動画広告とは【意味/読み/英語表記】(どうがこうこく、Video ad)

動画広告の概要

動画を利用した広告を動画広告といいます。YouTubeの動画再生中やWebサイトの広告欄に流れるCMのような動画を指します。動画広告は主に以下の3つの種類に区分されます。

  • インストリーム動画広告
  • インバナー動画広告
  • インリード動画広告

動画広告の詳細

動画は静止画の5,000倍の情報量を持ち、1分の動画で180万字の情報を伝えられると言われています。この訴求効果の高さに加えてYouTubeのような動画広告プラットフォームの普及、モバイル端末での高速通信が可能になったことから多くの企業で動画広告の利用が進んでいます。

インストリーム広告はYouTubeの動画再生中の広告のように、プラットフォーム内で動画を再生する際に動画の再生前・再生途中・再生後に再生される広告です。多くのユーザーにリーチできる点が特徴です。

インバナー動画広告は各Webサイトの広告バナー部分に配信される動画広告です。ユーザーのニーズに合わせて動画広告を配信してくれるため、CVRが高い傾向にあります。

インリード広告は記事サイトの記事内で再生される動画広告です。インリード広告は動画の開始時からユーザーに表示できるため、ストーリー性を持った動画を正しく伝えられるメリットがあります。

動画広告を利用する際はこうした特徴を踏まえて適切な配信プラットフォームを選ぶ必要があります。

動画広告の関連項目

動画マーケティング

「動画広告」の記事一覧

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ