マルチテクノロジーを用いたジオロケーションIoTの未来

IoTの世界では、位置情報のトラッキングが次のフロンティアとして注目されています。

位置情報のトラッキングは、特にナビゲーション技術により、すでに人々の生活の一部となっています。従来のテクノロジーには技術的な制約が多くありましたが、IoTのジオロケーション技術により、かなり正確かつ低価格にて位置情報を収集できるようになりました。

ジオロケーション技術を必要とする市場

Research and Marketsの調査によると、「Geo IoT(ジオロケーションIoT、位置情報IoT)」の分野は2021年に490億米ドルほどの市場になることが見込まれています。

Geo IoT Technologies, Services, and Applications Market Outlook」が提供する市場調査レポートによれば、地理情報に関わるテクノロジーは、IoTの長期的な成功に貢献、多くの市場にポジティブな影響をもたらすと予測されています。

LoRaWANなどのLow-Power Wide Area Network(LPWAN)テクノロジーとの組み合わせや、昨今のNB-IoTやLTE-MなどのセルラーIoTテクノロジーの興隆も合間って、IoTは益々大きなマーケットとなっています。ここに位置情報に関するテクノロジーを導入することで、これまでは難しかった以下のようなサービスへの応用が可能となります。

  • 資産管理
  • 車両・船舶管理
  • 防犯スクーターやバイクレンタル
  • 郵便物追跡
  • 石油ガス市場の労働者の安全管理
  • 高齢者や障害者の介護
  • スキーヤーの位置追跡
  • ペットの位置追跡

これらのサービスは、コストと消費電力を抑えたトラッカーを使うことで利益を得られる既存の市場です。

ジオロケーション技術活用における課題

列車、トラック、コンテナなどで運ばれる物資の資産管理は、物流管理やサプライチェーン・マネジメントを行う会社にとって重要です。このような会社は、物資の移動に伴うチェックイン・チェックアウト情報の登録は、外注をするのが一般的です。

こうした登録作業はマニュアルで行われているため、ミスが発生することがしばしばあります。そのため、低電力・低コストで軽量な標準インフラストラクチャーであるLow-Power Wide Area Network(LoRaWAN)をベースといたトラッカーは、安定した物流管理ソリューションを提供してくれるのです

しかし物流市場では、ジオロケーション技術の活用にかかる追加費用が課題となっていました。交通会社は貨物輸送車に投資をし、自動車運送会社は位置情報トラッカーなどにお金をかける必要があります。このような設備投資(CAPEX)が必要となるほか、位置情報トラッカーのバッテリー交換にかかる運営費用( OPEX )も莫大なものです。

これらのコストが、物流市場への位置情報ソリューションの応用を難しくしていました。

ジオロケーションの課題を解決する「LoRaWAN」

LoRaWANは、LoRa Allianceによって開発されたLPWANの標準型接続で、アンライセンス系のISMスペクトラム向けに開発されました。

LoRaWANの主な長所は、消費電力の削減にあります。それに伴い運営費用(OPEX )が削減され、トラッキング技術を用いた新しい可能性が生まれます。物流管理企業は、これによりCAPEXとOPEXの間でトレードオフできるようになります。

ほとんどのLPWANシステムは、アンライセンセンス系のバンドで機能します。最新のLoRaWAN™ テクノロジーは、アメリカでは915MHzバンド、ヨーロッパでは868MHzバンド、その他の地域でも同等のISMバンドで稼働します。これにより、物流管理企業は自身のワイヤレスネットワークに投資をし、さまざまな接続コストを削減できるようになるのです。

LPWANネットワークのゲートウェイにかかるコストは、生産量の向上のため非常に安価になりました。現在では、車の販売代理店のような小さな物流管理会社にとっても安価に求められるようになっています。

次世代のLPWANトラッカー

LPWANが備わった位置情報トラッキングには、新しい世代のハードウェアを必要とします。低い電力無線周波と電力消費は、IoTシステム全体の電力消費を抑えるために大変重要です。このためには、GPS、Low-Power GPS、WiFi Sniffing、WiFi fingerprinting、Bluetooth.を組み合わせた「マルチテクノロジーの位置情報トラッカープラットフォーム」を開発する必要があります。インドア/アウトドア、都市部/地方、移動速度などさまざまなシナリオに合わせて安定した位置情報を提供しつつ、使用電力を抑えるのが目標です。

このようなマルチテクノロジーソリューションでもうひとつ重要となるのが、位置情報データをクラウドにバックホールするLoRaWAN、NB-IoT、LTE-MなどのLPWANテクノロジーの使用です。2G/3G/4Gなどの既存のセルラーテクノロジーは、非常に電力を消費します。そのため今後は、NB-IoT/LTE-Mに基づいたライセンス系のセルラーIoTオプションへの期待が高まっています。

LoRaWANなどのIoTネットワークソリューションと、マルチモードの位置情報テクノロジーを融合させることで、GSM/AGPSを用いた標準のセルラーソリューションと比べ、LoRaWANのLP-GPS(AGPS/GPS)はバッテリーの寿命を圧倒的に向上させられます。

▲Actility

ジオロケーションのマルチテクノロジーな未来

地理情報に関するIoTの可能性を切り開くためには、マルチテクノロジーのクラウドプラットフォームが必要です。これは、GPS、低電力GPS、WiFi、Bluetoothなどのオーバーザトップ(OTT)の位置情報テクノロジーと、LoRaWANやcellularを使用したネットワークベースのTDoA位置情報テクノロジーをうまく組み合わせるでしょう。ここでは、公衆回線オペレーターと位置情報サービスプロバイダーの密接な連携が必要となります。

ジオロケーションに関するIoTの可能性を切り開くためのマルチテクノロジーについてもっと知りたい場合は、ActilityとKPNが共同運営するジオロケーションのWebinarをチェックしてみてください。

(原文:Rohit Gupta 翻訳:Mariko Sugita)

更新日: 2019.01.04

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ