ディープリンクとは?Webサイトからアプリへ直接遷移させる、2つの世界の架け橋

MARKETER

ディープリンクは、ユーザーをWebサイトからスマートフォンのアプリへ遷移させるリンクです。

アプリのダウンロード画面から、アプリのコンテンツそのものに直接遷移させるものまであります。

この記事では、ディープリンクの概要と活用法をご紹介します。

ディープリンクとは

モバイルアプリとWebサイトは、2つの異なる世界で存在しています。この2つの世界を橋渡しするのが、ディープリンクです。

ディープリンクを使えば、標準のWebリンク(HTTP)を介して、アプリの特定のセクションやコンテンツにユーザーを簡単に遷移させられます。ユーザーは手動でアプリに移動することなく、自動的に目的のアプリのページに移動できるのです。

ディープリンクは、シームレスなカスタマージャーニーにとって重要な要素であり、サービス全体のUXを向上させるツールとして有効です。

ディープリンクの種類

モバイル上のディープリンクには、機能や目的により、いくつかの種類があります。

標準ディープリンク(Standard deep linking)

ベーシックリンク(basic links)とも呼ばれる標準ディープリンクは、URIを使用してアプリの特定の場所にユーザーを誘導します。

WebページやEメール、SMS、SNSなど、複数のモバイルチャネルにも対応しています。例えばプッシュ通知をタップすると、メインページではなくアプリの特定の場所にジャンプする機能 は、標準ディープリンクによるものです。

このタイプのディープリンクは、ユーザーのモバイルデバイスに既にインストールされているアプリにしか使用できません。インストールされていない場合は、エラーページが表示されます。

ディファードディープリンク(Deferred deep linking)

標準ディープリンクと同じく、既にダウンロードされているアプリの特定のページにユーザーを誘導します。

ただし、もしそのアプリがダウンロードされていない場合は、Google PlayやApp Storeなどのアプリストアにジャンプし、アプリのインストール画面にアクセスさせられます。

アプリのインストール後は特定のページに移動し、スムーズに目的を達成するのを助けてくれます。

コンテキスト的ディープリンク(Contextual deep linking)

他の2つのタイプよりもレベルが高いのが、このコンテキスト的ディープリンクです。

コンテキスト的ディープリンクは、その「文脈」にあったリンク体験を提供してくれます。このタイプのディープリンクは、ユーザーの情報を保存し、ジャンプした先のアプリに名前やプロモーションコードなどを自動で入力してくれたりするのです。

ディープリンクのメリット

ディープリンクの使用には、いくつかのメリットがあります。

1. コンテンツへの素早いアクセスが可能になる

目的のページへの素早い移動が可能なのが、ディープリンクのもっとも大きな利点です。

ユーザーが友人にページをシェアした場合も、ディープリンクは適切な場所にユーザーを誘導してくれます。

2. UXを向上させる

ディープリンクを使用することで、簡単かつ迅速に、ストレスのないナビゲーションを行えます。これによりUXが向上することは、言うまでもないでしょう。

たとえばGoogle Chromeで地図のリンクを押すことで、Google Mapアプリが立ち上がり目的地を表示してくれます。

Google Map

3. ユーザーエンゲージメントとユーザー保持を向上させる

ディープリンクによってユーザーにアプリをインストールしてもらい、選択したコンテンツに直接移動させることで、ユーザーのエンゲージメントを高め、リテンション率を向上させます。

たとえばユーザーが途中で観るのをやめた番組について、Netflixからお知らせが届きます。このリンクをクリックすると、以前観るのをやめた箇所から再び再生できるのです。

このような仕掛けが、ユーザーのエンゲージメントを高めます。

4. 利用状況総計値(Usage Metrics)を向上させる

ディープリンクを使用すると、ユーザーのエンゲージメント率、リテンション率、リピート率は倍増すると言われています。

たとえばアプリのインストールから1週間以内の新規ユーザーに、オンボーディング関連のお知らせを送ることで、リテンション率は71%向上するというデータがあります。

ディープリンクを使うことで、アプリ遷移を容易にし、利用状況総計値を底上げしましょう。

5. オンボーディング体験をパーソナライズできる

ディープリンクを使用すると、パーソナライズされたUXを生み出せます。

たとえばコンテキスト的ディープリンクで、アプリをインストールしたユーザーの29%は、そのままサインアップに進むというデータがあります。

またオファーやプロモーションなどによって、さらにアプリのオンボーディング体験を向上させられるでしょう。

6. アクティブでないユーザーに働きかけられる

ディープリンクはアクティブでないユーザーに働きかけるのに有効です。

プロモーションコードなどのお知らせを送り、もう一度あなたのアプリにユーザーを呼び戻しましょう。そのときにディープリンクを使うことで、スムーズなアプリ遷移が可能になります。

7. SEOに良い効果がある

Googleのインデックスポリシーによると、ディープリンクを使用したアプリは、検索エンジンで上位に表示される確率が高くなるとされています。

このことからディープリンクの使用は、SEO的にも良い効果があるのです。

8. 収入を増やせる

モバイルアプリを使用するユーザーは、Webコンテンツを使用するユーザーに比べてコンバージョン率が高く、使用時間も長いことが分かっています。

ディープリンクによってエンゲージメントを向上させることで、顧客数も自然とアップし、結果として売り上げも伸ばせるでしょう。

9. マーケティング戦略を評価できる

コンテキスト的ディープリンクを使い、ユーザーに関するデータを集めることで、マーケティング戦略の評価に役立てられます。

deep linking

まとめ

ディープリンクがどのように使用され、ユーザーの体験に影響をどのように与えるのか。

それらを熟考したうえで、最適なタイプのディープリンクを選びましょう。

(翻訳:Sugita Mariko)

 

こちらもおすすめ!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ