Amazonの商品ターゲティング広告は高CV?成功させるための3ステップ

MARKETER

書籍が国際標準図書番号「International Standard Book Number(ISBN)」で識別されるように、Amazonは独自の商品識別番号として「Amazon Standard Identification NumberASIN)」を作成しています。

そしてAmazonは2018年11月のアップデートで、このASINをターゲティングしたスポンサープロダクト広告(商品ターゲティング広告)を出稿できる機能をリリースしました。

これまでもAmazonの商品詳細ページに広告を表示することは可能でした。しかしこれは「キーワードターゲティング広告」で、ユーザーの検索行動に基づいて表示されます。例えば、Amazonユーザーがメンズのバスケットボールシューズを検索し、あるシューズをクリックしたら、その人はAmazonのアルゴリズムに選ばれたシューズやメンズのスポーツアパレルに関する広告を見ることになります。一方の「商品ターゲティング広告」では、広告主は特定のメンズバスケットボールシューズのASINをターゲットとして設定できるのです。

商品詳細ページは広告主にとって不動産のようなものです。競合他社の商品ページに直接広告を表示させれば、そこからマーケットシェアを奪い、自社の売上につなげられます。本記事では、この商品ターゲティング広告を成功させるための戦略をご紹介します。

商品ターゲティング広告は高CVR?

この広告プラットフォームがどう機能するか確認するため、実際に利用してみました。

まず、競合製品のリストを参照しながら、広告を設置したいASINを設定します。まったく同じカテゴリーだけでなく、関連する商品のASINもリストアップしました。

一例として、スーパーマンのフィギュアのASINをターゲティングし、商品ページに5種類のスーパーマンTシャツの広告を表示させてみました。「フィギュアが欲しいスーパーマンファンであれば、スーパーマンのTシャツも欲しいのではないか」というアイディアに基づくものです。

Superman_figure

商品ターゲティング広告もキーワードターゲティングと同様、継続的に表示するにはCPC(クリック単価)を十分に上げる必要があります。

検証の結果、商品ターゲティング広告を確実に表示するためのクリック単価は、Amazon内でのキーワードターゲティング広告のクリック単価とほぼ等しいことがわかりました。例えばペット用品で検証した際、商品ターゲティング広告では平均60セントのCPCがかかりますが、キーワードターゲティングの場合でも58セントのCPCであり、ほぼ同じ費用が必要でした。

しかし面白いことに、商品ターゲティング広告のコンバージョン率(CVR)はキーワードターゲティング広告よりも高くなりました。キーワードターゲティング広告のコンバージョン率6%に対し、商品ターゲティング広告は15%と、圧倒的に効率的です。

これらの知見から我々は、スーパーマンフィギュアの販売者が売っている全商品に対して商品ターゲティング広告のキャンペーンを作りました。結果、商品ターゲティング広告はこれまでより安い広告費で、広告収入全体の40%を占める売上をあげました。

Superman_bottle

あなたのプロダクトは商品ターゲティング広告に向いてる? 見分けるポイント3選

一連のテストの中で、我々は特に商品ターゲティング広告の効果が高い商品の特徴を3つ発見しました。

ポイント1. 広告クリック単価が低い

CPC(クリック単価)の高い、飽和している市場では、新しく商品ターゲティング広告を始めたからといって目覚ましい効果が得られるとは限りません。しかしCPCの低い市場であれば、キーワードターゲティングよりも簡単に、かつ効率的に消費者にリーチできるでしょう。

ポイント2. 他の商品よりも安い

価格的競争力がある商品は、商品ターゲティング広告に向いています。ほかに似ている商品が出回っており、その商品よりも安く提供できるなら、ぜひ商品ターゲティング広告を利用しましょう。

有名ブランドの商品ページ上に直接表示することで、消費者の注目は安い価格に惹きつけられます。

ポイント3. 補完財が多い

補完財(その商品と一緒に消費される商品)にターゲティングをすることも、商品ターゲティング広告を効果的に利用する方法のひとつです。例えば商材がプロテインなら、シェイカーボトルやジム用品にターゲティングするとよいでしょう。あなたの商品に興味を持つ可能性のある消費者にリーチするチャンスを与えてくれます。

商品ターゲティング広告を始める3つのステップ

オンラインマーケットでの存在感を増すために、Amazonの商品ターゲティング広告が重要であることが、ここまででお分りいただけたでしょう。それでは次に、商品ターゲティング広告の始めかたを、3つのステップで説明します。

ステップ1. Amazonでキーワード検索してみる

キャンペーンを始める前に、市場の状況を理解するところから始めましょう。そのためにはまず、どのようなキーワードを表示させたいのかを明らかにする必要があります。いくつかのキーワードでAmazon内を検索し、あなたの商品を探してみましょう。

Arrows10』など、自分の商品がどのような検索キーワードで表示されるかを簡単に調べるツールがあるため、活用してもよいでしょう。

ステップ2. 検索トップの商品を見つける

いくつかのキーワードで検索して、それぞれトップにヒットする商品のASINをリストアップしていきます。『Web Scraper』や『ZonASINHunter』などのツールを使用し、Amazon検索結果画面からASINを抽出し、CSVファイルにエクスポートするのも良いでしょう。

トップ商品をエクスポートしたら、関係のない商品が取り除かれるようにフィルタリングをします。例えば「犬 おもちゃ」の検索結果には猫用のおもちゃも含まれているかもしれません。こういったターゲティングしたくない商品を全て取り除き、ターゲティングすべき商品のASINだけを集めたリストを作りましょう。

Batman_figure

ステップ3. 商品ターゲティング広告のキャンペーンを作成する

完成したASINリストを使って、新しい広告キャンペーンを作ります。設定の手順は以下の通りです。

手順1. Amazon セラーセントラル→スポンサープロダクト広告を選択する

Amazon セラーセントラル

手順2. マニュアルターゲティングに設定する

マニュアルターゲティングに設定

手順3. 広告を出したい自分の商品を選ぶ

広告を出す自分の商品を選択

手順4. 「商品ターゲティング」に設定する

商品ターゲティングに設定

手順5. 「個々の商品」→「リストを入力」でリストアップしたASINを入力する

「特定の商品」からASIN入力

ターゲティングしたい商品が設定できたら、早速「キャンペーンを作成」で広告運用を始めましょう!

まとめ

ASINターゲティングは、まだ開始してから数ヶ月しか経っておらず、まだ利用している人は少数です。しかし、近いうちにEコマースの広告戦略として当たり前になるでしょう。マーケターであれば時代を先取りしなくてはいけません。

商品ターゲティングで安定して効果を出せるまで使いこなすには時間がかかりそうです。ぜひいち早く始めてみてください!

(原文:Trevor George 翻訳:Akiko Ogita)

 

こちらもおすすめ!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ