知りたい方は、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

デメリット2:スケジュールやタスクを自己管理できないと生産性が下がる

工夫すれば生産性を上がる反面、スケジュールやタスクを自己管理できないと生産性が低下してしまいます。

  • 遊びすぎ、休み過ぎで仕事が進まない
  • 仕事を終えるタイミングが見つからず、体調を崩す
  • 休日も仕事をしているので年中無休に
  • だらだら仕事をしてしまうので、生産性が低い

上記のようにならないよう、仕事の生産性を上げる工夫をしましょう。時間割を作ったり、進捗報告を頻繁に行ったりするのもオススメです。

デメリット3:仕事がネット環境に依存する

リモートワークではネット環境が必須です。

オンラインで会議や商談が行われることも増えたため、ネット環境はさらに重要に。音声の遅延や途中切断があると、自分の印象を悪くする可能性もあります。

リモートワークを行う際には、安定して通信できるネット環境を整えておきましょう。

【企業側】リモートワークを導入するメリット/デメリット

リモートワーク 企業側

企業から見たリモートワークのメリット

ここからは、企業の経営者や人事部門の担当者にとって、リモートワーク制度を導入することで想定されるメリット/デメリットを解説していきます。

メリット1:オフィス関連のコスト削減

従業員がオフィスで働く場合、以下のようなコストが発生します。

  • オフィスに通うための交通費
  • オフィススペース代(土地代、建物代、水道光熱費など)
  • オフィスの備品代
  • 会社の経費で行う飲み会などの料金

リモートワークを導入するだけで、コストを削減できるのは企業にとって大きなメリットでしょう。

メリット2:従業員の生産性が向上する

「働き手にとってのメリット」で説明したように、リモートワークの場合、従業員は業務環境やタスク管理の工夫ができる余地が増えるため、生産性の向上が期待できます。

さまざまなメディアで、リモートワークで生産性を向上するノウハウもが紹介されています。ぜひ、情報を集めて社内に共有してみてください。

メリット3:優秀な人材を採用できる可能性が上がる

リモートワークでの勤務を条件とする求職者が増えています。

また、リモートワークを導入すると、

  • 距離(国境)
  • 労働時間
  • 勤務地

などの制約がなくなるため、優秀な人材を採用できる可能性が高くなります。

条件にあう人材となかなか出会えないという場合は、リモートワークOKと広報し採用活動をおこなってみるのもオススメです。

メリット4:従業員満足度が上がる

リモートワークを導入すれば、多くの人がストレスを感じる通勤の必要がなくなり、従業員のスケジュールにも余裕が生まれるため、従業員満足度が上がる可能性があります。

従業員の満足度が上がれば離職率も下がり、結果的に業務体制の安定や会社の業績につながります。

企業から見たリモートワークのデメリット

デメリット1:従業員の生産性を管理できなくなる

リモートワークは社員の自主性に委ねることが多いため、最終的に生産性が上がるかどうかは従業員次第です。

企業側としては、コミュニケーションツールの導入や目標設定などで、従業員の生産性が上がるよう工夫する必要があります。

デメリット2:コミュニケーションの減少

リモートワークによって従業員同士が直接会話する機会は減ります。

非生産的な会議や長すぎる雑談を省けるのがメリットですが、一方で信頼関係を築くために必要なコミュニケ―ションが取れなくなる可能性も。

チャットツールやグループウェアを導入することで、仕事で必要なコミュニケーションをとれる状況を作ることが大切です。

デメリット3:会社への愛着心が低下する

リモートワークには、会社への帰属意識をなくすという懸念もあります。

会社への愛着がなくなってしまうことを避けるために、

  • 会社からのメッセージを定期的に発信する
  • コミュニケーションツールを導入して積極的に業務に取り入れる
  • 気軽な話題を共有するオンラインでの定例ミーティング(朝会など)を設ける
  • 社員一人ひとりの状況を理解するよう面談の機会を定期的に設ける

などの施策が重要になります。オフィスに行かなくなる分、会社での働きがいをどのように作るかがポイントです。

デメリット4:社員を評価しにくい

リモートワークは時間、場所に縛られない働き方のため、勤務時間による評価ができません。

必然的に「成果」を基準に評価することになりますが、成果の定義はわかりづらいもの。成果の定義がわかりづらいと従業員は「ちゃんと評価されていない」と考えてしまいます。

成果の基準を明確化し、従業員に対してしっかりと説明しましょう。

デメリット5:押印やFAX対応ができない

最近ではオンラインで完結できる会社も増えてきましたが、まだまだ紙の書類による管理や、契約書の押印、FAX対応をせざるを得ない会社も多いでしょう。

「印鑑を押すために会社に出社」なんてニュースが流れることもありますが、笑いごとではありません。会社の状況や取引先にあわせて、どうしても出社せざるを得ない社員がいることは把握すべきでしょう。

リモートワークを導入するために必要なこと

リモートワークを導入するために、働き手も企業も注意すべきポイントがあります。

働き手がリモートワークを行うために大切なこと

  • 人と直接的なコミュニケーションをとる機会を確保する
  • 仕事とプライベートの両方を含めたスケジュール管理をする
  • 働く環境を整えるための投資をする
  • ネット環境を整える
  • 外へ出る時間を作る
  • 自分の仕事、生活を含めた長期的なプランを作る

先述したとおり、リモートワークのデメリットには「孤独になりやすい」「タスクを自己管理する必要がある」「ネット環境に依存する」という問題があります。逆に言うと、これらを解消することでリモートワークは快適なものになるでしょう。

中でもネット環境は、仕事の効率性を考える上でもっとも大切な要素です。以下では、繋がりやすいWi-Fiをお得に利用できるレンタルサービスを3種類ご紹介します。

クラウドWi-Fi

クラウドWi-Fi

月間100GBまで使い放題のポケットWi-Fi。最新機種のルーターを使えるため、通信速度も下り150Mbps、上り50Mbpsと速いのが特徴です。

最大10台まで同時接続ができるので、家族みんなで使えます。料金も一律3,150円と分かりやすいのも嬉しいですね。最短即日で届く使い勝手のいいWi-Fiです。

クラウドWi-Fiの詳細をみる

地球Wi-Fi

地球Wi-Fi

初月、無料で借りられるポケットWi-Fi。

このWi-Fiも100GBまで制限なく使い放題。その時々につながりやすい回線へと自動接続するため、オンラインMTGでも遅延が少ないのがポイントです。

海外でも利用できるため、出張や旅行もこのWi-Fi一台で対応できます。

地球Wi-Fiの詳細をみる

NETAGE

NETAGE

どのWi-Fiがいいか悩んでいる方や、実際に試してから決めたい方におすすめの『NETAGE』。

初期費用や手数料もなく1日400円〜から借りられるため、さまざまなWi-Fiルーターを気軽に試せます。17時までに注文すれば翌日受け取りが可能。返却も、コンビニやポストから発送できるなど、最小限の手間で自分にあったWi-Fiルーターを探せます。

NETAGEの詳細をみる

企業がリモートワークを導入するために大切なこと

  • 従業員とのコミュニケーション強化
  • リモートワークのルール決め
  • 成果の基準の明確化
  • チャットツールの導入
  • グループウェアの導入
  • 各種サポートツールの導入

企業側のリモートワーク導入のデメリットとして、「従業員の生産性を管理できなくなる」「コミュニケーションの減少」「会社への愛着心低下」「社員を評価しにくい」「押印やFAX対応ができない」などが挙げられました。それらを解消するためには、リモートワークに適したルール作りのほか、オンラインで使える各種サポートツールを導入して、社員が働きやすい環境を作る必要があります。

リモートワークにおけるおすすめのサポートツールとして、以下のようなものがあります

eFax

eFAX

自宅のPCやスマホから、FAXの送受信ができるサービスです。自分で固定電話回線を用意する必要もなく、しかも専用のFAX番号まで付与してもらえます。

FAXのためにオフィス出社……なんてことをしている方は、ぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

eFaXの詳細をみる

クラウドサイン

クラウドサイン

契約書の送付・押印・保管がすべてオンライン上で完結できる電子契約サービス。

押印の手間が省ける他、郵送費削減や契約書管理スペースの削減にも繋がります。弁護士監修のため、法律面も安心です。

クラウドサインの詳細を見る

リモートワークができるフリーランスを目指してみませんか?

この記事を読んでみて、リモートワークという働き方に魅力を感じた方も多いのではないでしょうか。そのような方におすすめなのが、フリーランス。働く場所や時間などをすべて自分で決められる働き方です。

近年は、政府が働き方改革を進めていることもあり、さまざまな企業がフリーランスを求めています。

フリーランスのためのお仕事マッチングサービス『Workship(ワークシップ)』では、600以上の企業案件を掲載。そして、実際に公開募集している案件の66%がリモート案件です。

またWorkshipにはエージェント機能もついており、契約後の働き方やトラブル対応など応募後のサポートまでしてくれるので、これからフリーランスとしての独立を考えている方でも安心です。

ぜひこの機会に、フリーランスという働き方を選択肢のひとつに入れてみてください。

(執筆:きよふみ 編集:Workship MAGAZINE編集部)

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。

30,000人以上が使う日本最大級のお仕事マッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・複業・副業向けお仕事マッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 30,000人以上のフリーランス、パラレルワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち60%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

登録から案件獲得まで、利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

>フリーランス・複業・副業ワーカーの方はこちら

>法人の方はこちら

Workship CTA

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ