RSSリーダーを使ってキュレーションメディアを作ろう!WordPress用RSSリーダープラグインおすすめ5選

RSSリーダーは、WordPressを用いたどんなWebサイトにおいても、しっかりとその真価を発揮します。

RSSリーダーを使用すれば、複数のソースから記事コンテンツをピックアップし、サイトの読者と共有することができます。この方法なら、元のコンテンツを定期的に作成しても問題がなく、また記事コンテンツ不足によってブログへのトラフィックを失う心配もありません。

本記事では、RSSリーダーとは何なのか、そしてRSSリーダーを使って何ができるかを詳しく説明していきます。
また、WordPress用の無料RSSリーダープラグインを5つご紹介し、その主要機能をご紹介していきます。

この記事を読めば、RSSリーダーの使い方をマスターできるようになるでしょう!

RSSリーダーとは?

「RSS(Really Simple Syndication)」とは、お気に入りのブログ記事、記事、オンラインコンテンツを、単一のプラットフォームに標準化された形式で保存することができるツールのことを指します。もしあなたがスマートフォンでFlipboardFeedlyGoogle News、またNewsPicksSmartNewsを使ってニュース記事を読んだことがあるのならば、すでにRSSリーダーの仕組みを理解していることでしょう。

そして 「RSSリーダー」とは、複数のプラットフォームで更新された新しい記事コンテンツを自動的にピックアップするツールです。「RSSアグリゲータ」とも呼びます。新しくアップロードされた記事コンテンツが見つかると、RSSリーダーがインストールされているデバイスにそのコンテンツを送ります。Flipboardを使用している場合は、Flipboardアプリに記事コンテンツが送信されます。また、WordPressプラグインを使用している場合は、コンテンツが自動的にWebサイトに表示されます。

RSSの主な利点は、あなたがお気に入りのウェブサイトのRSSフィードを購読することで、当該サイトの記事コンテンツをわざわざサイトに訪問してチェックする必要がなくなることです。代わりに、新しい記事コンテンツが公開される度に、RSSリーダーでコンテンツをチェックできます。RSSリーダーは、モバイルデバイス(Flipboard)、デスクトップコンピュータ(FeedDemon)、もしくはWebサイトにインストール可能です。

RSSリーダーを活用した記事コンテンツ配信例

RSSリーダーを有効活用した例として、次のようなものが挙げられます。

  • キュレーションメディア: RSSリーダーを使用することで、複数のソースから自動的にコンテンツを選別し、Webサイトに表示できます。例えば、ゲーム情報Webサイトの場合、サイト上に高品質のゲームブログのコンテンツを選別するセクションを作成することが可能です。
  • メールマガジン:メールマガジンのオリジナルコンテンツ作成は、毎週やるとなると、結構な負担になります。そこで、RSSリーダーを使うのです。読者が興味を持っている別のWebメディアから関連記事をピックアップし、配信することができます。
  • 求人票リスト: RSSリーダーを使用すると、条件と一致した求人情報をリスト化するジョブボードを作成することができます。さらに、求人情報を自動的に更新し、常に最新の求人票が表示される状態に保つことも可能です。

もちろん、RSSリーダーで出来ることは他にも沢山あります。Webサイトの種類や目的にもよりますが、一旦RSSリーダーをセットアップすれば、その可能性は無限に広がること間違いなしです。

WordPress用のRSSアグリゲータプラグイン おすすめ5選

では、RSSリーダーを使用して、自分の運営するWebサイトの読者に他プラットフォームの記事を提供するにはどうすれば良いのでしょうか?

そこで便利なのが、Wordpress用のRSSリーダープラグインです。

WordPress用のRSSリーダープラグインに搭載されている機能は、実に種類豊富です。本記事でご紹介するプラグインは、すべて簡単に使い始めることができる上に、後から購入も可能なプレミアムバージョン(もしくはプレミアムアドオン)が用意されているので、さらにレベルアップさせることもできます。

1. WP RSS AGGREFATOR

WP RSS Aggregator使えば、WordPressで制作したWebサイト上で、RSSフィードやAtomフィードをインポート/マージ/表示することができます。プラグインは実に直感的で使いやすい仕様になっています。コアプラグインは無料で提供されており、無制限のソースから好きなだけRSSフィードを集約することができます。

プラグインをすべて設定したら、WordPressのテキストエディタのツールバーにあるRSSオプション(もしくはショートコードとパラメータ)を使用して、フィードをWebサイトに表示できます。また、インポートした投稿のタイトルとソース名を自動的にリンクさせられるようにプラグインを設定したり、作成者の名前・日付・およびソースの表示/非表示を設定することも可能です。

主な特長

  • フィードの更新プロセスを制御できる
  • タイトルのみインポートするよう設定可能
  • 保存するRSSフィードの数を制限できる
  • YouTubeDaily MotionVimeoで動作可能

2. FEEDWORDPRESS

FeedWordPressを使えば、WordPressで制作したWebサイトに、RSSフィードとAtomフィードの両方をインポートできます。このプラグインの使いやすさは驚異的です。ユーザーは、含めたいソースのフィード(またはWebサイトのURL)を入力するだけでOK。あとは全てプラグインが全て処理してくれます。

このプラグインは、カスタマイズ性が非常に高いです。フィード、投稿、作者、カテゴリ等、設定オプションが複数用意されています。さらに、フィードソースをどのようにキャッシュするか等の条件設定も可能です。

主な特長:

  • インポートした投稿にカテゴリ、タグ、メタデータを割り当てられる
  • 日付で投稿を制限できる
  • 一度に複数のフィードソースを追加できる

3. RSS INCLUDES PAGES

RSS Includes Pages

RSS Includes Pagesは、インポートされたRSSフィードのポストだけでなく、Webページ全体まで組み込むことができます。またこのプラグインの長所は、Webサイトコンテンツの大部分を異なる投稿タイプが占めるよう設定できる点にあります。

加えてこのプラグインは、他のRSSフィードプラグインと互換性があります。つまり、このプラグインを使用して、他のプラグインからインポートしたコンテンツを補うことができるのです。

ただし、RSS Includes Pagesプラグイン単体では、新しいフィードの作成ができません。そのため、ページやカスタム投稿の種類を追加することでしか既存のフィードを修正できないという側面があります。

主な特長:

  • 既存のフィードにページやカスタム投稿を追加できる
  • 他のRSSフィードプラグインでも動作可能
  • RSSフィード(ページを含む)を変更可能

4. RSS POST IMPORTER

他のプラグインは、RSSフィードをWordPress Webサイトにインポートした上で、フロントエンドに表示させるものですが、RSS Post Importerの場合は、その投稿が実際の投稿としてインポートされます。つまり、フィードアイテム(インポートされた投稿)は、スタンドアローンの投稿として表示されます。

RSS Post Importerを使えば、必要な数のソースから、大量のフルテキスト投稿を好きなだけインポートできます。また、さらに新しいコンテンツが自動的に更新されるので、手動の操作は必要ありません。

主な特長:

  • フルテキストRSSフィードを自動的にインポートできる
  • フィードごとの投稿とカテゴリの数を設定可能
  • インポートした投稿の、著者の割り当てが可能
  • 各投稿にHTMLコード/テキストを追加するオプション有。

5. RSSIMPORT

とにかく早く・簡単にWordPressでキュレーションメディアを始めたいのであれば、RSSImportがオススメです。RSSImportプラグインを使用すると、インポートしたフィードアイテムを簡単にWebサイト上に表示できます。ポストの表示には、ウィジェット・ショートコード・PHPコードを使えます。

本プラグインの一番の長所は、インポートしたRSSフィードを、サイトのフロントエンドで見栄え良く表示できることです

インポートしたコンテンツをイメージ通りに表示するために、ショートコードオプションを使用したパラメータも複数用意されています。

主な特長:

  • 直感的で使いやすい
  • インポートされたフィード項目をウィジェットに表示できる
  • フロントエンドでのコンテンツの表示方法を制御できる

まとめ

優れたRSSリーダープラグインを使用することで、他プラットフォームから記事コンテンツをピックアップして既存の記事コンテンツを補完することができます。

今回はおすすめのWordPressRSSリーダープラグインを5つご紹介しましたが、気になったプラグインがあれば実際に試して、あなたのWebサイトに最適なものを見つけ出してください!

(翻訳:Ayaka Takei)

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ