20代の方に限らず、30代から40代の方もキャリアチェンジを考えている方は多いでしょう。

しかし、いざキャリアチェンジをするとなれば「キャリアチェンジが失敗したらどうしよう……」という不安に狩られてしまいますよね。

年代を問わずキャリアチェンジを成功させる秘訣は、「事前準備を怠らないこと」です。年代に合わせた準備をすることで、希望の仕事に就ける可能性がぐんと上がります。

そこで今回はキャリアチェンジを成功させるためのポイントを年代別にご紹介します。キャリアチェンジを考えている方はぜひ参考にしてみてください。

キャリアチェンジとは

キャリアチェンジとは、「経験したことのない業界や職種に転職すること」を指します。

似た言葉に「キャリアアップ」がありますが、こちらは同じ業界や職種のなかで高いポジションを目指したり、社内で出世することを表すため、厳密には意味の違う言葉です。

キャリアチェンジには、おもに以下のような2つのパターンがあります。

  • 同業界/異職種へのキャリアチェンジ
  • 異業界/同職種へのキャリアチェンジ

あなたの希望するキャリアチェンジはどちらのパターンに当てはまりますか?

ここからは、それぞれのキャリアチェンジ後に年収がどのように変化するかも合わせて解説します。転職準備をする前にあらためて照らし合わせてみてください。

同業界/異職種へのキャリアチェンジ

まずひとつめが「同業界/異職種へのキャリアチェンジ」です。これまでと同じ業界のなかで、職種のみを変える転職を指します。

たとえ同じ業界だとしても、これまで経験のない職種に就くことになるため、「前よりも年収が下がってしまうのではないか」と心配になりますよね。

しかしキャリアチェンジする職種によっては、一概に年収が下がるとは言い切れません。

以下は求人・転職サービス『DODA』による、2019年の職種別平均年収をランキングで示した表です。

専門職は必要な知識やスキルが多く、種類によっては資格も必要になりハードルが高いため、平均年収が高い傾向にあります。

また、次に年収が高い企画/管理職は511万円、もっとも年収の低い販売/サービス系職は328万円と、およそ180万円の差があることも分かります。職種によっては大幅に年収が上下してしまうことが分かりますね。

「年収が減ってしまう!」と考えると転職をするのに躊躇してしまうかもしれません。しかし、キャリアチェンジは、自分のやりたいことや実現したいことを目指すため選択です。もっとも自身の幸福度が上がる選択はどのようなものか、あらためて考えてみましょう。

異業界/同職種へのキャリアチェンジ

これまでと同じ職種で業界のみ変える転職のことです。業界によって年収の水準が違うため、業界を変えるだけで年収が上がることもあります。

それでは年収の水準が高い業界とは、どんな業界でしょうか?

以下は求人・転職サービス『DODA』による、2019年の業種別平均年収をランキングで示した表です。

もっとも年収の高いのがメーカーで454万円、もっとも年収の低い小売/外食で351万円と、およそ100万円の差があることが分かります。業界によってかなりの年収差があるので、気になる業界を事前にリサーチすることが重要です。

また同じ業界だとしても、所属する会社によって年収が大幅に違う場合も。気になる業界や会社がある場合は、転職サイトで検索してみましょう。

キャリアチェンジしやすい業界や職種とは

未経験でもキャリアチェンジしやすい業界や職種は存在します。代表的なのはIT業界です。

業界別の転職求人倍率の推移を表した以下のグラフを見てみましょう。

「IT・通信業界」の転職求人倍率はすべての期間において約5〜8倍の求人倍率となっています。求人倍率は、求職者1人あたりの求人数を表しており、数値が高いほど売り手市場となります。

IT業界の水準は他の業界と比べて圧倒的に高いです。上のグラフから分かるとおり、IT業界は他業界よりも人材が不足しているため、未経験者でも積極的に採用する流れがあるのです。

また、技術職や専門職もキャリアチェンジがしやすい職種です。職種別の転職求人倍率の推移を表した以下のグラフを見てみましょう。

技術職は特定のスキルや知識を必要とするため、求人数に対して応募数が圧倒的に足りていません。

また応募にあたって専門資格が必要になる職種も多いため、専門職の求人倍率も高い水準となっています。

技術職と専門職は、どちらもハードルの高い職種なため、一見キャリアチェンジには向かないと思ってしまうかもしれません。しかし必要な知識や資格さえ取得すれば、成功する確率は上がります。

確実にキャリアチェンジを成功させるため、専門スキルや資格を身に付けてこういった業界/職種に挑戦するのも選択肢のひとつです。

【第二新卒、20代向け】キャリアチェンジで失敗しないための方法

それでは第二新卒や20代のキャリアチェンジにおいて、成功させるためのポイントをご紹介します。

未経験の職種や業界へのキャリアチェンジは、同じ職種や業界へのキャリアアップと比べて難しいと思われがちです。

しかし第二新卒や20代の場合、スキルや実務経験よりも入社後の伸びしろや人柄が重視されます。そのため「経験がないから転職は無理だ」と諦めてしまうのはまだ早いでしょう。

第二新卒や20代の方は、以下の3つのポイントを抑えることで、キャリアアップ成功の確率がグッと上がります。

  • 自分のアピールポイントを見つける
  • 若いからこその柔軟性や熱意を売り込む
  • 社会人としての基礎マナーを面接で実践する

ひとつずつ解説します。

自分のアピールポイントを見つける

まずは学生時代を含め、これまで頑張ってきたことを棚卸ししてみましょう。

キャリアチェンジ後に役立つような知識やスキルを見つけ、自分だけのアピールポイントとして売り込めば採用に繋がりやすくなります。最初はどんなに些細なことでもいいので、まずは紙に書き出してみましょう。

  • 留学経験があり、母国語以外にも話せる言語がある
  • インターンを◯年、正社員を◯年やり、特定分野の実務経験がある
  • イベント企画などの運営やリーダー職を経験したことがある

小さなことからはじめて、徐々に「人にはない自分だけのアピールポイント」を見つけてみてください。

若いからこその柔軟性や熱意を売り込む

経験の浅い第二新卒や20代の方は、若いからこその柔軟性や熱意を存分にアピールできます。

新しい環境にもすぐに馴染める柔軟性や、仕事に対して真摯に取り組む熱意をアピールすれば、会社側は「この子と一緒に働きたい!」という気持ちが強くなります。履歴書や面接の場でこれらを上手くアピールできれば、ともに仕事をしていく仲間として受け入れられやすくなるでしょう。

「転校回数が多かったが、友達をつくって周りに馴染むのが早かった」「学生の頃から勉強に対する姿勢をよく褒められていた」など、具体例も合わせてアピールできるとさらに心象がよくなるので、ぜひ参考にしてみてください。

社会人としてのマナーを徹底する

どんな職種や業種であっても、必ず必要とされるのが「社会人としての最低限のマナー」です。

面接の場は、短い時間でマナーの有無を判断される機会になります。緊張するかもしれませんが、高度なマナーを披露する必要は全くありません。最低限のマナーを心得ていることをアピールすればいいので、リラックスして臨みましょう。

最低限のマナーとは、椅子には声をかけられてから座る、背もたれは使わないなどを指します。面接では、意外と基本的なところを重点的にみられているのです。

不安な方は、ビジネスマナーや面接時マナーについて解説している書籍を1~2冊読んだり、以下の記事を読んだりするのがおすすめです。

【30代、40代向け】キャリアチェンジで失敗しないための方法

30、40代のキャリアチェンジは、第二新卒や20代と比べるとかなり難しくなってきます。しかし、以下でご紹介する4つのポイントを押さえれば、成功できる確率はぐっと上がるでしょう。

  • キャリアチェンジする理由を改めてよく考える
  • 専門性やスキルを見出す
  • 目標を持つ
  • 社内異動を検討する

ひとつずつ解説します。

キャリアチェンジする理由を改めてよく考える

第二新卒や20代のキャリアチェンジは、経験よりも人柄や素質を評価される傾向にあるため、採用に至りやすいです。

しかし30代、40代になると、「なぜキャリアチェンジをしたいのか」「キャリアチェンジをして何を成し遂げたいのか」などを会社から厳しく問われます。

これまである程度キャリアを積み上げてきたうえで、それでもキャリアチェンジしたいと考える理由をあらためて考えてみましょう。採用する側にとってもメリットになるような説得力のある理由を見つけることが重要です。

専門性やスキルを見出す

これまでの仕事をとおして身につけた専門性やスキルを、キャリアチェンジ後にどのように活かせるのかを考えましょう。

また、その専門性やスキルを得るまでにどのように努力してきたのかも説明できるようにしておくと、会社側も「入社後した時にどのような頑張りを見せてくれるのか」をイメージしやすくなります。

これらを振り返ることは、いまの時点で自分に足りていない知識やスキルを見つけ出すのにも役立つでしょう。

キャリアチェンジ後に活かせるのはどんな知識やスキルなのか、これから新しく勉強しておくとどんなことに役立つのか、常に勉強しておくことが大切です。

目標を持つ

キャリアチェンジをして自分は何がしたいのか、どんなことを実現させたいのか、目標を明確に持ちましょう。

目標をはっきりさせないまま中途採用面接に挑んでも、お互いマッチせずにお見送りになる可能性が高いです。

紙に書き出す、人に相談する、希望する業界や職種の人に話を聞くなどして、あらためて自分の理想はどんなものか考えてみましょう。

社内異動を検討する

業界を変えずに職種だけキャリアチェンジしたい場合、社内異動の希望を出すことも選択肢のひとつです。そうすれば「いきなりキャリアチェンジしたら失敗するかもしれない……」と不安を抱えることもありません。

しかし希望する職種に空きがない可能性もあります。

その場合は、同業界での経験を活かしたキャリアチェンジを検討するといいでしょう。

キャリアチェンジに失敗しないために、副業で実績を積むのも一手

ノート

キャリアチェンジを成功させる準備のひとつとして、「副業をはじめる」という選択肢もあります。これは実績を積み、キャリアチェンジ後の仕事に慣れておくためです。

面接時のアピールとして使える実績を積めたら一石二鳥な上、万が一キャリアチェンジが上手くいかなかった場合も、フリーランスに転身する道が拓けるのでおすすめです。

評価してもらえる実績を積む

未経験からどれだけ成長できたか、どこまでの技術を身に付けられたのか、スキルが分かりやすい実績を積んでおきましょう。

また期間を決めて「未経験からここまでできるようになった」と数字や成果を提示できるようにすると、評価されやすくなります。

フリーランスという働き方も

もしキャリアチェンジが上手くいかなかったとしても、副業で実績を積んでおけば次の会社にトライしやすくなります。

また副業でたくさんの実績を積み、スキルを高めたうえでフリーランスとして働くのもひとつの手です。

Workship』は、デザイナーやエンジニア、マーケター、編集者、人事、広報などあらゆる業界で活躍するプロの人材と企業をマッチングするスキルシェアサービスです。

フリーランスとして働くことを検討される方は、ぜひWorkshipの登録も考えてみてくださいね。

Workshipを使ってみませんか?

Workshipを使ってみませんか?

詳細

フリーランス利用料無料(お仕事成約でお祝い金1万円!!)
登録者数15,000人
マッチング最短即日

おわりに

キャリアチェンジを成功させるための事前準備について、年代別にポイントを詳しく解説しました。

希望の業界や職種に就くためには、「理想とするキャリアチェンジとは何か」を明確にすること、そしてそれに沿って準備を怠らないことが大切です。

ぜひ転職をする前に、こちらの記事を参考に準備を進めてみてください。

(執筆:Shinto Nana 編集:Kitahara Yuu)

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ