Workshipの登録方法&使い方を公式解説! フリーランス・副業向けマッチングサービス

Workship

「フリーランスとして活動をはじめたはいいものの、思うように仕事を受注できない……」
「なかなか自分に合った仕事を探すのが難しい……!」

そんな悩みを持っているフリーランス・副業者は多いでしょう。

そこで今回は、Workship MAGAZINEの関連サービスである、フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』をご紹介いたします。

Workshipを利用することで、自分の条件に合った仕事を探しやすくなるはずです。ぜひこちらの記事を参考に、まずは無料会員登録から進めてみてください。

Workshipとは?

Workship

Workshipとは、エンジニア、デザイナー、マーケター、ライター、ディレクター、エディター、人事、広報、財務など、Web系を中心としたフリーランス・副業・パラレルワーカーと、プロのスキルを求める企業(プロジェクト)が集まったお仕事マッチングサービスです。2022年時点で40,000人以上が登録しています。

週1〜OK、土日OK、公開案件の半数以上がリモートOKなど、800社以上の企業がそれぞれの希望に合わせた多様なプロジェクトを掲載しています。副業で働きやすいお仕事も多数掲載中です。

マッチング後は、仕事の概要や条件、契約期間の交渉などを、プロジェクト発注者とチャットでリアルタイムにやりとりできるため安心。Workshipにはエージェント機能やカスタマーサクセス機能もついており、契約後の働き方やトラブル対応など、応募後のサポートまでしてくれます。

トラブル相談窓口や会員制優待サービスの無料付帯など、安心して働ける仕組みがあるのも嬉しいポイント。時給1,500円〜10,000円の高単価な案件のみ掲載しているため、手厚いサポートを受けながら、良質な案件を受けたい方におすすめです。

▼2021年12月 iOS/Androidスマホアプリが出ました!▼

Workshipの登録方法

Workshipを利用するためには、アカウント登録が必要です。手順を追って説明します。

1. Workshipのトップページ右上の部分から「アカウント作成」ボタンを選びましょう。

Workship

2. メールアドレスとパスワードを入力し「登録する」を選びましょう。Facebook、Twitter、Googleアカウント経由で登録することもできます。その後、必要事項を順次入力していきましょう。

workshipの登録画面

3. プロフィール画面が表示されたら、登録完了です。プロフィールを充実させて、あなたの魅力的なキャリアをアピールしましょう!

Workship 登録

Workshipの使い方

ここからは、Workshipでお仕事のやりとりを開始するまでの一連のフローをご説明します。

ステップ1. プロジェクトを探す

Workship 募集

まずは自分のやりたいプロジェクトを探しましょう。

上部メニューの「募集」タブをクリックすると、企業が募集を出しているプロジェクトを一覧で見られます。興味のあるプロジェクトをクリックして、詳細を確認してみましょう。

Workship 気になる!ボタン

関わってみたいプロジェクト案件があったら、「気になる! 」ボタンを押してみましょう。すると企業側に通知が届きます。

そのうえで企業側からも「気になる!」が押されれば、マッチング成立。お仕事のやり取りへと進めます。

ステップ2. マッチング状況を確認する

Workrhip 気になる

次に発注者とのマッチング状況を確認する方法です。

画面上部の「気になる!」タブをクリックすると、あなたと企業のマッチング状況を確認できます。

場合によっては発注者から直接アプローチがくることもあるため、定期的に確認するのがおすすめです。プロフィールを充実させ、あなたのできること、やりたいことが伝わるようにしておきましょう!

ステップ3. 企業とやり取りをする

Workship メッセージ

発注者とマッチングしたら、サービス内の「メッセージ」機能を使い、プロジェクトの概要や諸条件の確認、面談の日程調整などについて直接連絡できます。

なお、マッチングしてすぐに企業と契約が結ばれるわけではありません。条件について確認したあと、やはり難しいと判断した場合は辞退することも可能です。

まずは気軽に「気になる!」ボタンを押してみましょう。

ステップ4. 成約報告をする

発注者とのメッセージや面談などを通じて、お互いが合意し、稼働開始日が決まった場合は「成約」となります。成約後は、かならず「成約報告」を行うようにしてください。

成約報告後、正式にお仕事依頼が決まると、Workshipからお祝い金1万円がプレゼントされます。

成約報告は、画面上部の「気になる!」ボタンを押し、一覧画面から「成約報告する」を選択しましょう。

成約報告

確認事項を一読し、問題なければ再度ボタンを押して完了です。

成約報告-2

ステップ5. 契約する

成約報告後は、実際の契約へと進みます。

契約手続きはWorkship担当者より個別で連絡が入り、「Workship」「発注者」「受注者」の三者間で以下3つの契約を結ぶことになります。

  • 機密保持契約
  • 準委任契約
  • 個別契約

契約書はWorkshipのシステムが自動生成してくれるのでご安心ください。

なお、「機密保持契約」「準委任契約」は成約前から結ぶことができるため、成約の手続きをスムーズにするためにも事前の契約をおすすめします。

ステップ6. 業務をおこなう

無事に契約まで完了したら、いよいよ実際に業務を開始してください。

業務実施後は、月末に「作業実施報告書」を提出し、報告書の内容をもとに報酬が支払われます。

Workship開発者が伝えたいアピールポイント

石倉彰悟
石倉彰悟

株式会社GIG SkillShare事業本部 開発事業部 部長(PdM)。ソーシャルゲーム会社でカスタマーサポートとして従事したのち、エンジニアに転身。大手決済システムやEC系Webサービス等の開発業務を経て、2018年7月GIGにジョイン。『Workship』の開発チーム責任者として、施策の立案、開発、品質管理、プロジェクト管理を一貫して行う。

Workshipを開発した担当者へ、直接アピールポイントを聞いてみました!

Workship開発担当の石倉さんいわく、おすすめポイントは以下の4つとのことです。

  • 職種が豊富
  • エージェントによるサポートも充実
  • お祝い金がもらえる
  • 前払い機能がある

開発者おすすめポイント1. 職種が豊富

Workshipの職種

フリーランス・副業者向けのマッチングサービスは、エンジニアなどのIT系職種に特化したサービスが多いです。

WorkshipもIT系の案件には力を入れていますが、デザイナー、エンジニア、ディレクター、マーケター、編集者、人事、広報、セールス、カスタマーサクセスなど、さまざまな職種の方に対応した案件をご用意しているのが特徴です。

自分の職種に合ったお仕事が探しやすくなっています。

開発者おすすめポイント2. エージェントによるサポート

Workshipエージェントサポート
Workshipでは自分で案件を探すだけではなく、担当のエージェントがあなたに合う案件を見つけ、企業への推薦までをサポートする「エージェント機能」があります。

担当のエージェントが面談をいたしますので、ご希望の方はプロフィール画面からお気軽にご依頼ください。

詳細はこちら(Workshipヘルプページ)

開発者おすすめポイント3. お祝い金

Workship お祝い金

Workshipでは、契約の成立をWorkshipに報告すると1万円のお祝い金がもらえます。

新しいお仕事の準備に使うも良し、景気づけに美味しいご飯を食べても良し、使い道に制限はありません!

開発者おすすめポイント4. 前払い機能

Workship前払い機能

Workshipでマッチングしてお仕事をはじめられた方には、期日よりも早く報酬を受け取れる「前払い機能」を提供しています。

状況によって、資金繰りを調整したいときにご活用ください。

Workshipとクラウドソーシングの違い

「Workshipとクラウドソーシングは何が違うの?」と思われる方も多いのではないでしょうか。

そこでクラウドソーシングとの違いを以下3点に絞って解説します。

  • ハイスキルな案件が充実
  • 担当者との距離が近い
  • 前払い制度やお祝い金サービス

違い1. Workshipはハイスキルな案件が充実

クラウドソーシングでは「初心者でも安心!」「主婦のすきま時間を有効活用!」など、未経験者向けの案件も多い傾向にあります。

一方のWorkshipでは、経験豊富なフリーランス・副業ワーカー向けの案件が多めです。

経験や実績をある程度積んだうえで、「もっと面白い仕事がしたい!」「上流工程に関わりたい!」「今よりさらにスキルアップしたい!」といった方におすすめです。

違い2. Workshipは担当者との距離が近い

他社マッチングサービスの場合は、そもそも担当エージェントがつくこと自体がまれです。条件の調整や報酬交渉なども、フリーランス・副業ワーカーと企業が直接やり取りすることがほとんど。

一方のWorkshipは、希望者には担当エージェントがつくため、不安なことがあれば都度相談しながら進められます。

オンラインでのやりとりが多くなる以上、なるべく不安材料はなくしたうえで仕事に臨みたいですよね。より安心して案件を探したいなら、ぜひWorkshipの利用をご検討ください。

違い3. Workshipには前払い制度やお祝い金がある

Workshipには、報酬を前倒しで受け取れる「前払い制度」や、企業とのマッチングが成立したら1万円もらえる「お祝い金」など、クラウドソーシングではあまり見られない嬉しいサービス体制が整っています。

Workshipとエージェントサービスの違い

次に、他社のエージェントサービスとの違いを解説します。以下4点がおもな相違点です。

  • 希望する案件を自分で探せる
  • フリーランス向けのサポートが充実している
  • 希望が合えば正社員登用も
  • エージェントサービスとしても活用できる

違い1. Workshipは希望する案件を自分で探せる

従来のエージェントサービスは、担当者とのヒアリングのうえ、担当者から案件を紹介してもらいます。

一方のWorkshipは、職種や時給条件、リモートの可否、週の稼働日数など、希望する働き方に合わせて自分で検索が可能です。より自分に合った仕事を見つけやすい仕組みになっています。

もちろん「自分に合った仕事かどうかピンとこない……」といった場合は、担当エージェントに相談も可能です。

違い2. Workshipはフリーランス向けのサポートが充実している

フリーランスとして独立したばかり、または長くフリーランスとして活動していきたい方向けに、確定申告にまつわるアドバイスや勉強会の招待などを行っています。

また、Workshipで成約した方には、無料で利用できる賠償責任保険『Workship PREMIUM』が自動付帯。万が一の際も安心です。

Workship PREMIUM

違い3. Workshipは希望が合えば正社員登用も

フリーランス227名を対象にしたWorkshipの調査によると、「転職活動中ではないが、転職オファーがあったら検討する」と答えた人は45%に上りました。

この結果を受けてWorkshipは、個人と企業双方の合意があれば、フリーランスや副業としての関わり方から、そのまま正社員として登用できるシステムを整備。より一人ひとりのキャリアプランに合った働き方を選べるようになりました。

もちろん、正社員の希望がない場合は、フリーランスや副業のまま働けます。

違い4. エージェントサービスとしても活用できる

ここまでエージェントサービスとの違いを見てきましたが、Workshipでも希望者には担当のエージェントがつけられます。そのため、Workshipをエージェントサービス代わりに活用することも可能なのです。

マッチング・エージェントの機能を両方兼ね備えたサービスなので、皆さんのご希望に合わせたお仕事探しを実現できます。

おわりに

Workshipは、人口や労働時間の減少、働き方の多様化がすすむこれからの日本を見据えて、フリーランスや業務委託、副業、パラレルワーカーが働きやすい世の中をつくるために生まれたサービスです。

今後はマッチングサービスとしてだけではなく、コワーキングスペース/シェアオフィスの検索サービスキャリアアップのためのイベント検索サービス、e-learningなどの教育サービスも提供予定です。

個人にとっても企業にとっても、いまよりもっと挑戦できるセカイを目指して。あなたもWorkshipで、一緒にはたらくセカイをより良くしてみませんか?

(執筆&編集:Workship MAGAZINE編集部)

40,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 累計40,000人以上のフリーランス・副業ワーカーが登録
  • 東証プライム上場企業からスタートアップまで多数参加
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 公開中の募集のうち66%がリモートOKのお仕事
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。また、本メディア内に掲載されているリンクには、アフィリエイトURLが含まれる可能性があります。

SHARE

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE
週1〜3 リモートワーク 土日のみでも案件が見つかる!
Workship