新社会人必見!《2018年版》スマホで名刺を管理するアプリ14選を比較

BUSINESS

春から新社会人のみなさまへ。

スマホで簡単に名刺を管理できる無料・有料のアプリ14個を比較してご紹介します。

最初のうちは名刺管理がうまくできず、一度会って名刺をいただいていたのに「はじめまして」と自己紹介してしまうことがあるかもしれません。そのような事態を避けるために、名刺管理アプリを活用しましょう!

無料の名刺管理アプリ

1. Eight

Eight

『Eight』は、100万人以上が利用している個人向けの名刺管理アプリです。

スマホで名刺を撮影するだけで、名刺の情報が正しくスマホに入力され、『Eight』上でビジネスネットワークを構築できます。データベースとして蓄積するので、個人名や会社名を検索すればすぐに目当ての名刺を呼び出すことができます。また、相手が転職や異動で名刺が変わったときには通知がきたり、昇進すると自動で更新されたりします。

基本的な機能はすべて無料ですが、月額400円の有料プランでは、アドレス帳連携などの便利な機能がさらに利用できます。(1年間プランにすると年間4,000円で、2ヶ月ぶんお得になります。)

製品 Eight
開発元 Sansan株式会社
金額 無料(有料プランあり)
ダウンロード

Eight

2. Wantedly People

Wantedly People

『Wantedly People』は、人口知能を活用した最新の名刺管理アプリです。

名刺をカメラで撮影すると、人口知能が画像情報や文字情報を読み取り、自動で個人名や会社の情報を認識して入力してくれます。人工知能は名刺交換をきっかけに、相手に関する情報を自動で探してくるので、相手とのコミュニケーションにも困りませんね。

また、普段使っているメールやLINEなどと連携すれば、簡単に上司や同僚と連絡先情報を共有できます。

製品 Wantedly People
開発元 Wantedly
金額 無料
ダウンロード

Wantedly People

3. CamCard Lite

CamCard Lite

『CamCard』は、一億人以上の人が利用している優れた名刺管理アプリです。名刺をスマホで撮影するだけで、名刺情報が自動で保存されます。

『CamCard』の最大の魅力は電子名刺機能です。自分の名刺情報を事前に登録しておくと、会議や商談で紙の名刺を交換する必要はありません。電子名刺でスマートな名刺交換ができるようになります。

名刺管理ツールとして、登録済みの名刺の並べ替えや新情報の追加、相手とのやりとりを名刺に添付できる機能がついているので、使いやすいアプリとなっています。

製品 CamCard 
開発元 INTSIG Information Co., Ltd
金額 無料
ダウンロード App Store

CamCard

4. スマート名刺管理

スマート名刺管理

『スマート名刺管理』は、株式会社ジャストシステムが提供する、カメラで撮影した名刺をデータで管理する名刺管理アプリです。

FacebookやTwitterなどと連携しているので、連絡先の共有も簡単にできます。さらに、Googleマップと連携すれば、名刺に記載されている住所をワンタップで地図上に表示できます。住所を手動で入力する手間が省けるので、会社への訪問などで役立ちますね。

また、Windowsに対応しているので、パソコン上で名刺を管理できて便利です。

製品 スマート名刺管理
開発元 株式会社ジャストシステム
金額 無料
ダウンロード

スマート名刺管理

5. メイシー

メイシー

『メイシー』は、株式会社もぐらが提供する、スマホで名刺を管理できるアプリです。

カメラで名刺を撮影するだけで、OCRによる名刺情報入力機能が使用でき、アプリ上で名刺を管理できるようになります。データ化された情報は、ワンタップでメールを送ったり、電話をかけたり、地図を表示したりでき、とても便利です。名刺情報は暗号化してスマホ上に保存されるので、飛行機の中など電波が届かないところでも見られます。

また、忙しくて名刺を送る暇もないという方は、出張で名刺を受け取りにくるサービスもおこなっているので、ぜひお試しください。

製品 メイシー
開発元 株式会社もぐら
金額 無料(一部有料)
ダウンロード

メイシー

6. 名刺バンク

名刺バンクPersonal

『名刺バンク』は、名刺をクラウド上で管理できる名刺管理アプリです。

名刺をその場で取りこむだけでクラウド上に名刺情報が保存されるので、スマホや会社のPCからいつでも名刺にアクセスできます。また、端末に情報が残らないので、情報が漏れる可能性が低くセキュリティ対策は万全です。

アプリ内には「人物相関図機能」があり、関係者を相関図で確認できるというのも魅力のひとつです。ぜひ一度お試しください。

製品 名刺バンク
開発元 株式会社アイネット
金額 無料
ダウンロード

名刺バンクPersonal

7. やさしく名刺ファイリング Mobile

やさしく名刺ファイリング Mobile

『やさしく名刺ファイリング Mobile』は、メディアドライブ株式会社が提供する名刺管理アプリです。

カメラで撮影した名刺画像をOCRエンジンで認識し、氏名、社名、住所、電話番号などをデータベースに自動で振りわけます。利用にはWindows用名刺管理ソフト「やさしく名刺ファイリング PRO v.12.0/13.0」の認証キーが必要です。

また、最大登録件数は5,000件なので、大量の名刺の管理に困っている方におすすめです。

製品 やさしく名刺ファイリング Mobile
開発元 メディアドライブ株式会社
金額 無料
ダウンロード

やさしく名刺ファイリング Mobile

8. Cardful – Evernote

Cardful - Evernote

『Cardful』は、クラウド型の名刺管理アプリです。

OCR機能による名刺読み取り機能で、名刺情報を素早く正確に登録できます。Evernoteと連携しているので、読み取った名刺をEvernote上に保存でき、いつでもどこからでも確認できるツールです。

また、管理できる名刺の上限枚数は初月40枚(初回30枚+月10枚)、その後は毎月10枚まで利用できます。上限枚数を無限にするには1,400円を支払い、『Cardful』をアップデートする必要があります

製品 Cardful – Evernote
開発元 Evernote
金額 無料
ダウンロード App Store

Cardful – Evernote

9. World Card Mobile Lite

World Card Mobile Lite

『World Card Mobile Lite』は、名刺をカメラで撮影するだけで自動でデジタル化してくれる名刺管理ツールです。スキャン機能の精度が高いので、正確に情報を登録できます。

また、25ヵ国以上の言語に対等しているので、複数の言語で書かれた名刺の読み取りにも幅広く活躍します。日本語だけでなく、複数の国の同僚を相手に仕事をしている方におすすめの名刺管理ツールです。

製品 World Card Mobile Lite
開発元

Penpower Technology Ltd.

金額 無料
ダウンロード App Store

World Card Mobile Lite

10. スマホ名刺

スマホ名刺

『スマホ名刺』は、「つぶやき」や「トーク」など、SNS機能を持った名刺管理アプリです。

プロフィールとして名刺を登録すると、自分の近況を画像やテキストを使ってつぶやける「つぶやき」や、友人とコミュニケーションできる「トーク」などの機能を使えます。また、無料通話も楽しめます。

アプリ上でコミュニティの作成ができるので、名刺をきっかけけに相手を深くつながりたいという方におすすめです。

製品 スマホ名刺
開発元 Hiroyuki Ueda
金額 無料
ダウンロード

11. Evernote Scannable 

Evernote Scannable 

『Evernote Scannable』は、名刺に限らず紙の文書すべてをデジタル化できるアプリです。手元にある契約書やレシート、名刺、その他書類をその場でスキャンして、保存したり共有したりできます。

高速スキャン機能がついているので、撮影してすぐに表示でき、画像を見やすく加工して保存するまで手早くおこなえます。また、スキャンする紙が複数あっても、ScanSnap Evernote Edition スキャナとシームレスに連携するので、原稿をまとめてスキャンできます。

名刺管理だけでなく、紙文書のデジタル管理におすすめです。

製品 Evernote Scannable
開発元 Evernote
金額 無料
ダウンロード App Store

Evernote Scannable

有料の名刺管理アプリ

12. Sansan

Sansan

『Sansan』は、Sansan株式会社が提供する法人向けの名刺管理ソフトです。スマホで名刺をスキャンするだけで、精度の高いデータ化をおこない、社外の人脈を社内で共有できます。また、自分の名刺だけではなく、社内全体の名刺を簡単に検索することができるのも魅力です。

クラウド上の管理なので、外出先からでも簡単にスマホから名刺の情報を確認でき、情報漏洩によるリスクを最小限に抑えています。チャットのようなメッセージ機能で、コミュニケーションのハードルがいまよりもさらに下がります。法人で名刺管理をしたい方(法人)におすすめのツールです。

製品 Sansan
開発元 Sansan株式会社
金額 別途見積もり
ダウンロード

Sansan

13. 名刺de商売繁盛 カメラ

名刺de商売繁盛 カメラ

『名刺de商売繁盛 カメラ』は、スキャナで名刺を読み込むだけで、簡単に名刺を管理できるツールです。専属オペレーターによる手動入力で、ほぼ100%の高精度の登録を誇っています。

また、デジタル化された名刺データは強固なセキュリティ対策が取られているデータセンターで保管されるので、「ネット上だけど安全に名刺管理がしたい!」という方におすすめの名刺アプリです。

スマホを活用して、名刺管理をもっと楽におこないましょう!

製品 名刺de商売繁盛 カメラ
開発元 ヤマトシステム開発
金額 別途見積もり
ダウンロード

名刺de商売繁盛 カメラ

14. HotProfile

HotProfile

『HotProfile』は、約800社以上に導入されている名刺管理・営業支援ツールです。

名刺を撮影して送信するだけで、専属オペレーターによってデータ化され、保存したり共有したりできます。名刺を社内で共有できるので、誰と誰がつながっているのかが一目瞭然です。

また、名刺データを使った電話やメール、Google Mapでの住所チェックができます。GPSを使い、自分の近くにいるお客さまも検索できます。

製品 HotProfile
開発元 株式会社ハンモック
金額 別途見積もり
ダウンロード App Store

HotProfile 名刺/SFA

まとめ

いかがでしたか?

名刺管理アプリを選ぶとき、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ