yup

SEOで重要と呼ばれるタグの1つであるタイトルタグ。

文字数やキーワードなど、SEO対策で順位を下げないための記事タイトルの付け方を紹介します。

SEOにおけるタイトルタグとは?

SEO対策で最も重要な要素の1つで、htmlタグの<title></title>でページのタイトルを指定するタグです。

検索結果で表示されるテキストであり、ページの内容を的確に表すテキストなので、とても重要視されています。

タイトルタグのテキストを変更するだけで順位が変わることもあります。

SEO対策で順位を下げないための記事タイトルの付け方

1.文字数は32文字くらいがおすすめ

タイトルタグの文字数は32文字くらいがおすすめです。

GoogleのアルゴリズムやPC・スマホなどデバイスの違いで表示される文字数は異なりますが、32文字であれば全てのテキストが表示される可能性が高いです。

ただ、長いキーワードや伝えたい内容によっては文字数が増えてしまうこともあるので、「site:」コマンドなど実際の表示を見て最適な文字数にすると良いでしょう。

2.タイトルに必ず1回キーワードを入れる

タイトルにキーワードを必ず1回入れましょう。タイトルにキーワード入れないと順位は上がりにくくなります。

そもそも、SEO対策では1ページ1キーワードが基本とされているため、対策するキーワードの内容で記事を作成したのであれば、ページの内容を表すタイトルに対策キーワードが入らないのはおかしなことでもあります。

3.キーワードは出来るだけ左側に

タイトルの中でも、キーワードは出来るだけテキストの左側に設置しましょう。

SEO対策としては、左側に設置することはそこまで効果がないと言われることもありますが、人間の左から文字を読む習性を考えると、左側にキーワードを置いた方が視認性がよくなるため、若干のSEO効果とSEO以外でもクリック率の増加を見込めます。

4.ユーザーニーズが合えばサジェストも効果的

タイトルにキーワードを検索した際に表示されるサジェストを入れる方法も効果的です。

サジェストは検索の際に、キーワードにプラスして知りたい内容が表示される可能性が高いので、サジェストをタイトルに付けて記事内容にも盛り込むことでSEO対策になります。

ただ、表示されるサジェストによっては、ユーザーニーズが異なる場合もあるので、対策キーワードのユーザーニーズを考えずむやみに入れるのはやめましょう。

5.日本語としておかしいのは絶対にダメ

タイトルは日本語としておかしくない文章にしましょう。

タイトルを付ける時に、無理やりキーワードを入れても順位は上がりません。むしろ下がる可能性が高いです。

正しい日本語でページの内容がわかる魅力的なタイトルを付けましょう。

そもそもキーワードはどうやって決めるの?

キーワードは「検索数の多さ」「競合の少なさ」「サイトのターゲットに合う度合い」で決めましょう。

どれだけキーワードに合う魅力的なタイトルを作ったとしても、検索数が無ければ検索エンジン経由でページが見られることはありません。

また、競合が強ければ順位は上がりにくいですし、そもそもサイトのターゲットに合わないキーワードでSEO対策を行っても意味がありません。

SEOのキーワード選定方法と選定に使える無料ツール

タイトルだけで順位が上がるほどSEOは甘くない

SEO対策として、タイトルが魅力的なだけでは、簡単に順位は上がりません。

ユーザーニーズを考えた上で、タイトルにマッチした質の高いコンテンツを作成しましょう。

SEOライティングでユーザーと検索エンジンのニーズを掴むコツ


新しい働き方にチャレンジしたいあなたへ。

「フリーランスとして働いているけど、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」

新しい働き方が加速する今こそ、キャリアの選択肢を広げるフリーランス・複業・副業向けお仕事マッチングサービス『Workshipをのぞいてみませんか?

  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち50%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまなお仕事が掲載
  • 万一のトラブル時にも無料で賠償責任保険つき
  • マッチング〜面談まで全てWorkship内で完結
  • お仕事成約でお祝い金1万円プレゼント!

登録から案件獲得まで、いっさいお金はかかりません。詳細は以下ページをご覧ください!

>フリーランス・複業・副業ワーカーの方はこちら

>法人の方はこちら

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ