BizOn! Ads

やめたほうがいい4つのデザイントレンド

4 Design Antitrends You’d Better Avoid
DESIGNER

デジタル製品において、視覚的な魅力はとても重要です。毎年刷新されるファッション業界のトレンドと同様、Webサイトやアプリのデザインにもトレンドがあります。

しかし取り入れるべきトレンドがあるいっぽう、取り入れるべきではないトレンドも。今回は、避けるべき4つのデザイントレンドを紹介します。

1. フラットイラストレーション

フラットイラストレーションは、これまでいたるところで使われてきました。

Googleは大規模な「マテリアルデザインガイド」を開発し、デザインをシンプルに仕上げる方法を共有。インターフェースからは繊細な表現が消え、分かりやすいシンプルなデザインになりました。

しかし2022年現在、フラットイラストレーションはもはや使い古されたトレンドであり、アップデートの必要が出てきています。

かわりに、Neumorphism(ニューモーフィズム)を適用してみましょう。モノトーンのシンプルな背景に影をつけることで、ボリューム感とリアル感を表現できます。インターフェースに負荷がかからないのもポイントです。

4 Design Antitrends You’d Better Avoid

▲出典:Muzli

2. 動画を使った背景

背景に動画を使うと、躍動感が増して、企業の雰囲気が伝わると言われていました。

しかしWebサイトの読み込み速度が遅くなる、サイズを下げようとすると繰り返しが多くなるなど、欠点もあります。またモバイル端末で読み込まれなかったり、デザインが崩れたりする危険性も。

動画の代わりにおすすめなのが、以下のようなイラストアニメーションやモーショングラフィックスです。色数を抑えることで負荷も下がるほか、プログラムにより実装することも可能です。

4 Design Antitrends You’d Better Avoid

▲出典:Muzli

3. 派手すぎるネオンカラー

危険を感じさせるような派手すぎるネオンカラーは、必要な場合以外は避けたほうがよいトレンドです。

Webサイト上の情報から注意をそらすだけでなく、日常的にストレスを感じている私たちの脳にとって、負担になってしまいます。

派手な色はトレンドではありますが、本当にデザインに取り入れるべきかを慎重に判断しましょう。派手な色であっても、以下のように色数を絞ることで魅力的なデザインにできます。

4 Design Antitrends You’d Better Avoid

▲出典:Muzli

4. ミニマルすぎるデザイン

極端なミニマリズムも避けるべきトレンドです。とくに商品紹介などの場合は、気をつけましょう。ミニマルにしすぎて情報が伝わらなければ意味がありません。

ユーザーはプロダクトの詳細な情報を知りたがっています。ミニマルさにこだわりすぎず、質の高いコンテンツを心がけましょう。もしユーザーが必要としている情報を与えられなければ、競合他社にユーザーを取られてしまうかもしれません。

以下は、ほどよくミニマルなデザイン事例です。

4 Design Antitrends You’d Better Avoid

▲出典:Muzli

トレンドを見極めよう

2022年のデザイントレンドには「インタラクティブ性」「ストラクチャー」「明るさ」が重視されています。反対に「フラットイラストレーション」「動画背景」「派手すぎる色」「極端なミニマリズム」は避けるべきでしょう。

移り変わっていくトレンドを追いかけるのは大変ですが、この記事を参考に取り入れるべきデザイントレンドを見極めてみてください。

(執筆:Explain Ninja 翻訳:Asuka Nakajima 編集:北村有 提供元:Muzli

SHARE

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE
デザイナー副業案件
Workship