Webマーケティングの成功に欠かせないのが、効果的なランディングページ。一方で、ランディングページへの意識が低い企業が多いのも事実です。SEO対策やSNSからの集客を頑張ったとしても、きちんとカスタムされたランディングページがないことには、コンバージョン率を最大化できません。

最も効果的なランディングページにはどのような要素があるのか。パーフェクトなランディングページ作りは可能なのか。今回は、そのための12のヒントと、さまざまな実践例を載せているサイトを紹介します。

ランディングページの定義

ランディングページという言葉にはさまざまな意味がありますが、ここではマーケティングキャンペーンからの訪問者用に作成されたWebサイト上の特定ページをさします。1枚のページか、それに付随する数ページ内で、訪問者が商品を購入したり会員登録をするように導きます。

何を目指すの?

多くの場合、ユーザーからのレスポンスを得ることを目標にしています。その一例を以下に挙げます。

  • 商品を購入してもらうために会員登録をしてもらう
  • より適切なフォローアップマーケティングコミュニケーションを提供するためにサイト訪問者のプロファイルを取得する
  • 商品の魅力を説明する
  • キャンペーンを実行している組織のブランド価値を伝える

パーフェクトなランディングページを作るヒント

下記にある3つの画像を参考に、パーフェクトなランディングページを作るためのヒントを紹介します。

こちらは、CRMシステムを探している検索ユーザーをターゲットとする『Salesforce.com』のランディングページです。このページには、多くの優れた実践例が紹介されています。

LP

素晴らしいラインディングページですが、ひとつだけ大きな問題があります。このタイプのランディングページは、モバイル対応ではないためスマートフォンでは見づらいということです。

スマートフォン画像

また、上の画像のような3カラムデザインはスマートフォンではうまく機能しません。そのため、モバイルレスポンシブなページに適応し自然に長くなる傾向があるので、通常は2カラムを使います。

スマートフォン画像

基本的に、ランディングページへの訪問者に個人情報を提供させるのは難しいものです。そのため、上の画面キャプチャのようにSNSを通した簡単な入力からスタートする、2段階方式の情報取得が適用されることがあります。

多様なタイプのランディングページ

短期的なキャンペーンであるか長期的なキャンペーンであるかなど、そのキャンペーンの目的に応じて最適なランディングページを用意します。3種類のタイプがあるので、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

1. メインサイトとランディングページを統合したランディングページ

この方法はランディングページを、メインサイトの情報構築の一部にするためのコンテンツ作成において最も効率的です。検索エンジン最適化が必要なため、キャンペーンのコストがかかる可能性があります。
特定のカテゴリーまたは製品ページのこのようなランディングページは、ディープリンクと呼ばれるものを使用します。

2. 短期間のキャンペーンなどに適したメインサイトとは別のランディングページ

これらは、メインのWebサイトから「切り離した」ページです。オンライン広告キャンペーンからの訪問者のコンバージョンに焦点を当てています。短期間のブランディングキャンペーンには、メインサイトとは別の外観と雰囲気のマイクロサイトが適しています。

デメリットは、制作作業と保守点検が多くなり、サイト内の他の場所とは違った視点で作業するため、ユーザーエクスペリエンスが低下することが多いということです。

別のドメインをもつ完全に個別のサイトである場合のこのアプローチの大きな欠点は、Googleのサンドボックスが原因で、検索結果に数ヶ月間含まれない可能性が高いことです。このことを考えると、サイトが同じドメイン内に組み込まれていることは本当に重要だといえるでしょう。

3. 複数のページまたはタブ付きランディングページをもつマイクロサイト

マイクロサイトとは、大きなWebサイトの一角が独立したもの。

メインサイトの構造から切り離され、情報が精査されたてシンプルになっらランディングページは、単発のコンバージョン率が上昇することがよくありますが、購入する気満々ではない訪問者を惹きつけることはありません。マイクロサイトなら、1つのアプローチが失敗しても、他のページでアピールする機会が得られます。、あた。

スマートフォン画像

また、紹介する商品が限定されている場合や、主なキャンペーンの目的がレスポンスではなく宣伝することが目的である場合、ランディングページを商品のWebサイトとして利用し、結果的にマイクロサイトとして運用することができます。

ランディングページへの入り口

より多くの人にランディングページを訪れてもらうために、導線を考えなければなりません。ランディングページへの入り口を配置するべき3つのポイントをお伝えします。

1. オンラインメディアの配置

訪問者は、検索エンジン、オンライン広告、アフィリエイトサイト、または電子メールキャンペーンなどのオンラインリファラーからのクリックによって流入してきます。

2. オフラインメディアの配置

オフライン広告やDMには、特定のキャンペーンURL(CURL)が含まれている場合があります。

3. 他のサイトから移動してくる訪問者

そのような訪問者は、ページを「ランディングページ」として使用していませんが、ディープリンク戦略を使用している場合は、依然として対応する必要があります。

ランディングページの成功要因

ランディングページで効果を上げるには、次の項目を組み合わせる必要があります。

  • ユーザビリティ
  • アクセシビリティ
  • 勧誘
  • ブランドの信頼を築く

良いランディングページづくりのための12のコツ

1:必要な情報を提供する

最初にやるべきことは、訪問者がそのページを訪れた目的を達成するのに役立つ情報を、分かりやすく即座に示すことです。訪問者が探しているブランド、製品、取引、情報、経験などを見つけるための適切な場所を示すために、Webサイトのいたるところに表示をだしましょう。

また、見出しの適切な設置も重要です。フォントが大きいほど、ユーザーの認知は早いです。

ランディングページは、その会社が何者であるかを広めるためのページです。ですので、「どんな会社なのか」「何をしているのか」「どこにあるのか」という会社に関する基本的な疑問を解消する必要があります。また、ランディングページのナビゲーションで “About Us”や “Contact Us”のような標準メニューオプションを利用することで顧客へ安心感を与えることができます。

スマートフォン画像

2:ランディングページと参照元に一貫性をもたせる

ブランディングの側面で、ランディングページは統一されたトーン&マナーを提供する必要があります。これは特にオフライン広告、インタラクティブ広告、電子メールに適用されます。

3:訪問者のサインアップをサポートするのに十分な詳細を提供する

ランディングページでは、訪問者がサインアップすることができる詳細な情報をしっかりと載せることが重要です。

必要な情報の提供とサービスや製品に関する十分な説明、ユーザーが持っている「ドメイン知識」のレベルやランディングページで追加のツールを使用する必要がある「ツール知識」についてなど、訪問者が効果的に使用するための必要な知識と正しい説明をしっかりと提供しているかどうかを確認してください。

4:レスポンス度を高める

ユーザーの目的を達成させるまでの道のりが長いほど、コンバージョンは低下するといわれています。クリック数を最小限に抑える必要があるため、トップページに送信フォームを設置することおすすめします。

またフォーム関連のアプローチ法として、各ページのオプションを制限します。広告コピーと直接的な見出しとリード文を介して、最初の30秒で注目を集めます。もしそれが複数ページのフォームの場合は、最初の質問を簡単に設定し、フォームの入力内容を保存できるようにします。集客に関しては、検索キーフレーズを含むリファラーに関連する見出しを使用して関連性を提供します。さらにフォーカスグループを使用してテスト対象を決定します。

スマートフォン画像

5:適切なページの長さを使用する

コピーやページの長さは、ユーザーが知りたいと思っている情報量にあわせなければなりません。

デザイナーの中には、800×600の解像度でスクロールする必要のない1つのページにコンテンツを収めるべきだという人もいます。一方、マーケティングテストでは、ロングコピーの方が優れているということが明らかになりました。どちらがより適しているのかを試行錯誤して見極めましょう。

6:一貫性のあるグラフィックを使用する

グラフィックでキャンペーンと一貫性を持たせ、視聴者の共感を生み出さなければなりません。グラフィックがコンバージョン率にどのように影響するかを評価するのは難しいので、ユーザーテストを重ねて最適なグラフィックを吟味していかなければなりません。

7:メニューオプションの削除を検討する

メニューオプションを削除するとコンバージョン率が上昇することがあります。クリックする場所の選択肢が少ないためです。しかし、サイトの他の部分を閲覧できなくなるという欠点もあります。多くの場合、メニューオプションをトップレベルオプションのみに減らすことで妥協するのが最善です。

8:流動性のあるレイアウトを設計する

レスポンシブデザインとも呼ばれているこの手法は、多くの商品を売りたいときに適しています。

9:SEO対策をする

気をつけるべき点は2つです。

a) ランディングページがメインのWebサイトに統合され長期的に使用される場合、標準的な検索エンジン最適化技術を使用し、関連する検索キーフレーズ用にページを最適化すること。

b) ランディングページの関連性とスピードをテストするために「Adbots Google」を使います。タイトル、見出し、本文に広告をクリックしてもらうためのキーワードが含まれていることを確認する。

10:興味のないビジターも意識する

興味を示さない人のための選択肢も提供します。このようなビジターにはコールバックやライブチャットオプションを提供するのも手です。また、サイト上の他の場所を閲覧、検索するためのオプションもいくつか用意しておきましょう。

11:TIMITI!

TIMITIは、『Web Metrics』の著者ジム・スターンが作った用語でTry Itを元にした造語です。

オンラインコンテンツの有効性は、継続的に見直され改善されるべきです。とにかく調べ、検査し、試してみることが重要。 Webは新しいメディアであり、アクセスプラットフォーム、ユーザー行動、競合他社のアプローチはすべて変化し続けているため、半年前に機能したものが機能しないということはよくある話だからです。

現時点では、ABWebサイトオプティマイザーのような多変量テストツールを使用することは、ランディングページ最適化の重要なポイントと言えます。

12:ランディングページの寿命を考慮する

ランディングページは、短期間のキャンペーンによく使用されます。そのためナビゲーション内のリンクやリンクが期限切れになったときに、慎重に管理する必要があります。せっかくの訪問者が無効になるというリスクがあるからです。それには、カスタム404エラーページの使用を徹底しましょう。

ガイドラインは、あくまで原則

この情報をすべて鵜呑みにするのではなく、あなたの市場に役立つものであるかどうかを事前に確認してください。ユーザビリティスタディ、A / Bテスト、多変量テストなどのテストを事前に行うことです。

上記のガイドラインは画面の表示可能領域に依存しています。最低でも1064X768、800×600を設計していますが、画面解像度に関する最新のデータでは、3/4以上が1024×768以上になっています。ですので、かならず事前に分析とチェックしてください。また、ブラウザが検索結果ページなどの新しいウィンドウを開くと、新しいウィンドウがフルスクリーンよりも小さくなることがあります。

ガイドラインには常に例外があるということを忘れないでください。

最後に

良いランディングページを作るのに、参考になる情報はありましたか?

あなたのWebマーケティングが、より効果的なものになりますように。

(翻訳:Hisae Sasaki)

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ