BizOn! Ads

SEOに有効な見出し・段落を作るための5つのポイント

SEO Friendly Paragraphs
MARKETER

見出しや段落で文章を区切ることは、読者にとってもSEOにとっても重要です。同じ内容でも、見出し・段落があるかないかで、読みやすさや検索順位は大きく左右されます。

今回は、SEOの観点でみた見出しや段落の重要性と作り方を解説します。

SEOと見出し・段落の関係

文章を小さなかたまりに分けて構造化する「見出し・段落」は、文章が理解しやすくなる効果があります。

また、文章の関連性が明確になるメリットも。とくに小見出しを併用している場合、より分かりやすくなります。では、SEOとはどのような関係があるのでしょうか。

Googleは、人間の体験を模倣します。そのため、見出しを使い段落を明確に分けておくと、Googleは文章がうまく構造化されていると判断し、文章をきちんと読み込むため、記事の評価につながりやすくなるのです。

SEOに強い見出し・段落5つのポイント

ここからは、SEOに強い見出しと段落の条件を具体的に解説します。

1. ひとつの段落、ひとつの話題

ひとつの段落に話題を複数詰め込むのは避けましょう。取り上げるトピックは一段落につき、ひとつが原則です

ほかの話題に移りたいときは、段落を分けましょう。

2. 段落ごとに話題を完結させる

ひとつの話題はひとつの段落で完結させましょう。

段落が変わったのにも関わらず、話題が続いていると冗長的に感じられます。

3. 短くまとめる

SEOに強いのは、短くまとまった見出し・段落です。すべてが短い必要はありませんが、文章の要点は端的にまとめましょう

長い文章になる場合、形容詞や副詞などを削るか、複数の段落にわけるのをおすすめします。

4. 小見出しを活用する

段落に適切な小見出しをつけると、内容がより伝わりやすくなります。

小見出しだけを見て文章全体を読むかどうか判断される場合もあるため、情報が伝わるような小見出しをつけるようにしましょう。

5. コアセンテンスを意識する

人は読む価値がある文章かを判断するために、一度、文章全体にざっと目をとおす傾向があります。

なかでもよく読まれるのが、各段落の最初の文章。その文章のことを、ここでは「コアセンテンス」とします。

もっとも読まれる箇所であるコアセンテンスには、もっとも重要なメッセージを含めるのをおすすめします。よくできた記事は、コアセンテンスだけを読んでも内容が把握できるほどです。

また、SEOの意味でもコアセンテンスは重要です。これは、Googleが読者はコアセンテンスをまず読む傾向にあることを把握しているため。

Web上で文章を書く際にはコアセンテンスを意識し、段落の最初の文章にキーワードを入れるようにしましょう。

SEOに強い見出し・段落の作り方

条件を確認したところで、ここからは実際にSEOに強い段落を作る方法をご紹介します。段落を作る際には、以下のポイントを意識してみましょう。

  • その段落でなにを伝えたいのか、メッセージや中心的なトピックを決める。
  • メッセージを見出しに落としこみ、コアセンテンス部分にも配置する。
  • 2文目からはコアセンテンスを詳しく説明する補助的な文章を書く。異なる視点などを組み込むことも可能だが、トピックから外れないように注意する。
  • 結論部分の文章を書き、内容をまとめる。次のトピックへの移行文を書くのもおすすめ。
  • 段落が長すぎないか確認する。長すぎる場合、2つの段落に分けることを検討する。
  • 小見出しをつけることを検討する。つけるかどうか迷ったら、つけるのがおすすめ。小見出しには可能なかぎり狙いたいフォーカスキーワードを使う。
  • 長い文章は避ける。
  • 段落を読み返して、意味が通じるか確認する。

SEOに強い見出し・段落を作ろう

文章は、読んでもらうために存在しています。多くの読者に読んでもらうために、そしてGoogleに正しく評価してもらうために、今回ご紹介した内容を参考に見出しや段落を作ってみましょう。

たとえ同じ内容であっても、書きかたを工夫することで多くの人に読んでもらえる文章になるはずです。

(執筆:Marieke van de Rakt 翻訳:Asuka Nakajima 編集:少年B 提供元:yoast

SHARE

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE
マーケター副業案件
Workship