今回の記事ではWebサイト制作の仕事にはどんな種類があるのかを整理します。

フリーランスや副業、または転職先にてWeb制作に関する仕事をしたいと考える人は多いと思いますが、Web関連の仕事といってもその種類は多種多様です。

Web業界の仕事にはどのようなものがあり、各職種ではそれぞれどのようなことをするのかを理解しておくことで、自分のキャリアパスを考える手助けとなるでしょう。

どのような仕事があるのかを理解したうえで、自分の今までの経験、長所、やりたいことを整理して、希望の職種を考えましょう。

Web業界の7つの職種

Web業界にはどのような仕事があるのかを理解するために、Web業界の代表的な職種をここでは7つ紹介します。

 

Web制作進行系職種

本記事では、Web業界の「制作進行」に関する職種として、以下の3つを取り上げました。

  • Webディレクター
  • Webプランナー
  • Webプロデューサー

下記にWebプロデューサー、Webプランナー、Webディレクターの違いを簡単な図にまとめましたのでご参考にどうぞ。

Web制作

以下に、それぞれの職種の解説をします。

 

1. Webディレクター

Webディレクター

プロジェクトを監督・指揮・管理する人のことです。Web制作業界における現場監督と考えるとわかりやすいかもしれません。

クライアントの要望を理解し、Web制作に必要なスタッフをまとめ、進捗管理、品質管理を行いながらプロジェクトを完了させます。

主な業務は基本的には下記の内容です。なお、プロジェクトや会社によって多少の違いがあります。

  • スケジュール管理
  • コンテンツの品質管理
  • プロジェクトメンバーの人選
  • クライアントと現場スタッフの橋渡し
  • 予算交渉

 

【Webディレクターになるためには?】

WebディレクターはWebサイト制作においてスタッフをまとめる役割なので、

  • スケジュール管理能力
  • コミュニケーション能力
  • スタッフの活動への理解力

等の能力が必要です。専門的な技術を身につけるというよりは、スタッフとのコミュニケーションを取り、適切な指示を送るためにスタッフが何を行っているのかを把握することが重要です。

 

2. Webプランナー

Webプランナー

Webプランナーは、Webサイト制作の際にクライアントから要望やイメージなどをヒアリングし、Webサイトのプランを立てる職種です。

クライアントとの要望をまとめ、Webサイトの設計を行い、制作者側に伝える橋渡しの役割です。

Webディレクターは制作現場寄り、Webプランナーはクライアント寄りの仕事であるといえるでしょう。

 

【Webプランナーになるためには?】

WebプランナーはクライアントにWebサイトのプランを提案する仕事を担うため、下記のような能力が必要とされます。

  • お客様の要望を聞く力
  • 情報収集力
  • コミュニケーション力

また、WebプランナーはWebサイトに関する知識に比例して、より多くの質の高い提案ができる職種といえます。Webサイト制作に関する知識を日々インプットすることは大切です。

Workship MagazineではWeb制作で役に立つ情報を平日毎日発信しているので、ぜひ参考にしてください。

 

3. Webプロデューサー

プロジェクトの責任者です。

クライアントと打ち合わせを行い、要望を理解したうえでWebサイトの企画を提案します。そのうえで、全体のスケジュールの管理や予算計画を行い、スタッフを集めます。

一見、Webディレクターと似ているように思えるかもしれませんが、両者には以下のような違いがあります。

  • Webプロデューサー:Webサイトの計画立案を行い、プロジェクト全体を取り仕切る役割
  • Webディレクター:実務を遂行し、制作スタッフへ指示を出す役割

Webプロデューサーは事業責任を負い、Webサイトの戦略を立案し、Webディレクターに具体的な業務を託します。

WebディレクターはWebプロデューサーが立案した計画を実務へ落とし込み、目に見える具体的なWebサイトを作ります。

しかし、人手が足りない場合はWebプロデューサーがWebディレクターの仕事を兼務したり、WebディレクターがWebプロデューサーの仕事を兼務することもあります。

なおキャリアプランを考えるときには、一般的にはWebディレクターからWebプロデューサーへステップアップを目指すことになります。

 

【Webプロデューサーになるためには?】

Webプロデューサーとして必要な能力は、基本的にはWebディレクターと変わりません。ただしWebプロデューサーは一般的に、Webディレクターよりも広い視野が必要になると言われます。

具体的には収益を上げる経営者的な戦略思考が重要です。

WebディレクターからWebプロデューサーを目指す場合、Webディレクターの能力を高めながら経営者的な思考を身につけるよう心がけましょう。

 

Web現場系職種

Web業界の「現場系」職種として、今回は以下の4つを取り上げました。

  • Webデザイナー
  • Webマーケター
  • Webライター&編集者
  • Webエンジニア

以下、各職種について解説します。

 

4. Webデザイナー

Webデザイナー

Webサイトのデザインを担当する仕事です。

Webに関するデザインは定義が広く、下記のようにさまざまな仕事があります。

  • 全体のデザインの決定
  • ページのレイアウト作成
  • フォント、配色
  • UI/UXを考慮する
  • 画像、動画の編集
  • コーディング

扱うWebサービスや会社によってWebデザイナーの仕事内容は大きく変わります。。以下の記事でWebデザイナーの役割について詳しく解説しているので、よろしければご覧ください。

 

【Webデザイナーになるためには?】

「この資格を取らなければWebデザイナーにはなれない!」といった特別な資格はありません。

Webデザインに関する知識とスキル、経験があれば活躍することができます。

Webデザイナーになるためには、下記の内容を学ぶことが重要です。

  • 見た目だけなく、集客力のあるウェブサイトを作れる企画力
  • クライアントの人と話しながらデザインを決定するコミュニケーション能力
  • HTMLやCSSなどの言語を用いたコーディング力
  • 「Illustrator」や「Photoshop」、「Sketch」等のデザインツール
  • Webサイトの成果を上げるデザインのスキル
  • UI/UXに関する知見

 

5. Webマーケター

Webマーケター

Webを使ったマーケティングを行う人です。

広告運用、SEO(検索エンジン最適化)のキーワードの選定、SNS運用などが仕事になります。

Webサイトへの集客を行い、ユーザーをサービス購入・登録に結びつけるのがWebマーケターの役割です。
具体的な仕事内容としては、たとえば以下のようなものが挙げられます。

  • アクセス解析
  • ランディングページの企画
  • 広告運用
  • SEO施策

 

【Webマーケターになるためには?】

Webマーケターになるためには、たとえば以下の要素が必要です。

  • マーケティングに関する知識
  • Webサイトに訪れたユーザー情報を解析するための知識
  • LP(ランディングページ)の企画力
  • SEOからコンバージョン(サービスの購入や登録)への導線を考える力
  • Webサイト制作についての知見

また、Webマーケティングは企業の強み、サービスの特徴を踏まえたうえでの施策を行うので、担当する業界についての理解を深めることも重要になります。

 

6. Webライター/編集者

Webに掲載する文章を執筆、編集する仕事です。

  • Webサイトに掲載する記事
  • ランディングページの文章
  • ECサイトの商品の紹介文
  • Webサービスの説明文(UXライティング)

など、Webサイトには文章が必要不可欠です。そのため、Web制作におけるライター/編集者の出番は非常に多いです。

 

【Webライター/編集者になるためには?】

WebライターはWeb上に文章を書く以上、以下のスキルを身につけることが重要です。

  • サービス提供側の意図が伝わる文章を書く技術
  • 読み手が読みやすい文章を書く技術

また編集者の場合はこれらに加え、以下のような能力も必要です。

  • 記事の要件を整理し、記事のターゲットやペルソナを設定する能力
  • 記事の構成を作り上げる能力
  • ライターの書いた文章を校正する能力
  • 記事全体を読みやすくリデザインする能力

なおWeb上の文章や記事は、おもに検索エンジンやSNS流入によりアクセスを稼ぐことを目指します。そのためSEOを中心としたWebマーケティングの知識や、タイトルのコピーライティング能力が半ば必須です。

加えて魅力的なアイキャッチを作れれば、周りと差別化できるでしょう。

 

7. Webエンジニア

Webエンジニア

Webエンジニアの定義は会社によって大きく異なりますが、一般的にはPHPやJava、Ruby、Perl、Pythonなどのプログラミング言語を用いて、Webサイトのシステムの構築や開発を行う職種です。

Webサービスの種類が多様化していることから、Webエンジニアも使用するプログラミング言語、業務内容はさまざまであり、必要とされる知識やスキルも多岐にわたります。

 

【Webエンジニアになるためには?】

Webエンジニアの資格はさまざまなものがありますが、基本的には必須ではありません(会社によっては規定の資格が必要となる場合もあります)。

しかし担当する職務内容によって、必要となるスキルはさまざまなものがあります。以下がその一例です。

  • フロントエンドエンジニアが使う言語(HTML、CSS、JavaScript等)
  • バックエンドエンジニアが使う言語(PHP、Ruby、Python等)
  • システム設計、管理
  • セキュリティに関する技術、知識

自分がWebエンジニアとして何がしたいのかを決めた上で、やりたいことをするためには何を勉強すべきかを逆算してキャリアパスを考えましょう。

 

希望の職種を正確に把握したうえで、Webの仕事を探しましょう!

今回はWeb業界の制作にかかわる仕事を7つ紹介しました。

Web業界の仕事といっても、業務内容は職種や会社によって大きく異なることを理解していただければ幸いです。

これからWebにかかわる仕事がしたい方、Web業界の仕事で違う分野に挑戦したい方はそれぞれの職種がどのようなことをするのかを把握した上で希望する職種を決定し、それに向けた勉強を進めてください。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ