パソコンの画面録画ができるキャプチャソフトおすすめ10選! Windows/Mac両PCで使える!

パソコンの画面録画ができるキャプチャソフトおすすめ10選! Windows/Mac両PCで使える!

ゲーム実況や作業風景動画などの映像コンテンツ制作には、「パソコン画面の録画」が必要不可欠です。

しかし、画面をキャプチャーして録画する方法はよくわからない……なんて人は多いでしょう。

そこで今回は、パソコンの画面を簡単に録画する方法を10個ご紹介します! 本記事では日本語に対応した、比較的扱いやすいソフトのみを厳選してピックアップしました。また、各ソフトの操作方法を紹介した動画もあわせて掲載しています。ご参考にしていただければ幸いです。

Windows/Mac共通 PC画面録画ソフト

まずはWindowsとMac両方で使えるソフトをご紹介します。

1. Apowersoft

Apowersoft(エーパワーソフト)は非常に使い勝手が良い、無料の画面録画ソフトです。

録画しながら文字入れや落書きが可能で、自由度が非常に高いです。画面キャプチャー動画を作成して、そのままYouTubeなどの動画サイトにアップロードすることもできます。

UIも直感的で使いやすく、ダウンロードから使用までの流れもわかりやすく解説されているため、初心者でも簡単に使いこなすことができるでしょう。フリーのものとしては非常におすすめできるソフトです。

価格 0円
保存形式 MP4, AVI, WMV, FLV, MPEG, GIFなど

Apowersoft

2. filmora scrn

filmora scrn(フィルモーラスクリーン)は非常に高性能かつ使いやすい、有料の画面録画ソフトです。

画面録画だけでなくウェブカメラでの同時録画もでき、画面の隅にワイプを作成することも可能です。

また、画面のキャプチャーだけでなく、簡単な動画編集も可能です。動画編集は音声と映像を別々に加工でき、カット&ペーストやキャプション挿入、スピード調節や音声ノイズ除去などができます。

画面録画と動画編集が一体になったソフトとして大変おすすめです。

価格 2980円(年間ライセンス)
3980円(永久ライセンス)
保存形式 MP4, MOV, GIFなど

filmora scrn

3. Debut

Debut(デビュー)は非常に高機能かつ無料で使える画面録画ソフトです。

全画面録画はもちろん、デスクトップの範囲を指定して録画することも可能です。

また画面のキャプチャーだけでなく、動画編集も行うことができます。キャプションはもちろん、文字色やフォントの変更、BGMやエフェクトの設定まで非常にさまざまなことが可能です。

使いこなすには少し時間がかかるソフトではありますが、無料でここまで高機能なソフトはなかなかないので試してみる価値アリです。

価格 0円
保存形式 AVI, WMV, FLV, MPG, MP4, MOVなど

Debut

Windows向けPC画面録画ソフト

続いてWindows系パソコン向けの画面録画ソフトをご紹介します。

4. Bandicam

Bandicam(バンディカム)はWindows向け画面キャプチャーソフトとして有名なもののひとつです。

画面を録画するソフトとして過不足なく完成されたものであり、全画面録画から一部画面録画、画質設定や外部音声録音などの機能が取り揃えられています。録画の時間制限もなく、尺の長いゲーム実況などにも向いています。

最大4Kの解像度(3840×2160)で、144fpsまで対応可能なところも魅力です。

無料版では画面上部にBandicamのロゴが入り、また10分間の録画制限があります。

価格 4320円〜(無料版あり)
保存形式 AVI, MP4など

Bandicam

5. Readygo Screen Recorder

Readygo Screen Recorderは2015年にリリースされた比較的新しい画面録画ソフトです。

基本的な全画面/範囲指定でのキャプチャー領域設定のほか、マウスカーソルの表示/非表示の切り替えやコーデックの変更など、細かい設定を行うことができます。一方、UIはシンプルで分かりやすいため、どなたでも使いこなせると思います。

Bandicamと同じように、無料版は画面下部にReadygoのロゴが入り、15分間のみ録画できます。なお、有料版ではオリジナルのロゴをキャプチャー内に差し込むこともできます。

価格 2700円〜(無料版あり)
保存形式 MP4など

Readygo Screen Recorder

6. AG-デスクトップレコーダー

AG-デスクトップレコーダーは、完全無料で使える老舗のパソコン画面録画ソフトです。

fps設定や動画サイズ設定、入出力デバイス、エンコード方法などの細かい設定が可能で、老舗ながらもハイクオリティな画面キャプチャー動画を制作できます。設定次第では、「超高画質」「超低負荷」で録画することも可能です。

動作が非常に軽く、またイチ画面で完結しているソフトなので操作性も良くおすすめできます。UIは玄人向けな印象ですが、初心者でも使いこなすことができる優良な無料ソフトです。

価格 0円
保存形式 WMV, AGMなど

AG-デスクトップレコーダー

7. BB FlashBack Express

BB FlashBack Express(ビービーフラッシュバックエクスプレス)は、CPU負荷を最小限に抑えながらも高画質・高fpsを実現した無料の画面録画ソフトです。画面録画の他にも、Webカメラ映像の動画キャプチャーにも対応しています。

また、珍しい機能としては「予約録画」があります。指定の日時になった際、特定のアプリを起動した際などに自動的に録画が開始する仕組みとなっています。生放送配信の録画や、特定のアプリを使用する際に毎回録画をする方は重宝するかもしれません。

通常は録画した動画をBB FlashBack Express Playerでしか再生できませんが、同プレーヤーからAVI/WMV/Flash形式で出力することも可能です。

なお、より高機能な「BB FlashBack Pro」もリリースされています。こちらでは録画した動画を、よりパワフルに加工できる動画編集ソフトです。

価格 0円
保存形式 AVI, WMV, Flashなど

BB FlashBack Express

8. ロイロゲームレコーダー

ロイロゲームレコーダーは、ゲーム実況専用の無料画面録画ソフトです。

高画質録画でも非常に動作が軽く、またシンプルなUIのため誰でも簡単に使うことができます。

ゲーム実況に特化しており、実況中の遅延もほとんどありません。もちろん外部音声入力にも対応しています。

なお、ゲーム以外の画面キャプチャーには対応していません。

価格 0円
保存形式 AVIなど

ロイロゲームレコーダー

9. ゲームバー

Windows 10限定ですが、画面を録画するためのゲームバーというツールがパソコンに標準装備されています。

録画方法は簡単。「ウィンドウズキー」と「G」を同時押しすることで、ゲームバーと呼ばれる機能が起動します。そしてゲームバーの中央にある丸いアイコン(●)をクリックすることで、PC画面の録画を開始できます。

画質や解像度、外部音声の入力有無なども自由に決めることができ、一般的な画面キャプチャーソフトと遜色ありません。

ただし、一部の機能の使用にはXboxのアカウント登録が必要になります。また2時間までしか録画できません。

価格 0円(Windows 10に標準装備)
保存形式 MP4など

Mac向けPC画面録画ソフト

最後にMac PC向けの画面録画ソフトをご紹介します。

10. Quick Time Player

Mac系PCに標準装備の音楽/動画プレーヤーであるQuick Time Playerには、実は画面の録画機能がついています。

操作方法は簡単で、Quick Time Playerを立ち上げて「ファイル→新規画面収録」でOK。あとは録画ボタンを押すだけです。また、デスクトップの任意の範囲を指定して録画する機能もついています。

複雑な設定はできませんが、とりあえず画面録画したい人にはおすすめです。

価格 0円(Mac系PCに標準装備)
保存形式 MOVなど

まとめ

いかがでしたか?

今回ご紹介したソフトは初心者でも扱いやすい、シンプルなものを多くご紹介しました。この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

SHARE

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ