音声認証技術が止まらない。視覚が要らなくなった時、UIデザイナーは何をする?

音声認証技術が止まらない。視覚が要らなくなった時、UIデザイナーは何をする?

ガートナー社の調査では、2020年までに、Web閲覧行為の30%は画面を使用せずに行われるようになるのではないかと予想されています。手と目による操作が、次第に声で置き換えられる時代が近づいてきています。
ここ数年で、Google HomeやAmazon Echoのような音声を中心とした製品がたくさん出てきました。

さらに今後の発展も見込まれています。スマートスピーカー所有者の数は2016年の7%から、2020年には75%に増加すると予測されています。

Visual Interfaces Are Dying, What Is Next?

 

ボイスユーザーインターフェイス(UI)とは?

ボイスユーザーインターフェイス(UI)では、音声や音声プラットフォームを通じてサービスをりようしたり、タスクを行います。基本操作は、実行してほしいことを機械へ話しかけるだけです。

Visual Interfaces Are Dying, What Is Next?

ボイスユーザーインターフェイス(UI)は2つのタイプがあります。

  • 音声のみの対話:UI画面は使用せずに音声のみで対話します。このタイプの例は、Amazon EchoとGoogle Homeです。
  • 音声とビジュアルディスプレイ: UI画面と音声を使用します。このタイプの例は、Google AssistantやSiriです。検索したいキーワードをGoogleで検索するように話しかけ、UIに検索結果を表示させます。

どんなUI要素が音声に置き換えられるの?

ボイスユーザーインターフェイス(UI)は、シンプルなタスクを行うために使用されます。アンケート結果によると、Echoでよく使う上位3つのタスクは「タイマーの設定」、「曲の再生」、「ニュースの読み上げ」でした。

Visual Interfaces Are Dying, What Is Next?

ボイスユーザーインターフェイス(UI)が今後の2年間で、UXのトレンドになることは明らかです。将来的に私たちはボイスユーザーインターフェイス(UI)についての知識と設計方法を学び、準備を整える必要があります。

アクセシビリティの高まりが期待される

ボイスユーザーインターフェイス(UI)の発展によって、今よりも多くのユーザーがデバイスやWebを利用できるようになります。

視覚に不自由のある人

マウスやキーボード、タッチスクリーンが使用できない視覚に不自由のあるユーザーにとって、ボイスインタフェース(UI)は使いやすく便利です。音声を利用して、音声入力や情報の受け取ることができます。

遠隔地にいる人

離れた場所から、ボイスインターフェイス(UI)を利用することもできます。デバイスや製品に近づいて話す必要はありません。

運転手や作業員などの肉体労働をしている人

他の作業に手と目を使用しているときでも、ボイスユーザーインターフェイスの操作が可能です。運転中や作業中、シャワーを浴びているときも予定やリマインドを設定したり、Uberを利用できます。

ダイアログボックスとワイヤーフレームの作り手が求められる

視覚的なUIをデザインするには、多くの場合ワイヤーフレームを使います。ワイヤーフレームは視覚的なデザインと共に、ユーザーのインタラクションにも言及しています。ボイスインタフェース(UI)の場合は、インタラクションの確認と異なるシナリオの例証を行います。

チャットボットのように、シナリオを幾重にも分岐させパターンを記憶させる必要があります。ユーザーは達成したい目的やタスクを持っていて、実現させるにはエラー処理を含めたさまざまな工程を経なければなりません。

まとめ

ボイスユーザーインターフェイス(UI)は、走り出したテクノロジーではありますが、まだ多くの課題があります。

騒音のキャンセリングや、いかにパーソナライズしていくか、ユーザーの声に宿る感情の起伏をどこまで読み取れるか。

今のボイスユーザーインターフェース(UI)にデザインパターンはまだありません。それはユーザーを中心としたインターフェイス(UI)の設計を試行錯誤している最中だからでしょう。今後さらに発展していくボイスユーザーインターフェイス(UI)に、デザイナーの力をうまく活かして行けるといいですね。
(翻訳:Yuri Tanaka)

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ