ECサイトのデザイントレンド7選。2022年は「ライトモード」が来る?

EC Design Trend

他のWebデザイン関連のトレンドと同じく、ECサイトのデザインのトレンドも日々移り変わっています。1〜2年前に流行していたデザインも、今では時代遅れになっているかもしれません。

今回は2022年以降を見据えた、最新のECデザイントレンドを7つご紹介します。

1. テクスチャ背景

EC Design Trend

▲出典:BeSurfing 2

2022年には、他の材質に似せたデザインである「スキューモーフィズム」が再びトレンドになると予想されています。そこでぜひ取り入れたいのが、テクスチャがついた背景です。

テクスチャがついた背景といっても、2010年代初頭に使われていた、チープな木目調パネルのようなデザインを指すわけではありません。リアルな質感を再現した、繊細でソフトな背景がトレンドになりそうです。

2. ライトモード

ここ数年はダークモードが人気を博していましたが、2022年にはライトモードが人気を取り戻しそうです。ライトモードは、ECサイトの冷たさや違和感を解消し、オンラインショッピングの際に明るい印象を与えてくれます。

2022年のトレンドを先取りしたいなら、白を基調としたニュートラルなトーンの背景を取り入れてみましょう。

3. マイクロアニメーション

いまや生活の一部になっているECサイト。ユーザーには使いやすさやわかりやすさが求められています。そこでおすすめなのが、マイクロアニメーションです。

ホバーエフェクトなどのマイクロアニメーションを活用すれば、ECサイトの要素を目立たせて、見つけやすくできます。また、カートに入れる、共有する、お気に入りに登録する、といったアクションへのショートカットを提供することも可能です。

4. 直感的な絞り込み機能

EC Design Trend

▲出典:BeClothingStore

提供する商品の数が増えれば増えるほど、似たような商品がたくさん並びます。そこでユーザーを手助けしてくれるのが、絞り込み機能です。

絞り込み機能自体はすでに多くのECサイトが導入していますが、2022年以降はさらに合理的で、使いやすいデザインが求められます。

上例のように、チェックボックスやドロップダウンを使わず、直感的に選択肢を選べるデザインにするのがおすすめです。

5. ライブサーチ

2022年以降は、ライブサーチ機能を搭載したECサイトの増加が見込まれています。

WordPressなどに搭載されている一般的な検索機能といえば、以下の動画のようなものでしょう。

「画面右上の虫眼鏡マークをクリックすると検索バーがポップアップし、任意の単語を入力してエンターを押して検索」というパターンです。

これに対して、ライブサーチ機能を搭載している場合は、リアルタイムで検索結果が表示されます。

エンターキーを押す前に検索結果を表示することで、ユーザーはより素早く目的の商品を見つけられます。

より合理的なショッピング体験が求められる2022年以降は、多くのECサイトでライブサーチを見かけるようになるはずです。

6. モバイルアプリのようなUI

モバイル端末からアクセスするユーザーの増加に伴って、モバイルアプリのような機能を搭載したECサイトがトレンドになりそうです。

ECサイトをアプリのようなデザインにしたいなら、ヘッダー、フッター、フローティングボタンなどのスティッキーエレメントを活用してみましょう。モバイルアプリを日常的に使っているユーザーに安心感を与えることができます。

7. 読み込み速度の改善

EC Design Trend

▲ページの読み込み速度をあらわしたグラフ。左がローカル、右がCDN(出典:KeyCDN

GoogleのCore Web Vitalsアップデートによって、2021年以降、モバイルページの速度は非常に重要なランキング要素になりました。もちろん、ECサイトも例外ではありません。

高速なホスティングサービスやキャッシュプラグインなどを活用すれば、読み込み速度の改善が可能です。また、GoogleのCDNにホストされているフォントは、ローカルにホストされているフォントよりもはやくロードされることが判明しています。

おわりに

モバイル端末とECサイトは、いまや生活の一部です。だからこそ、合理的なデザインによる直感的な操作性が求められます。

背景や色のトーンといった審美的なトレンドをおさえるだけでなく、機能面も充実させるように心がけましょう。

(執筆:BeTheme 翻訳:中島あすか 編集:少年B 提供元:codrops

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。

33,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 33,000人以上のフリーランス、パラレルワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち60%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ