AI投資がすすむ通信産業。”知的な変革”が必要とされる理由と背景

テクノロジーの発展は、さまざまなデータを元にした革新的なアイディアを実現可能にし、よりスマートな世界をもたらそうとしています。

加速する技術変化の中で、最近はマーケティングにおいてもAIや機械学習が活用されるようになりました。また近年の新しい大きなテーマであるIoTにも、自動化やAI技術活用の流れが来ています。

通信産業もまた、AI技術から利益を得ようとしているセクターのひとつです。AIによって、カスタマーサービスやネットワークチャネルの利便性を向上しようという動きがあります。通信会社がAIと手を組むことで、全く新しい収益の流れをもたらすだろうと考える人もいます。

本記事では、通信産業におけるAI技術の活用実態についてご紹介します。

AIによって実現できること

この話を先に進める前に、一度AIによって実現できることを整理してみましょう。

  • 自動学習
  • 自動修復
  • トラフィックの分類
  • リソース利用
  • データ最適化
  • 自動意思決定

これらの要素はあらゆるアプリケーションの裏側で動作しています。AIはスマートホーム、スマートフォン、自動運転自動車、スマートシティを支え、世界をよりスマートな場所へと変革しています。

通信産業においても、これは同様です。以下でその例をいくつか見ていきましょう。

1. チャットボット

ユーザーからの問い合わせを自動化したシステム。

問い合わせ内容に対し、AIや機械学習を利用して自動的にフィードバックを返します。

2. 音声指示によるサービス提供

メディアコンテンツの利用やアイテムの購入等を、音声指示によって実行できるようになります。

今後、赤外線によるリモートコントローラーに代わる技術として普及するでしょう。

3. 自動予測メンテナンス

検出信号を利用することで、テレコムハードウェアの問題解決や、送電線が誤作動を起こすことなく正常に働く手助けをします。

これらの技術はAT&TVerizon等会社で既に使われており、実証されている数少ないユビキタスパラダイムです。

通信産業におけるAIの必要性

世界は今、AIエンジニア先導のもと、古い基準を壊してさまざまな新しい改革を起こしながら、実利主義のテクノロジー市場へと向かおうとしています。その中でまずは、モバイル産業をきちんと押さえておく必要があります。

モバイルユーザーの増加に比例して総通信量は着実に増加しており、ネットワークの混雑を避けるために最適化される必要があります。多くの会社は、さまざまな通信会社のネットワークやサービスを自動化できるネットワーク自動最適化(SON)やソフトウェア・ディファインド・ネットワーク(SDN)、ネットワーク機能仮想化(NFV)等に着目し、混雑緩和をスムーズに進める取り組みを始めています。

AIを通信産業へ介入させることには、たくさんの可能性があります。この技術を活用することで、システムにより活力を与えられるからです。さらに、IoTのコンセプトに基づいた、ピアエンゲージメントのあるテクノロジーが展開されることによって、絶え間なく増えるネットワークのアップグレードは、オペレーターの役割範囲を広げることになるでしょう。電気機器やサービスプロバイダーによってもたらされる個人へのベネフィットも大きいです。

AIによるオペレーターのベネフィット

サービスのオペレーターがAIによって得られるベネフィットとして、ユーザーのプロファイリングやコンバージョン率、データ使用量、ウェブの接続状況等を分析できることが挙げられます。

これによって、各ユーザーにパーソナライズドされたプランを提供したり、彼らが求めていることをダイレクトに手助けできます。

AIは進化し続けなければならない

一方でモバイルデバイスにおけるAIの利用増加によって、対処しなくてはならない課題もあります。

バーチャルアシスタントやスマートアシスタントは、数年のうちに人の役割を果たすようになり、ほぼ全てのカスタマーサービスの仕事を扱うことが求められています。そのためにはAI技術を向上させ続けることが非常に重要です。

AppleがSiriを開発したように、音声認識や自然言語変換の機能を発達させることが、今後の課題となっています。

ビデオ利用の飛躍

もうひとつ着目すべき点として、最近のインターネットのトラフィックの多くがビデオの利用を含んでいることが挙げられます。専門家によると、2019年にはインターネットのトラフィックのうち80%がビデオ利用になると推測されています。

ビデオ利用が急速に増加していることにより、近い将来には5G6G、さらにはより早いネットワークの利用が求められる可能性があります。ネットワーク業者はAI技術を通じて、より質の高いデータやビデオを提供できる可能性がないかを検討する必要があるでしょう。ユーザーのニーズを満たすためには古い方法を切り捨て、より未来のユーザーを見据えて発想を切り替えていく必要があります。

求められている自動化サービス提供

ダイナミックで頑丈なネットワークを運営する中では、パフォーマンスの視点でコネクション向上を実現しながらも、同時にサービスが適切に提供されているかに注意を払う必要があります。ネットワーク中心のビジネスにおいては、いつ・どのように変更を加えるかが、今後の問題解決やさらなるサービス向上の決め手になってきます。

現在利用されているCRMは、ユーザーのさまざまな要望をサポートするには足りていないものの、ある時点では機能性とメカニズムが重複する可能性もあります。一方で近年導入されつつあるCEMCustomer Experience Management)は、Webサイトのクオリティ検知を含むパッケージと、インターネットパラメーターの自動調整、サービスクオリティのチェック、そしてパフォーマンスやセキュリティのニーズにリアルタイムで答えられます。

CEMソリューションをCRMと融合させているプロバイダーは、ユーザーインタラクションの質を向上させ、またユーザーからの質問や不満への回答にかかわるAI技術を向上させ、テレコミュニケーションがスムーズに変換されたかを表示できるでしょう。

AI投資がすすむ通信産業

通信産業ではその特性上、オペレーション費用や稼働費用、ハードウェア費用などのコストがかかりますが、これらのコストはAIによる自動化ソリューションにより入れ替わり、ネットワークオペレーションの経済的な負荷を減らせるでしょう。

Tracticaのマーケットレポートによると、通信産業におけるAIソフトウェアおよびハードウェアへの投資は、2025年までに367億ドルになると言われています。そのレポートは市場と技術環境を調査した上で、通信産業のAI展開、すなわちITネットワークオペレーションやモニタリング、マネジメント、マーケティング、カスタマーサビス、CRMシステム、サイバーセキュリティ等の主要収益の特徴を示しています。

AIの重要な側面に焦点を当てることで、そのレポートは世界中のマーケットを比較しながら、2025年までに爆発的に向上するであろう収益を予測しています。多くのサービスプロバイダーはAIに信頼を置き、サービスの成長、パフォーマンスの向上のためにAI導入を進めています。

ほとんどの電子機器の裏側でAIが動作する時代は、すぐそこなのです。

最後に

現在・未来の消費者の要望に応えるために、通信産業は”知的な変革”を推し進めています。

通信産業におけるAIの進化に、今後も注目したいです。

(原文:Aniket Anand 翻訳:Ayako Ogita)

 

こちらもおすすめ!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ