検索エンジンから見込み客を集めるためにはSEO対策が欠かせません。何も考えずWebサイトを運用していては、せっかくのチャンスを知らないうちに逃してしまいます。

とはいえ検索の仕組みはとても複雑。検索順位の決定にあたっては、ドメインの運用歴や検索キーワード・関連キーワードがページ内にどれだけ含まれているかなど、多種多様な指標が存在していると考えられています。

それだけにSEOの施策もさまざまですが、今回取り上げるのはSEO対策でも特に重要と考えられている「リンクビルディング」。

この記事では、リンクビルディングとは何か、具体的に何をすればよいのかについて解説します。

リンクビルディングとは

リンクビルディング

「リンクビルディング」とは、被リンクを集めるために行う施策のことをいいます。わかりやすく言うと、外部のサイトに自サイトへのリンクを張ってもらう施策のことです。

「外部リンク対策」「被リンク対策」「外部SEO」と呼ばれることもあります。

被リンクがSEO対策で重要になる理由

Googleの目的は「ユーザーの求めるコンテンツを適切に検索結果に反映すること」です。あなたも検索エンジンを利用する時、求めている情報が検索結果の1ページ目にあることがほとんどでしょう。

しかし、質の高いコンテンツだからといって確実に上位表示できるわけではありません。なぜならGoogleのAIだけでは、ページのクオリティを完璧に判断するのは難しいからです。

現在のGoogleのAIは、コンテンツ量が豊富かどうか、文章として不自然ではないかどうかを判断することはできます。しかしそのコンテンツを人間が見た時に、どれほど価値を感じるのかを計測することはできません。例えば文字数が少ない記事でも、必要な情報が見やすく簡潔にまとまっていたり、他にはない稀少性の高い情報であったりすれば、それは間違いなく良質なコンテンツです。しかしいまのAIではこの「文章そのものの質」を判断できないため、被リンクの量や質を頼りに検索順位を決めているのです。

そこでGoogleの判断基準として「被リンク」が重要になるのです。Webサイトのページを学術論文にたとえるなら、被リンクは「引用」にあたります。良質なデータを掲載している論文は他の論文に多く引用されますが、これはWebサイトであっても同じです。たくさん被リンクがついていたり、すでにGoogleから評価を得ているWebサイトから被リンクがついていたりすれば、リンク元になっているページの評価も引き上げられることになります。

リンクビルディングの方法

リンクビルディングの方法

1. リンクを依頼する

他のサイト運営者に連絡をとり、「自分のサイトへリンクを張ってくれないか」と頼む方法です。具体的には、相互リンク依頼やSEO業者への依頼が挙げられます。

結論からいうと、この方法はおすすめできません。

たしかに依頼した被リンクでも効果は発揮されます。ローンチしたばかりのサイトでもすぐに被リンクを集められるため、即効性の高い方法ともいえるでしょう。

しかしこれはGoogleの意図している被リンクの付き方ではありません。Googleの目的はユーザーの求めるコンテンツを提供することであり、サクラの集まっているサイトを評価したいわけではないのです。もし作為的に被リンクを集めているとバレてしまった場合、被リンクの評価がなくなるだけでなくペナルティを受けてしまうこともあります。程度によっては検索からのアクセスが全くなくなってしまうことも……。

GoogleのAIがリンクの質を見極める精度は改善され続けています。健全にWebサイトを運営したいならば、被リンクを業者に依頼するのはおすすめしません。

2. 自然リンクを獲得する

「自然リンク」とは、他サイトの運営者が自発的に張るリンクのこと。つまり自然リンクの獲得には、リンクしたいと思わせるコンテンツを作成・発信することが必要です。

自然リンクの獲得は簡単ではありません。立ち上げたばかりのWebサイトはなかなか人の目に触れませんし、リンクしたいと思わせるコンテンツを作成するのも相当骨が折れます。

しかし自然リンクは、Googleが望んでいる形の被リンクです。自然リンクを獲得するための施作を打つことが、リンクビルディングにおいて最も大切でしょう。

自然リンクを獲得する4つの方法

自然リンクを集める方法

では、他サイトの運営者がリンクしたいと思うコンテンツを作成するにはどうすればよいのでしょうか? 答えは「他サイトとの差別化を図る」です。

具体的には以下のポイントを押さえてコンテンツを作ると良いでしょう。

  1. 一次情報を発信する
  2. 情報を網羅する
  3. 図やグラフを用いて視覚的にわかりやすくする
  4. SNSで情報発信を行う

1. 一次情報を発信する

一次情報とは自分自身で手に入れた情報のことです。独自に行った調査や、自分なりの知見を取り入れた解説などが挙げられます。

イベントの体験談や本の感想なども一次情報。特別な知識を持っていなくても、一次情報をコンテンツ化することは可能です。

作り手ならではの体験や考えを織り交ぜたコンテンツは、他のサイトにはない個性になります。

2. 情報を網羅する

あなたは「あるキーワード」で検索をかけた時、求めている情報がさまざまなページに散らばっていると感じたことはありませんか? 必要な情報がすぐに見つからないのはユーザーにとって不便な状態です。

一方で欲しい情報が1ページにまとまっていれば、他サイトの運営者はそのページにリンクを張るだけで説明を省けるため非常に便利です。結果、被リンクの獲得につながります。

3. 図やグラフを用いて視覚的にわかりやすくする

何かの解説をする時、文字だけの説明では理解しにくいことが多々あります。そこで役に立つのが図やグラフです。

例えば世界における人口の割合を説明するとしましょう。この場合は各国の数字を一つひとつ見せるよりも、グラフを示した方が直感的な理解が進みます。

他サイトで図やグラフが引用されれば出典としてリンクが張られることも多いため、リンクビルディングに効果的です。

4. SNSで情報発信を行う

どれだけ質の高い情報を発信していても、本当にその情報を求めている人に届かないことがあります。なぜならユーザーは、誰もが積極的に情報を集めているわけではないからです。

そこでおすすめなのが「受け身で情報を集めている人にリーチすること」です。具体的には、TwitterやInstagramなどのSNSを活用しましょう。

フォロワーを集め、リンク付きで記事を発信すれば、検索経由では見てくれないユーザーにリーチできます。アクセスが増えれば記事を言及(ツイート、シェア)してくれる人が増える可能性も高まり、またそれが被リンクに繋がります。

くわえて最近は「SNSでどれだけ話題になっているか」もGoogleの検索アルゴリズムに影響をもたらすと考えられています。Web集客を進めるにあたって、SNSの活用は必須といっても過言ではないでしょう。

まとめ

リンクビルディングまとめ

リンクビルディングを実施するには、ユーザーの支持を獲得して自然リンクを増やしていく取り組みが重要です。安易に被リンクを購入するのはペナルティのリスクが大きく、おすすめできません。

リンクビルディングに限らず、効果的なSEO対策を実施するためには地道に良質なコンテンツを作成する必要があります。効果が出始めるまでに時間はかかりますが、着実に成果を伸ばしていきましょう。

 

あわせて読みたい!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ