モンスターアカデミア 広告

【5分でできる!】カラーパレットの作り方

Create Color Palette Easily

色は、あらゆるデザインの印象を大きく左右する要素です。そのためデザインで使う色やその組み合わせを決めた「カラーパレット」を決定するのは、デザイナーの重要な仕事といえます。

しかし色はほぼ無限に存在するもの。どの色を組み合わせればいいのか迷うデザイナーも多いでしょう。

そこで今回は、カラーパレットの作り方をご紹介します。色選びの基本を抑え、5分でカラーパレットを作れるようになりましょう。

コカ・コーラ社の事例からわかる色の影響力

筆者は以前、コカ・コーラ社のブランディングプロジェクトに携わっていました。担当したのは、夏に行われるイベントで使用するデザインです。

どのようなデザインにするか悩んでいると、マネージャーから「コカ・コーラ社らしい赤にしてみて」と助言されました。「それだけでコカ・コーラ社だと認識されますか?」と尋ねると、「それがコカ・コーラ社のカラーコードだからね」との返答。

そこで、赤を大胆に使用したデザインを採用したところ、イベントは満員御礼に。観客は赤という色だけでイベントがコカ・コーラ社のものだと認識し、参加を決めたようでした。

Create Color Palette Easily

▲いくつかの色は特定の企業を連想させる(出典:Muzli)

色は、ロゴと同じくブランドを象徴するもの。使用するカラーパレットは、ブランドイメージに直結します。

カラーパレットの作り方

ここからは、カラーパレットの作り方について解説します。4つの簡単なステップで、カラーパレットを作ってみましょう。

ステップ1. ベースカラーを選ぶ

カラーパレットを作るにあたって、まずは土台となる色を選びます。

与えたい印象やブランドの方向性にあった色を選びましょう。他の企業を参考にするのも大切。競合となる企業のカラーパレットを知ることで、色の候補を絞りやすくなります。

Create Color Palette Easily

▲出典:Reddoor Creative

今回はコカ・コーラ社のエピソードにちなんで、赤を選びました。

Create Color Palette Easily

▲出典:Muzli

上図のカラーピッカーのうち、点線で囲まれた範囲から色を選ぶのがおすすめです。

彩度が高すぎたり、色が暗すぎたりしないように気をつけましょう。ここで選んだ最初の色をベースカラーといい、色選びの基準となります。

ステップ2. 明るい色を作る

ベースカラーが決まったら、色を調整してカラーパレットを作っていきます。

Create Color Palette Easily

▲出典:Muzli

色を選ぶ基準になるのが、上図のように左上から右下にかけて白線で引かれたアーチです。

この白線のアーチの中から色を選んだあと、色相を調整するのがおすすめ。違和感のないカラーパレットが作りやすくなります。

Create Color Palette Easily

▲出典:Muzli

まずはアーチのやや左上を選択し、かつ色相をすこし右に動かしました。

すこし明るい、オレンジ寄りの色ができましたね。

Create Color Palette Easily

▲出典:Muzli

同様の方法で、ベースカラーよりも明るい色を3色作ります。

Create Color Palette Easily

▲出典:Muzli

Create Color Palette Easily

▲出典:Muzli

ベースカラーを含めて4色がカラーパレットに揃いました。

ステップ3. 暗い色を作る

ここからは、ベースカラーよりも暗い色を作っていきます。

明るい色を作る際とは逆に、アーチのやや右側を選択し、色相は左側に動かしましょう。

Create Color Palette Easily

▲出典:Muzli

Create Color Palette Easily

▲出典:Muzli

Create Color Palette Easily

▲出典:Muzli

Create Color Palette Easily

▲出典:Muzli

ベースカラーに加えて、明るい色3種類、暗い色3種類、合計7色のカラーパレットが完成しました。

ステップ4. ハードライトでバリエーションを増やす

ブレンドモードをハードライトに設定してレイヤーを重ねれば、色のバリエーションを増やせます。

今回は上の部分に#BABABA、下の部分に#525252を重ねました。

Create Color Palette Easily

▲出典:Muzli

これで21種類の色ができました。ここから組み合わせる色を選びます。

色の組み合わせかたに絶対的なルールはありませんが、暗い色と明るい色を組み合わせ、そこにニュートラルな色を入れるのがおすすめです。

この21色で、以下のようなカラーパレットが作れます。

Create Color Palette Easily

▲出典:Muzli

考えるより作ってみよう

さまざまな色を前にすると、どの色を選べばいいのか悩んでしまいがち。そんな時は、頭で考えるよりも手を動かして、まず色を作ってみましょう。

今回ご紹介した作り方なら、5分もあれば基本的なカラーパレットができます。人によってカラーパレットの作り方はさまざまですが、この方法を覚えておけば、いつでも簡単に色のバリエーションが増やせるはずです。

(執筆:Peter Javorkai 編集:Asuka Nakajima 編集:泉 提供元:Muzil

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。

高単価なお仕事でキャリアを広げませんか?

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・複業・副業向けお仕事マッチングサービス『Workship(ワークシップ)が、そんな悩みを解決します!

  • 28,000人以上のフリーランス、パラレルワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち60%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

登録から案件獲得まで、利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

>フリーランス・複業・副業ワーカーの方はこちら

>法人の方はこちら

Workship CTA

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ