フリーランスエンジニアの単価交渉のポイントとは|単価相場も紹介

FREELANCE-ENGINEER

フリーランス _エンジニア_単価_アイキャッチ

フリーランスエンジニアとして仕事はしているけれど、相応の単価なのかな……
似たスキルで高単価案件を獲得している人は、どうやって交渉しているんだろう……

と思っていませんか?

「フリーランスエンジニアとして案件獲得が安定しても、なかなか収入が伸びない……」と悩んでいる人も、いるのではないでしょうか。

そこで今回は、「フリーランスエンジニアの単価の相場や、単価交渉のコツ」をご紹介します。

「単価交渉の前に確認すべきポイント」についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

現在、フリーランスエンジニアの単価相場は60万円〜80万円

フリーランス_エンジニア_単価

まず、フリーランスエンジニアの単価相場について、解説します。

以下に分けて、詳しく解説しますね。

  • フリーランスエンジニアの単価相場は60万円〜80万円
  • 単価の決め方は、市場の相場を基準に調整する

フリーランスエンジニアの単価相場は60万円〜80万円

フリーランスエンジニアの単価相場は、60万円〜80万円です。

たとえば、プログラミング言語別に月収をまとめた図が、以下です。

フリーランスエンジニア100人に聞いた年収調査【相場グラフつき】

▲引用:SE HACK

言語によってややばらつきはありますが、60万円〜80万円の平均月収の言語が多いですよね。

要件定義、設計から担当したり、製造のみだったりと作業範囲によっても変わりますが、60万円〜80万円程度と覚えておきましょう。

単価の決め方は、市場の相場を基準に調整する

単価を決めるときは、市場の相場を基準に調整することがおすすめです。

「月単価〇〇万円を目指したい」という願望もあるかもしれませんが、持っているスキルと月単価の間隔がズレていると、面談まで行っても案件獲得ができないケースもあります。

せっかく営業に時間をかけても、案件獲得に結び付かないと時間がもったいないですよね。

単価を上げるためにスキルを磨くことはもちろん大事ですが、市場の相場に合わせた仕事選びもまた、重要なのです。

ただ、具体的に単価を上げるイメージが湧かない人も、いるのではないでしょうか。

そこで次に、「いまより単価を10万円上げる2つの方法」について解説します。

いまより単価を月10万円上げる2つの方法とは

フリーランス _エンジニア_単価

「単価の相場よりも月収を上げるにはどうすればいいんだろう……」と思った人もいるのではないでしょうか。

そこで次に、いまより単価を月10万円上げる方法を、以下2つに分けて解説します。

  1. 現在の案件で単価交渉をしてみる
  2. 案件を切り替えるタイミングで、より高単価な案件に切り替える

具体的な流れもまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

現在の案件で単価交渉をしてみる

現在の案件で単価交渉する方法は、大きく分けて以下の2つです。

  • 自力でクライアントと交渉
  • エージェント経由で交渉

長い期間(最低半年以上)同じ案件で仕事をしている場合は、クライアントからの信頼も得ているはずです。

自分の持っているスキルや普段の仕事ぶりを深く理解してくれているため、単価交渉をしやすいケースもあるでしょう。

たとえば、以下のようなタイミングで交渉すると、単価交渉しやすいです。

  • 案件に携わってから1年などの区切りのよいタイミング
  • 実力を認められて作業範囲が増えた(上流工程を任された)タイミング

ただ、「自分で交渉を上手く進められるか不安……」という人もいるのではないでしょうか。

そんなときは、フリーランスエージェントに相談してみるのもひとつの手です。

相談することで、客観的に足りないスキルを教えてもらえる可能性もあります。

また、複数のフリーランスエージェントを利用すれば、以下のように単価アップが見込めるケースもあります。

単価は~55万でした。なのでレバテックの担当者から「商談が成立した場合は参画しますか」の問いには、他社の選考を待ち、仕事内容及び単価がよいところにしますと回答しました(月単価55万では低いので)。私は~55万ということはMAX55万でそれ以上に上がることはないと思っていましたが、面談の評価が良かったのと、レバテックさんの交渉(65万程度の案件を中心に応募している方なので、55万では無理ですよと言ってくれたのではと思ってます)により、63万に跳ね上がりました!

▲引用:レバテックで月単価63万のフリーランスになりました!! メリデメも記載!

不安な人は、一度相談してみるとよいかもしれません。

案件を切り替えるタイミングで、より高単価な案件に切り替える

案件を切り替えるタイミングで、より高単価な案件を探すこともおすすめです。

フリーランスエンジニアと契約する金額の上限は、クライアントごとにある程度決まっています。

そのため、「他の案件で高単価なスキルを保有していても、単価が上がらないケース」があります。

また、より高単価の案件を受注するためには、スキルアップが必須です。

案件を切り替えるタイミングで、スキルアップできる案件を探してみるとよいでしょう。

ちなみに、「エージェントを使うことで高単価案件を獲得するテクニック」について、以下で詳しく解説しています。単価を上げたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

単価交渉の前にフリーランスが確認すべきポイント2つ

「単価交渉方法はわかったし、単価交渉してみよう!」と思った人もいるかもしれません。

ただ、単価交渉をする前にいくつか確認しておかないと、クライアントから信頼を失ってしまう可能性があります。

確認すべきポイントについて、以下2つに分けて解説します。

  • 自身のスキルを高める
  • クライアントとの信頼関係を築く

ひとつずつ詳しく解説します。

自身のスキルを高める

1つめは、「自身のスキルを高める」です。

フリーランスエンジニアは、成果を上げることがとても重要です。

そのため、成果につながらないスキルをいくら伝えたところで、単価を上げてもらう決定打にはなりません。

ただ、「単価を上げるためのスキルを、独学するのが難しい……」「時間短縮してスキルを学ぶ方法はないかな……」と思っている人もいるのではないでしょうか。

そんなときは、プログラミングスクールを活用するとよいでしょう。

以下でおすすめのプログラミングスクールをまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

クライアントとの信頼関係を築く

2つめは、「クライアントとの信頼関係を築く」です。

極端な話ですが、案件初日に「単価を上げたいです」と言われても、印象が悪くなるだけですよね。

「お金に目が眩んでいて、大事なことに目を向けられない人なんだな……」とバッサリ切り捨てられてしまうのは、容易に想像がつきます。

また、信頼関係は「クライアントと仲がよくなったらOK」という話ではありません。

信頼関係が築けている人のイメージは以下です。

  • 工数の見積もり精度が高く、仕事の完遂力が高い
  • 依頼された業務以上に、プロジェクトに貢献している
  • 最新技術への学びが貪欲で、熱意がプロジェクトメンバーによい刺激を与えている

あくまでも上記は一例ですが、仕事に全力でコミットできる人は信頼されます。

そして、その期間が長ければ長いほど、より信頼は厚くなっていくのです。

まずは、信頼関係構築のため、仕事に全力で取り組みましょう。

フリーランスにとって信頼を失わないため単価交渉で注意すべき4点

フリーランス _エンジニア_単価

「単価交渉でやり方を間違えて、クライアントからの信頼を失ってしまうのが怖い……」と思っている人もいるのではないでしょうか。

そこで次に、単価交渉で信頼を失わないための注意点について、以下4つに分けて解説します。

  • 交渉するタイミングを見極める
  • 交渉するために必要な情報はしっかり準備する
  • クライアントの期待値を超える結果を残す
  • 信頼関係を崩さないため、クライアント側の事情も考慮する

それぞれ詳しく解説します。

交渉するタイミングを見極める

単価交渉で一番大事なのは、「交渉するタイミング」です。

単価交渉のタイミングを間違えてしまうと、普段の仕事ぶりが「仕事に全力」ではなく「単価を上げるために全力を出していた」と評価され、クライアントからの信頼を失ってしまいます。

単価交渉のおすすめタイミングは、以下3つです。

  • スキルアップのタイミング
  • 仕事量が増えたタイミング
  • 長期で依頼されたタイミング

具体的に言うと、以下のタイミングです。

  • 人気フレームワークを習得し、クライアントに導入を提案して仕事が完遂できたとき
  • 実装だけでなく、要件定義、設計などの上流工程が作業範囲に増えたとき
  • クライアントからの信頼が厚くなり、長期的なプロジェクト案件の依頼があったとき

上記はあくまでも、単価交渉タイミングの一例です。

クライアントから信頼されていることが前提条件なので、タイミングを見極めてから交渉しましょう。

交渉するために必要な情報はしっかり準備する

タイミングに気を付けて単価交渉しても、失敗してしまうケースはあります。

たとえば、交渉するために必要な準備を怠ってしまったときです。

「単価を上げて欲しい」と伝えて、「わかりました」とすぐ納得してくれるクライアントは稀です。

以下のように、クライアントの疑問を解決する準備が必要なのです。

  • なぜ単価を上げる必要があるのか?
  • 単価を上げることでクライアントにどんなメリットがあるのか?

具体的に言うと、以下のような準備です。

  • 同じような案件の単価相場(客観的なデータ)の準備
  • 自分が単価を上げるに値する実力をプレゼンする準備
  • 単価を上げてもらった後、クライアント側が得するメリットの準備

単価相場を準備をすることで、客観的な意見として話を進められます。

また、以下のように単価を上げてもらったときのメリットを用意しておくと、クライアントも判断しやすくなるでしょう。

  • 設計を作業範囲に入れてもらえれば、3ヵ月で習得して作業の手間を減らします
  • React.jsの導入を主導して、半年で社内の開発基盤を整えます

「単価を上げてくれたら、あなたも得しますよ」という条件がないと、交渉のテーブルに立てません。

入念に準備してから、単価交渉を進めましょう。

クライアントの期待値を超える結果を残す

「案件の経験が長い人」であっても、単価交渉に失敗するケースはあります。

たとえば、期待値を超える結果を残せていないときです。

「3日で納品指定の機能の実装を、3日で終わらせること」は、プロとして当たり前ですよね。

当たり前を継続しても、単価交渉の材料としては弱いです。

以下のように、依頼された業務以上の成果を残しておくことが、重要です。

  • 雑務を自動化して時間をつくり、担当業務を短納期で完遂
  • プロジェクト全体の無駄を効率化し、全体の工数を削減

ちなみに、自動化処理を作るときは『VBA』または『Google Apps Script』を学ぶことが効果的です。

「工数削減ができた実績」は交渉材料としてもおすすめなので、以下を参考に学んでみてはいかがでしょうか。

信頼関係を崩さないため、クライアント側の事情も考慮する

また、クライアント側の事情を考慮することも重要です。

たとえば、契約期間中に単価交渉をしてしまう人がいますが、これは完全に悪手です。

プロジェクト単位で予算が決まっているため、単価を上げると予算配分を考え直す必要が出てきます。

クライアント側に余計な作業が発生してしまうため、「自分の単価のことしか考えていないな……」と思われてしまうのです。

新しいプロジェクトであれば、「この人は能力も高く信頼ができるから、単価を上げてもお願いしたい」と思うかもしれませんが、その融通が利きづらいタイミングは避けたほうがよいでしょう。

クライアントが単価を上げられる状態にあるか、事情を考慮することは重要です。

フリーランスエンジニアが値下げ交渉に応じてはいけない理由

フリーランスエンジニアが単価交渉をするとき、提示した金額よりも値下げできないか相談されることがあります。

ただ、値下げ交渉に応じるのはおすすめできません。理由は、以下の2つです。

  • フリーランスエンジニアは安定した収入の保証がないから
  • 会社からの福利厚生が受けられないから

ひとつずつ詳しく解説します。

フリーランスエンジニアは安定した収入の保証がないから

フリーランスエンジニアは、プロジェクトの状況によって仕事が急に終わったり、次の案件がなかなか決まらなかったり、安定した収入の保証がありません。

同じクライアントの案件で信頼が貯まっていたとしても、クライアントの企業が傾いてしまったときに、案件がなくなる可能性はありますよね。

そのため、稼働できない時間を考慮し、なるべく高単価で稼いでおくことが重要です。

また、平均単価以下で値下げ交渉を受けてしまった場合は、他のフリーランスにも悪影響を与えてしまいます。

市場の価値を下げてしまうキッカケにもなるので、無理な値下げ交渉には応じないほうがよいでしょう。

会社からの福利厚生が受けられないから

フリーランスエンジニアは、会社からの福利厚生が受けられません。

新しい技術を学ぶときも、勉強会の費用や技術書の購入費用は、すべて自腹です。

スキルアップを目指して高度な技術資格を受験するときも、高額な費用を自分で用意する必要があります。

そのため、「お世話になっているクライアントだから」「次の案件を探すのに時間がかかるから」という理由で値下げ交渉に応じるのは、おすすめできません。

値下げ交渉に応じないためにも、複数のエージェントに登録しておくことがおすすめです。

価格の高い案件を見極めて準備しておくことで、対等なテーブルで交渉を進めることもできるでしょう。

まとめ

  • 平均単価以上を目指したいならスキルアップは必須
  • 交渉タイミングはクライアントからの信頼を十分獲得したあと
  • クライアントの期待値を超える結果を残すことが単価交渉の秘訣

執筆:しろ
編集:Workship MAGAZINE編集部
アイキャッチデザイン:T

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ