スマートビルディングとは?運用に必要な5つの準備

スマートビルディングとは、IoTテクノロジーを活用した、効果的、効率的に運用できる建物です。近年はさまざまな家屋、ビルを、単なる作業場としてではなく、効率的な仕事を行える空間としての活用していくことが期待されています。

スマートビルディングを作るには、建物がデータに基づいて運用されていることが必要です。その甲斐もあり、スマートな建物で作業することは、利用者とオーナーに対し感覚的な”特別さ”を感じさせます。スマートビルディングの価値を引き出す最善の方法は、小規模かつ大きな改善をもたらす数々のプロジェクトを数多くこなし、短期間で小さな成功体験を積み重ねて行くことです。

この成功体験の積み重ねにより大きなプロジェクトを実行する難易度が下がっていきます。この記事ではビルのスマート化に必要な、5つのポイントをご紹介します。

 

1.建物の利用データを分析する

スマートビルディングの効率的な運用のためにはまず建物内の利用データを調査する必要があります。たとえば空調システムの利用履歴は、建物内のエネルギー使用効率データの解析に役立ちます。

このような分析により、建物の運用に関する無駄やムラが明白になり、より実情に基づいた運用の意思決定を実現できます。分析を経て、ビルのUIをデザインする段階では考えられていなかったリスクが発見します。例えば次のような例があります。

  • 温度が制御できない場所を特定する(日中の大きな温度変化によるムラを発見する)
  • 正常に動いているか識別するのが難しい機械/電気機器の運用判断
  • 各機器の使用する平均的な電気量や、より多くのエネルギーを使用している機器の特定

運用者がより迅速かつ確実に是正措置を取ることで、健康でスマートな建物の運用が可能になります。

 

2.利用者からフィードバックを得られるようにする

建物の運用者は、テナントの管理スタッフと頻繁に相談する機会こそ多いものの、利用者からの直接的なフィードバックを得ることはありません。そのような課題を解決するためのフィードバック用アプリケーションがあります。

スマートビルディングを運用する上で最も重要なことは新しい技術を導入することではなく、運用のやり方を考えることにあります。建物のユーザと、それを提供するオペレータおよびシステムとの間だけの閉鎖的な環境をなくすことにより、建物の運用を改善できます。

建物の各変更(改装、機器のアップグレード、持続可能性のあるプロジェクトなど)は、厳格にテストして、ユーザーエクスペリエンスをより良いものにできるかどうかを判断できます。一貫性のある計量可能な利用者のフィードバックを受信することにより、建物改良プロジェクトの真の価値を測定できます。

 

3.なるべく多くの機能を自動化する

多くの建物には、空調システム、照明、およびその他の機能を制御する旧式のシステムがあります。そのOSの多くにはWindows 2000が採用されているので、スマートビルディングの基盤を構築するにあたっては古すぎます。

その場合、ここで紹介されているほとんどのIoTプロジェクトは実現不可能となってしまいます。まずはシステム自体を自動化できるようにアップグレードする必要があります。

スマートビルディングは、ビル内に存在するものを調査することから始まり、すべての制御システム(コントローラ、通信プロトコル、接続されているセンサとデータから見られる電気の流れの大まかな理解)をひとつの線図で作成します。それらを行なってはじめて、建物の最適な運用計画と自動化が実現できます。

 

4. 1枚のパネルで建物を一元管理する

スマートビルディングの管理方法を効率化することも大切です。これまで別々のリモコンやスイッチで管理していたシステムを一元管理することで、効率化を図れます。建物のさまざまな機能(空調、照明、セキュリティ、エレベーターなど)を操作するのに独立した制御システム管理されている場合、操作が複雑になり効率的とは言えません。

これらの別々のシステムを一元管理をするには特殊な請負業者の助けが必要です。しかし、建物の運営者に対し、より簡潔なシステムを提供してくれるのは十分に価値があるかもしれません。

 

5.施設をサイバーセキュアにする

最後に、スマートビルディングにっとて一番重要な要素のセキュリティ性です。ビジネスが行われる建物は情報面で安全でなければいけません。

病院、データセンターなどの情報漏洩の例で判る通り、建物のシステムはとても重大です。サイバーセキュリティを策定していないために他の機能とあまりにも相互に接続され、セキュリティがおろそかになっていることがあります。

最初のステップは、すべての制御システム相互接続の調査と識別です。通常、建物の制御システムは1つのグループによって管理され、建物のITシステム(他のネットワーク、サーバー、スイッチ、ルータ)は別のグループによって管理されます。通常、お互いに仕事をすることはほとんどありませんが、これらの人々とともにセキュリティに関する議論をすることは大きな変化であり、容易ではありません。

 

まとめ

スマートビルディングはIoTテクノロジーととスマートな運営担当者によって成り立ちます。居住者のUXを改善するために人々自身が取る行動は、技術よりも価値があることを忘れてはいけません。スマートビルディングのこれらの5つのポイントをおさえて、ユーザーのの満足度、快適さ、セキュリティ性を向上させましょう。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ