BizOn Ad

【初心者向け】WordPressでできること。特徴や機能をわかりやすく解説

「WordPressでできること、作れるものを教えて欲しい!」
「これからWordPressを使うので基礎知識を知っておきたい!」
「WordPressでのブログやWebサイトの作り方を知りたい!」

W3Techsの調査によると、全世界のWebサイトの約43%がWordPressで作られているとされています。WordPressの汎用性は非常に高く、それゆえにユーザーも圧倒的に多いのです。WordPressでできることや、作れるWebサイトもさまざま。

本記事では、WordPressでどんなことができるのか、どんなWebサイトが作れるのかについてご紹介します。

WordPressとは?

WordPress=コンテンツ管理システムの一種

「そもそもWordPressって何なの?」と疑問に思われる方もいるでしょう。

WordPressとは、「CMS」と呼ばれるコンテンツ管理システム(ブログシステム)のひとつです。『はてなブログ』や『note』なども、大枠でいえばCMSの一種です。

たとえば自力で1からブログやWebサイトを作ると、一つひとつのコンテンツ(記事など)の管理が容易ではありません。各記事の構成や一覧もすべて1から手動で作らねばならず、CMSなしでコンテンツを管理する人は近年ほとんどいません。

WordPressを使えば、記事を一覧表示させたり、記事の編集や削除がボタンひとつで操作できたりするなど、大幅に手間が省けるのです。

WordPressの本質はWebサイトを作ることではなく、コンテンツ管理をすることだと覚えておきましょう。

プログラミングの知識がなくてもWebサイトが作れる

ブログやWebサイトを1から作る場合、HTML/CSS/JavaScript/PHPなどのプログラミングの知識が必要です。

しかしWordPressには、Webサイトを構築するためのシステムが最初から組み込まれています。そのためプログラミングに詳しくない人でも、Webサイト制作や記事の更新が簡単にできます。

ただし複雑なシステムや凝ったデザインが必要なときは、ある程度のプログラミングの知識が必要になります。たとえば以下のような場合です。

  • レイアウト変更や装飾カスタマイズ:CSS
  • アニメーションや派手な動きを追加:JavaScript
  • サイトの構造を修正:HTML
  • システム変更:PHP

逆にいうと、プログラミングの知識があれば自由にカスタマイズできるのもWordPressの魅力です。

org版とcom版が存在する

WordPressには「WordPress.org」と「WordPress.com」の2種類があります。それぞれの違いは以下のとおりです。

  • org版:
    CMSがパッケージ化されて提供されているもの。Webサイトを立ち上げるには、ドメインとサーバーの契約が別途必要になる
  • com版:
    プラットフォームとして提供されているサービス。アメーバブログ、はてなブログ、noteなどと同じ仕組み

一般的に利用されているのはorg版です。カスタマイズがしやすく、プラグインなどの拡張機能も自由に追加できるため、自分好みのWebサイトを作るのに向いています。

org版を利用する際には、サーバーが必要になります。次の記事で、WordPressにおすすめレンタルサーバーを比較したので、ぜひ参考にしてみてください。

org版とcom版の詳しい違いについては、以下の記事をご覧ください。

WordPressで作れるもの

WordPressで作れるものはブログやWebサイトに限りません。カスタマイズやプラグインを使えばさまざまなサービスが作れます。

WordPressで作れる代表的なものを、以下に4つご紹介します。

作れるもの1. ブログサイト

まずWordPressの利用目的としてもっとも多いのが、ブログサイトをはじめとした記事コンテンツを更新するWebサイトです。

ブログサイトを作るときにWordPressを使うメリットは以下のとおりです。

  • 記事の管理が容易
  • SEO関連のプラグインが優秀
  • SNSの連携も簡単

ブログサイトを運営する際、記事管理のしやすさやSEOを重視する人は多いでしょう。そのため有名ブロガーやアフィリエイターの多くが、WordPressでブログサイトを運営しています。

作れるもの2. コーポレートサイト

WordPressを使うと、企業のコーポレートサイトも簡単に作れます。

デザインの凝ったホームページを作るには高度なデザインスキルやJavaScriptのスキルが必要ですが、デザインに強いこだわりがない場合は「テーマ」と呼ばれるテンプレートを使うことで簡単に作れます

コーポレートサイトを作るときにWordPressを使うメリットは、以下のとおりです。

  • お問い合わせフォームの設置が簡単
  • お知らせの投稿/管理が簡単
  • テンプレートが豊富

コーポレートサイト作成をエンジニアやデザイナーに依頼するのが面倒、かつ簡単に本格的なWebサイトを作りたければWordPressがおすすめです。

作れるもの3. ECサイト

決済システムや商品の管理が必要なECサイト(ショッピングサイト)も、WordPressなら簡単。

大規模なECサイトを構築するなら『EC-CUBE』と呼ばれるコンテンツ管理システムがあります。しかし小〜中規模のECサイトであれば、WordPressでも作成可能です。

WordPressには初心者でも簡単にECサイトを作れるよう、ECサイト専用のテーマや、『Welcart』、『WooCommerce』などのECサイトが構築できるプラグインが用意されています。

WordPressを使えばどんなECサイトが作れるのか、具体例は以下の記事で解説しています。ぜひあわせてご覧ください。

作れるもの4. 求人サイトなどの会員制サイト

WordPressを使うと、会員制サイトも作れます。

たとえば会員登録やログイン機能が必要な求人サイトも、プラグインや専用テーマを使えば簡単に制作可能です。

たとえば会員制サイトに必要な、以下のような機能を実装できます。

  • ログイン機能
  • 投稿機能
  • 会員登録機能
  • 顧客管理機能

下記の記事では、ログインの安全性を高められる「二段階認証」に使えるプラグインを紹介しています。

作れるもの5. ポートフォリオサイト

WordPressでは、ポートフォリオサイトを作ることも可能。

フリーランスとして仕事をしている場合、自分のスキルを証明できるポートフォリオサイトは必須です。WordPressで作ったWebサイトに、制作したプロダクトやプロトタイプを載せることで、自身のポートフォリオサイトを作れます。

デザイン性の高いテーマが揃っているので、Webデザインのスキルがなくても、自分の制作物を綺麗に見せることができるでしょう。

下記の記事では、フォトグラファー向けのWordPressテンプレートを多数ご紹介しています。

WordPressでできること

WordPressでできることのなかでも、「WordPressの醍醐味」ともいえる機能を4つご紹介します。

できること1. テーマを着せ替えてカスタマイズできる

WordPressはベースとなるシステムのうえに「テーマ」と呼ばれるテンプレートファイルを導入して使用します。

WordPressのテーマは無数に存在し、無料のものから有料のものまでさまざまです。

テーマによってWebサイトのデザインや、使える機能も変わります。たとえばブロガーに人気の『SANGO』は、マテリアルデザインが意識されたテーマです。会話調の吹き出しを挿入できるなど、ブログ運営に役立つ機能が備わっています。

<WordPressテーマの例>

  • SANGO』:マテリアルデザインの意識された心地よいテーマ(ブロガー向け)
  • Cocoon』:無料かつ機能豊富なテーマ(ブロガー向け)
  • AccessPress Parallax』:視差効果のあるデザインのテーマ(企業向け)

その他、以下の記事でおすすめの無料テーマを紹介しているので、ぜひご覧ください。

できること2. プラグインやコードを使用して機能を拡張できる

WordPressには「プラグイン」と呼ばれる拡張機能が用意されており、インストールすることでさまざまな機能が利用可能です。また、コードを用いて新たに機能を実装することもできます。

プラグインは公式のものからユーザーが作ったものまでさまざま。無料で使えるものが多数を占めています。

「サイトにお問い合わせフォームを設置したい!」「サイトマップを作ってSEO対策したい!」など、欲しい機能を手軽に実装したいときにはプラグインを使ってみましょう。

<プラグインの例>

  • Contact Form7:お問い合わせフォームを設置できる
  • All in One SEO Pack:SEO対策の機能が使える
  • BackWPup:自動的にバックアップを取る

WordPressへ最初に入れたいおすすめプラグインを以下の記事で解説しているので、ぜひあわせてご覧ください。

できること3. 子テーマを作成して自由にカスタマイズできる

「サイトのデザインをカスタマイズしたい!」「PHPを使って、一部の機能をカスタマイズしたい!」など、プログラミング知識をある程度もっている人は、「子テーマ」を作成することで自由にカスタマイズできます。

テーマには「親テーマ」と「子テーマ」があり、それぞれの特徴は以下のとおりです。

  • 親テーマ:
    テーマのベースとなる(アップデートに影響される)
  • 子テーマ:
    カスタマイズ専用のテーマ(アップデートに影響されない)

オープンソースのテーマを使う場合は、定期的に親テーマのアップデートが行われます。そのときに親テーマをカスタマイズしていると、カスタマイズ内容がアップデートによって上書きされてしまいます。

そこで子テーマを作りカスタマイズしておくことで、アップデートに影響されないままカスタマイズ内容を残せます。

子テーマに関する詳しい解説は、下記をご覧ください。

できること4. WP-CLIを使ってコマンド操作できる(※エンジニア向け)

WordPressは通常、ダッシュボード(管理画面)にログインし操作しますが、WP-CLIを使うことでコマンド操作できるようになります。

WP-CLIを使ってコマンド操作するメリットは以下のとおりです。

  • ダッシュボードにログインせずにWordPressを操作できる
  • データベースの検索や置換ができる

コマンド操作が得意な人にとっては、とても便利な機能です。

WP-CLIについては、下記の記事で詳しく解説しています。

WordPressを使用する前に知っておくべきポイント

WordPressを使ってWebサイトを開設する前に、以下4つのポイントについて知っておきましょう。

ポイント1. データを守るために定期的にバックアップを取る

WordPressでブログサイトなどを運営していると、大量の記事や画像データがデータベースに保存されます。

これらのデータはWebサイトを構築する大事な資産です。万が一消えてしまうと大きな損失となります。

それを避けるためにも、定期的にバックアップを取っておきましょう。

<バックアップを取るべきデータ>

  • 記事データ(データベース)
  • 画像ファイル
  • テーマファイル
  • プラグインファイル
  • WordPress本体(カスタマイズしている場合のみ)

以下の記事でWordPressのバックアップ方法を画像付きで解説しています。ぜひ参考にしたうえで、トラブルに備えてください。

ポイント2. 高速化してユーザーの離脱率を下げる

Webサイトを運営するうえで大切なのが、サイトの表示速度を早くすることです。

サイトの表示速度を高速化すると以下のようなメリットがあります。

<高速化させるメリット>

  • ユーザビリティを向上できる
  • SEO的なメリットがある

少しでも表示速度が遅ければ、サイトを訪れたユーザーがストレスを感じ離脱してしまう可能性があります。またSEOで上位を狙うなら高速化は必須です。サイトの表示速度とSEOには密接な関係があります。

Googleのウェブマスター向けの公式ブログでも、「ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使う」と述べられています。

WordPressを高速化する方法は以下の記事を参照してください。

ポイント3. 外部からのセキュリティ対策をする

WordPressは世界最大シェアのオープンソースコンテンツ管理システムであり、自由にカスタマイズができる一方、システムの脆弱性をハッカーに突かれることもたびたび起こります。

脆弱性をハッカーに発見されると、データ改ざんなどのトラブルが生じる原因となります。

過去にはWordPressの脆弱性を狙った大規模な攻撃事例もあり、事前のセキュリティ対策は必須です。

<WordPressの脆弱性対策する方法>

  • WordPressを最新の状態にする
  • プラグインをアップデートする
  • 管理画面のセキュリティを強化する
  • 使用していないプラグインを削除する
  • こまめにバックアップをとる

脆弱性への過去の攻撃事例やセキュリティ対策方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

ポイント4. 大規模なカスタマイズをする場合はローカル環境で行う

WordPressのWebサイトを大幅にカスタマイズする場合は、一度ローカル環境で行い、動作確認をしてから本番環境で行うのがおすすめです。

とくにユーザーのアクセスが大量にあるWebサイトの場合は、本番環境でいきなりカスタマイズするのはリスクが高く、最悪の場合Webサイトがクラッシュしてしまう恐れがあります。

<ローカル環境でカスタマイズするメリット>

  • ステージングサイトを作れる
  • テーマカスタマイズ中の様子を訪問者に見られない
  • コーディングのミスを減らせる
  • 思い切ったカスタマイズができる

ローカル環境でできることや、ローカル環境構築の無料ツールについては、以下の記事で紹介しています。

おわりに

今回はWordPressでできること、作れるWebサイトの種類や基礎知識について解説しました。

ぜひより良いWordPressのWebサイト構築に役立ててください。

【本記事のまとめ】

  • WordPressにはorg版とcom版が存在する
  • WordPressでできることは非常に多い
  • プラグインやテーマを使って自分好みにカスタマイズできる

(執筆:HikoPro 編集:Kitamura Yuu、mozuku)

40,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 累計40,000人以上のフリーランス・副業ワーカーが登録
  • 東証プライム上場企業からスタートアップまで多数参加
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 公開中の募集のうち66%がリモートOKのお仕事
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。また、本メディア内に掲載されているリンクには、アフィリエイトURLが含まれる可能性があります。

SHARE

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE
#フリーランス大会議 仕事の単価の決め方