YouTube広告の掲載料は意外と安い!? タイプ別費用と出稿フローを解説

MARKETER

近年ますます市場規模が拡大しているYouTube。最近ではそのユーザーの多さから、YouTubeでCM広告を行う企業も増えています。

本記事ではYouTubeで動画広告を行う際にかかる費用を3つの種類別にご紹介します。

動画広告の出稿手順やポイントも解説するので、これからYouTubeで動画広告を行いたい企業の方はぜひ参考にしてください。

YouTube動画広告の仕組み

一般的な動画広告は「クリック単価」で費用が決定しますが、YouTubeの動画広告は「視聴時のアクション」により料金が決まります。

まず、YouTubeの動画広告で出稿者の支払いが発生するのは以下の2パターンです。

  • 視聴者が動画広告を再生してから30秒が経過したばあい(30 秒未満の広告の場合は最後まで)
  • 動画広告に対して広告リンククリック等の操作が行われたばあい

視聴者が動画広告をスキップし、30秒以上再生されなかったばあいは費用がかかりません。

他の動画広告よりも料金設定が良心的なため、YouTubeの動画広告は気軽に出稿しやすいものとなっています。

YouTube動画広告の種類

YouTubeの動画広告には2つの種類があります。それぞれの特徴と広告費用は以下のとおりです。

1. インストリーム広告

インストリーム広告

インストリーム広告は、YouTube動画の再生前・再生中・再生後に動画広告が表示されるものです。再生され始めてから5秒後にスキップが可能となっています。

広告費用は入札形式であるためターゲットの設定や視聴完了率によって変動しますが、動画広告1再生あたり数円~20円が相場です。

また最大15秒の、「スキップ不可のインストリーム広告」という形式も存在します。

2. バンパー広告

インストリーム広告

バンパー広告は6秒以内のスキップできない広告動画で、動画の再生前・再生中・再生後に流れます。

YouTubeの広告の中でもバンパー広告は例外で「視聴単価」ではなく「CPM単価」で費用が決定します。広告が1000回表示される度に広告費が発生する仕組みです。

バンパー広告はCPM:300〜700円が相場のようですが、ターゲットや競合によって単価は大きく変動します。

高い広告費をかければそれだけ目的のユーザーに届く可能性も高まりますが、想定したような効果が得られない場合、広告費用が無駄になってしまいます。まずは自社で広告に充てられる予算を設定し、効果を計測しながら逐一調整しましょう。

広告出稿の流れ

1. 広告用の動画を作成する

インパクトのある動画広告

YouTubeの動画広告は種類によって特徴が異なるため、それぞれの条件に合った動画を制作しましょう。

短時間で印象に残り、視聴者が見たい!と思うインパクトのある広告用の動画を制作できるかが鍵となります。

2. YouTubeに動画をアップロードする

動画 アップロード

動画が完成したら、Youtubeにアップロードしましょう。

YouTubeの画面右上や管理メニューに「アップロード」という項目があります。

画面の指示に従い、動画をアップロードしましょう。

3. Google Adwordsで動画広告出稿の設定を行う

Google Adwords(Google広告)から動画広告配信の設定を行いましょう。Google Adwords(Google広告)とは、YouTubeを含むGoogle関連サービスに広告を出稿するためのプラットフォームです。

Google Adwords キャンペーン

Google Adwordsに登録・ログインしたら、「キャンペーン → 新しいキャンペーン」をクリックしましょう。

Google 広告 キャンペーン

Google 広告 出稿方法

画面の指示に従い、動画広告の目的や広告タイプ、1日当たりの広告料などを設定しましょう。

Google Adwords キャンペーン 完了

すべて設定後、動画広告の審査と支払い手続きが完了次第、動画広告の掲載が開始されます。

多くの人に広告を見てもらうためには

ペルソナを想定する

YouTubeのユーザーは老若男女さまざまです。そのため商品やサービスの特徴に合わせたペルソナを設定し、動画広告を配信することが重要。

出稿する前に扱う商品やサービスに関心があるユーザーを細かく・具体的に絞り、動画広告の内容やターゲティングを考えましょう。

日々のチューニングを欠かさない

広告動画を出稿した後は、動画が適切なユーザーにアプローチされているかを日々確認することが大切です。

Google Adwords(Google広告)やGoogleアナリティクス、YouTubeアナリティクスなどの分析ツールを使うことで、視聴率・クリック率・広告視聴単価などをチェックできます。広告動画のターゲットや配信のタイミング、指定エリアや入札価格の調整を行い、より高い費用対効果を追求しましょう。

まとめ

今回はYouTubeの動画広告にかかる費用や種類、動画配信の流れやポイントをご紹介しました。

YouTubeの動画広告はきちんとした手順を踏めば、どんな企業でも低予算で簡単に始められます。

ポイントを抑えた動画広告を行なって、自社のWebサイトやYouTubeチャンネルにユーザーを導きましょう。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ