名刺とは【意味/読み/英語表記】(めいし、business card)

【名刺の概要】

自分の名前、職業、所属、連絡先等を示すために他人に渡すことを目的とした紙片やカードのこと。

【名刺の詳細】

用紙には保存性・耐久性に優れた厚手の紙が使われることが多く、最も一般的に利用されているサイズは縦9cm、横5.5cmですが、大きさや材質をあえて変更し、より印象に残るように作られたものもあります。

名刺を入れる入れ物のことを名刺入れと呼び、名刺は財布やポケットではなく名刺入れにしまうのが通例です。

特に日本、韓国、台湾、中国などの東アジア圏において、ビジネスの場では慣習的に業務上の初対面時に職業上の儀礼の一環として名刺交換が行われます。
名刺には数多くのマナーが存在し、それを守ることでお互いのビジネスマンとしての信頼性の高さや相手への敬意を表現します。

基本的には目下の者(受注側・来訪者側)から先に両手で持った名刺を差し出します。双方が同時に名刺を差し出す場合には、左手で相手の名刺を受け取りつつ、右手で自分の名刺を差し出します。複数人で名刺交換を行う場合には、原則として目上の者(役職が高い者)から名刺交換を進めます。

名刺交換は椅子に座らず立った状態で、テーブル越しではなく相手の目の前に移動して行います。

名刺を受け取った後は、すぐに名刺入れにしまわず、基本的には名刺入れの上に重ねて置きます。名刺が複数枚ある場合は、最も目上の者の名刺のみ名刺入れの上に置き、相手が座っている位置に合わせてそれ以外をテーブルに置きます。

【名刺の関連語】

「名刺」の記事一覧

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ