LinkedIn広告を試すマーケターが陥る3つの失敗パターンとは?

世界最大のビジネス特化型ソーシャルメディア『LinkedIn』の運用型広告をご存知ですか?

実際にLinkedIn広告を使ったマーケターたちの中には、上手く運用できなかったという人も多いでしょう。

そこで今回は、LinkedIn広告を試すマーケターがよく陥る失敗パターンを3つご紹介します。

失敗パターン①:LinkedInを使うユーザーの理解が不足している

LinkedIn

LinkedInは、「世界中のビジネスパーソンと事業を、もっと効果的にマッチングする」ことに特化したSNSです。

LinkedIn広告で成果を出せないマーケターがよく陥るのが「Google検索のリスティング広告のようにサービスや商品情報を前面に押し出せば、それなりのクリックを獲得できる」という考えです。しかし、Google検索とLinkedInはそもそも全く異なる性質を持ったプラットフォームです。

Google検索は、その検索ワードに関連するサービスや商品を積極的に探している人たちが来るプラットフォームです。一方でLinkedInは、サービスの購入ではなく、プロフェッショナルな目的で企業との人脈を作ろうとする人たちが集まるプラットフォームです。Google検索のリスティングと同じやり方では、効果的な広告は難しいでしょう。

その分、LinkedIn広告のターゲティングはとても効果的です、LinkedIn広告に成功している人たちは、広告キャンペーンごとにターゲット階層を分けており、常にテストと改善を繰り返しています。

失敗パターン②:入札単価が低すぎて広告を出せていない

LinkedIn広告を始めたてのマーケターがよく陥る失敗が、最小限の入札単価を設定してしまうことです。

LinkedIn広告では最低入札額が2ドルとなっています。多くのマーケターは最低入札額を設定して始めるため、他の競合との入札に負けてしまい、オークションで勝てずに広告を出せない状況に陥ります。

広告がそもそも表示されなければ、広告の成果が出ないのは当然です。また、入札を行う時間帯なども、入札競争に影響してきます。

また、入札を始めてもオークションで負けて広告が出稿されなければ、LinkedIn内のアルゴリズムがその広告を「インプレッションを十分に出していない広告」と判断し、今後優先的に広告を出してもらえなくなる可能性があります。

失敗パターン③:最新のキャンペーンマネージャーを使っていない

LinkedInの広告キャンペーンマネージャーは、Google広告やFacebook広告と比べて「使いづらいツール」として広告代理店の間で認識されていました。そのフィードバックを受けたLinkedInは、2016年8月にリニューアルした新しいキャンペーンマネージャーをリリースしました。

このリニューアルにより、使いやすいUIかつ技術的にも効率の良いツールに様変わり。ホーム画面には複数の広告アカウントが表示され、アカウント管理が容易になりました。

LinkedIn広告を試すなら、必ずこの新しいLinkedIn広告のキャンペーンマネジャーを使いましょう。適切なKPIを見つけるテストを繰り返し、今後LinkedIn広告を効果的に使えるようになります。

(翻訳:Reina Onishi)

 

あわせて読みたい!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ