• 「フリーランスエンジニアとして仕事しているけれど、相応の単価なのかな……」
  • 「似たスキルで高単価案件を獲得している人は、どうやって交渉しているんだろう?」
  • 「安定して案件を獲得できても、なかなか収入が伸びなくて悩んでいる」

フリーランスエンジニアとして仕事を進めていくなかで、このような悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はフリーランスエンジニアの月収相場や、単価交渉のコツをご紹介します。

「単価交渉の前に確認すべきポイント」についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

フリーランスエンジニアの月収相場

フリーランス_エンジニア_単価
まずフリーランスエンジニアの月収相場について、以下2点のポイントに沿って詳しく解説します。

  • フリーランスエンジニアの月収相場は60万円〜80万円
  • 単価は市場相場を基準に調整

フリーランスエンジニアの月収相場は60万円〜80万円

フリーランスエンジニアの月収相場は60万円〜80万円です。

プログラミング言語別に月収をまとめた、以下の図を見てみましょう。

フリーランスエンジニア100人に聞いた年収調査【相場グラフつき】

▲引用:SE HACK

言語によってややばらつきはあるものの、平均月収60万円〜80万円で推移しているのが分かります。これは平均的なサラリーマンの月収以上といえるでしょう。

なぜフリーランスエンジニアは高月収なのでしょうか。

それはIT市場の著しい伸びにより、年々エンジニアの需要が高まっているためです。求められる需要に供給が追いついておらず、したがってお仕事の単価が高くなる傾向にあります。

要件定義や設計から担当したり、製造のみだったりと作業範囲によっても変わりますが、月収相場はおおよそ60万円〜80万円程度と覚えておきましょう。

案件単価は市場相場を基準に調整

案件単価は市場相場を基準に調整するのがおすすめです。

「月収〇〇万円を目指したい」という願望もあるかもしれません。しかしスキルと単価の感覚がズレていると、そもそも案件獲得すらできないケースもあります。

せっかく営業に時間をかけても、案件獲得に結び付かなければ意味がないですよね。

単価を上げるためにスキルを磨くことはもちろん大事です。それと合わせて市場相場に沿った仕事を選ぶこともまた、重要だと言えます。

ただ具体的に単価を上げるイメージが湧かない人もいるのではないでしょうか。

そこで次に「いまより単価を10万円上げる2つの方法」について解説します。

単価を月10万円上げる方法

フリーランス _エンジニア_単価

「相場よりも月収を上げるにはどうすればいいんだろう?」と思った人もいるのではないでしょうか。

そこで次に、いまより単価を月10万円上げる方法を以下2つのポイントに沿って解説します。

  1. 現在の案件で単価交渉をする
  2. 案件を切り替えるタイミングで、より高単価な案件に切り替える

具体的な流れもまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

方法1. 現在の案件で単価交渉をする

現在の案件で単価交渉する方法は、大きく分けて以下の2つです。

  • 自力で交渉
  • エージェント経由で交渉

長い期間(最低半年以上)同じ案件で仕事をしている場合は、クライアントからの信頼も得ているはず。自分のスキルや普段の仕事ぶりを深く理解してくれているため、単価交渉しやすいケースもあるでしょう。

自力で交渉する場合は、案件に携わってからちょうど1年など区切りのよいタイミングや、上流工程を任されたタイミングなどで切り出すとスムーズに運びます。

少しずつ小さな案件からステップアップして大きな案件を任せられるようになれば、たとえ単価交渉が上手くいかなかったとしても次回への布石を作れるはず。並行してスキルを高める勉強も怠らないようにしましょう。

交渉を上手く進められるか不安なら、フリーランスエージェントに相談するのもひとつの手です。客観的に見て自分に足りないスキルを教えてもらえる可能性もあります。

また複数のフリーランスエージェントを利用することで、以下のような単価アップも見込めるでしょう。

単価は55万でした。なのでレバテックの担当者から「商談が成立した場合は参画しますか」の問いには、他社の選考を待ち、仕事内容及び単価がよいところにしますと回答しました(月単価55万では低いので)。私は55万ということはMAX55万でそれ以上に上がることはないと思っていましたが、面談の評価が良かったのと、レバテックさんの交渉(65万程度の案件を中心に応募している方なので、55万では無理ですよと言ってくれたのではと思ってます)により、63万に跳ね上がりました!

(▲引用:レバテックで月単価63万のフリーランスになりました!! メリデメも記載!

不安な人は、一度フリーランスエージェントに相談してみるとよいかもしれません。

方法2. 案件を切り替えるタイミングで、より高単価な案件に切り替える

自然な流れで単価アップを狙うなら、単価交渉の方向性を決めたうえで実績をつむのがもっとも確実です。コツコツと手を動かすタイプなのか、上流工程に関わりたいのか、自分の希望によって方向性も変わります。

希望をはっきりさせ、実績を積むべく取り組んでいると、いずれ案件が切り替わるタイミングが訪れるでしょう。そのタイミングでより高単価な案件を探すのもおすすめです。

フリーランスエンジニアと契約する金額の上限は、クライアントごとに決まっています。そのため「他の案件で高単価となるスキルを持っていても、単価が上がらないケース」はままあるのです。

また、より高単価の案件を受注するにはスキルアップも必要。案件を切り替えるタイミングで、よりスキルアップできる案件を探してみるとよいでしょう。

ちなみに「エージェントを使うことで高単価案件を獲得するテクニック」については、以下で詳しく解説しています。単価を上げたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

単価交渉の前にフリーランスが確認すべきポイント

「単価を交渉する方法は分かったし、さっそく単価交渉してみよう!」と思った人もいるかもしれません。

ただ単価交渉をする前にいくつか確認しておかなければならないポイントがあります。これを疎かにしてしまうと、クライアントから信頼を失ってしまう可能性があるので気をつけましょう。

確認すべきポイントは以下の2つです。

  • 自身のスキルを高める
  • クライアントとの信頼関係を築く

ポイント1. 自身のスキルを高める

1つめは「自身のスキルを高める」です。

フリーランスエンジニアは、成果を上げることが何よりも重要となります。そのため、成果につながらないスキルをいくらアピールしたところで、単価が上がる決定打にはなりません。成果に直結するようなスキルを身につけ、エンジニアとしての質を上げることが大切です。

ただ「単価を上げるためのスキルを独学するのは難しい……」「時間を短縮してスキルを学ぶ方法はないかな?」と思っている人もいるのではないでしょうか。

そんなときはプログラミングスクールを活用しましょう。以下でおすすめのプログラミングスクールをまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ポイント2. クライアントとの信頼関係を築く

2つめは「クライアントとの信頼関係を築く」です。

極端な話ですが、案件初日に「単価を上げたいです」と言っても印象は悪くなるばかり。「お金に目が眩んでいて、大事なことに目を向けられない人なんだな……」とバッサリ切り捨てられてしまうのは、容易に想像がつきます。

また「クライアントと仲がよくなったら信頼関係が構築された」という話ではありません。しっかりと信頼関係が築けている人のイメージは以下のとおりです。

  • 工数の見積もり精度が高く、仕事の完遂力が高い
  • 依頼された業務以上に、プロジェクトに貢献している
  • 最新技術を貪欲に学び、プロジェクトメンバーによい刺激を与えている

あくまでも上記は一例ですが、仕事に全力でコミットする人は信頼されます。そして、その期間が長ければ長いほど、より信頼は厚くなっていくのです。

まずは、信頼関係構築のために全力で仕事に取り組みましょう。

フリーランスとしての信頼を失わない単価交渉のコツ

フリーランス _エンジニア_単価
「単価交渉の進め方を間違えて、クライアントからの信頼を失ってしまうのが怖い……」と思っている人もいるのではないでしょうか。

そこで次に、単価交渉で信頼を失わないためのコツを以下4つのポイントに沿って解説します。

  • タイミングを見極める
  • 交渉材料を準備する
  • 期待値を超える結果を残す
  • クライアント側の事情も考慮する

単価交渉のコツ1. タイミングを見極める

単価交渉でもっとも大切なのは「タイミング」です。

単価交渉のタイミングを間違えてしまうと、普段の仕事ぶりが「仕事に熱心」ではなく「単価アップのための熱心」と評価され、信頼を失うきっかけとなります。

単価交渉におすすめのタイミングは、仕事量が増えたときや長期案件を依頼されたときです。具体的な例は以下のとおり。

  • 人気フレームワークを習得、導入を提案して仕事が完遂したとき
  • 実装だけでなく、要件定義や設計などの上流工程を任されたとき
  • 長期案件を依頼されたとき

上記はあくまでもスムーズに進みやすい単価交渉タイミングの一例です。

クライアントから信頼されていることが前提条件なので、タイミングを見極めてから交渉しましょう。

単価交渉のコツ2. 交渉材料を準備する

タイミングに気を付けて単価交渉しても、失敗してしまうケースはあります。たとえば、十分な交渉材料を用意していなかったときです。

「単価を上げて欲しい」と伝えて「わかりました」とすぐ納得してくれるクライアントは稀。なぜ単価を上げる必要があるのか、単価アップによりどんなメリットがあるのかなど、クライアントの疑問を解決してあげなければなりません。

そのため以下3点のような準備をしておきましょう。

  • 同じような案件の単価相場(客観的なデータ)の準備
  • 実力をプレゼンする準備
  • クライアント側が得するメリットの準備

合わせて以下のようなメリットも用意しておくと、クライアントも判断しやすくなります。

  • 設計を作業範囲に入れてもらえれば、3ヵ月で習得して作業の手間を減らします
  • React.jsの導入を主導して、半年で社内の開発基盤を整えます

「単価を上げてくれたら、あなたも得しますよ」という条件がなければ単価交渉はスムーズに運びません。入念に準備してから、単価交渉に臨みましょう。

単価交渉のコツ3. 期待値を超える結果を残す

ベテランエンジニアであっても、単価交渉に失敗するケースはあります。たとえばクライアントの期待値を超える結果を残せていないときです。

「3日で納品指定の機能の実装を3日で終わらせること」は、プロとしては当たり前。想定内の仕事をいくら継続しても、単価交渉の強い材料にはなりません。

以下のように、依頼された業務以上の成果を残しておくことが重要です。

  • 雑務を自動化して時間をつくり、担当業務を短期間で完遂
  • プロジェクト全体の無駄を効率化し、工数を削減

ちなみに自動化処理を作るときは『VBA』または『Google Apps Script』を学ぶことが効果的です。

「工数削減ができた実績」は交渉材料としておすすめなので、以下を参考に学んでみてはいかがでしょうか。

単価交渉のコツ4. クライアント側の事情も考慮する

またクライアント側の事情を考慮することも重要です。稀に契約期間中にも関わらず単価交渉してしまう人がいますが、完全に悪手と言っていいでしょう。

すでにプロジェクト単位で予算が決まっている場合がほとんどですから、単価アップのためにはあらためて予算配分を考え直す必要があります。

クライアント側に余計な作業が発生してしまうため「自分の単価のことしか考えていないな……」と思われてしまうのです。

新しいプロジェクトであれば「この人は能力も高く信頼ができるから、単価を上げてでもお願いしたい」と思うかもしれません。しかし、その融通が利きづらいタイミングであれば避けたほうがよいでしょう。

反対にクライアントの決算期など、予算の見直しをするタイミングに合わせて単価交渉すれば、スムーズに希望がとおる可能性もあります。

クライアントが単価を上げられる状態にあるか、事情を考慮することが重要です。

フリーランスエンジニアが値下げ交渉に応じてはいけない理由

フリーランスエンジニアが単価交渉をするとき、提示した金額よりも値下げできないかクライアントから相談されることがあります。

しかし、いかなる事情があっても安易に値下げ交渉に応じるのはおすすめできません。理由は以下の2つです。

  • 安定した収入の保証がないから
  • 会社からの福利厚生が受けられないから

理由1. 安定した収入の保証がないから

フリーランスエンジニアは、プロジェクトの状況によって仕事が急に終わったり、次の案件がなかなか決まらなかったりするなど、安定した収入の保証がありません。

どれだけ信頼を貯めていたとしても、クライアント先が傾いてしまったら案件がなくなってしまう可能性があります。

そのため、稼働できない時間を考慮し、なるべく高単価で稼ぐことが重要です。また平均単価以下で値下げ交渉を受けた場合は、市場の価値を下げてしまうきっかけにもなるため、安易に応じないほうが身を守ることにも繋がります。

理由2. 会社からの福利厚生が受けられないから

フリーランスエンジニアは、会社からの福利厚生が受けられません。たとえば新しい技術を学ぶときも、勉強会の参加や技術書の購入にかかる費用は自腹です。

そのため「お世話になっているクライアントだから」「次の案件を探すのにも時間がかかるから」といった理由で値下げ交渉に応じるのは、おすすめできません。万が一のために複数のエージェントに登録しておくほうがよいでしょう。

価格の高い案件を見極めて準備しておくことで、対等に交渉を進めることができます。

まとめ

フリーランスエンジニアの単価相場や、単価交渉をするタイミング・コツをご紹介しました。

フリーランスとして長く活動し続けるためには、賢く単価交渉する術を学んでおく必要があります。ぜひこちらの記事を参考に、万一のために備えておいてください。

  • 平均単価以上を目指したいならスキルアップは必須
  • 交渉タイミングはクライアントからの信頼を獲得したあと
  • 期待値を超える結果を残すことが単価交渉の秘訣

Workshipを使ってみませんか?

Workshipを使ってみませんか?

詳細

フリーランス利用料無料(お仕事成約でお祝い金1万円!!)
登録者数16,000人
マッチング最短即日

(執筆:しろ 編集:Workship MAGAZINE編集部 アイキャッチデザイン:T)

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ