Photoshop vs Illustrator それぞれの違いは?得意分野と活用シーンで比較してみた

Photoshop Illustrator
無料のメールマガジンに登録

毎週月曜日に、フリーランス向けニュースまとめをお届けします。 プライバシーポリシーはこちら

世界中のアーティストやクリエイターに愛用されている、Adobe Creative Suite。業界トップクラスの優秀なツールのなかでもとくに人気なのが、『Photoshop』と『Illustrator』です。

どちらも優秀なツールですが、PhotoshopとIllustratorの違いやそれぞれの特徴について、あらためて確認したい方も多いのではないでしょうか?

「写真の編集にはPhohothop、イラスト制作にはIllustrator」と単純に分けるのはもったいないほど、それぞれ多様な機能/用途があります。

本記事では、PhotoshopとIllustratorの性能を比較しながら解説します。それぞれの違いを把握した上で、より完成度の高い制作物を生み出すための参考にしていただければ幸いです。

Adobe Photoshopの特徴

Photoshop vs Illustrator

▲出典:Adobe Photoshop

1988年に発表されて以来、世界中のデザイナーに愛されてきたPhotoshop。ラスター画像を扱うPhotoshopは、画像をピクセルベースで作成します。ラスター画像とは、ピクセル(画素)で画像を表す表現形式の一種です。単位面積当たりの画素数が多いほど、高画質な画像になります。

Photoshopのプログラムは定期的な更新によって成長し続けており、いまではWebデザインからバナー広告、ビデオグラフィック、インターフェースデザインまで、幅広い用途で使われるようになりました。

しかし、あらゆる用途においてPhotoshopを使うのが最適だとは言い切れません。だからこそ、Illustratorと比較し、ときには併用するのが重要です。

Adobe Illustratorの特徴

Photoshop vs Illustrator

▲出典:Adobe Illustrator

Photoshop発表の1年前にリリースされたIllustratorは、もともとグラフィックデザイナーの仕事を簡素化するために作られた、フォントデザインを念頭においたツールでした。

グラフィックデザインやデジタルデザインに必要なツールを提供しているものの、Photoshopのような写真を編集する機能はありません。多用途のPhotoshopと比較すると、用途が限られているツールだと言えます。

またPhotoshopがラスター画像を扱うのに対し、Illustratorはベクター画像を扱うという違いも見逃せないポイント。

ベクター画像とは、円や直線を用いて画像を表すコンピュータグラフィックスの表現形式です。画像の大きさに関係なく高い解像度を保てるため、ロゴやデザイン制作に用いられています。

Photoshop vs Illustrator 4つのポイントで比較

PhotoshopとIllustratorの違いについて、以下4つのポイントを基準に比較します。

  • 画質
  • フォーマット
  • Webデザイン
  • トーンと精度

1. 画質

Photoshop vs Illustrator

まずベクターとラスターそれぞれの要素に注目しましょう。先述したようにPhotoshopはラスター、Illustratorはベクターに重点を置いており、もともと異なる用途で作られたツールです。

ラスターエディターであるPhotoshopは、さまざまな色のピクセルの集合体で画像を作ります。Photoshopの欠点は、編集を繰り返すと画質が低下する可能性がある点です。ピクセルのサイズは一定なため、画像を拡大すると画質の低下は避けられません。

Photoshop vs Illustrator

一方、ベクターエディターであるIllustratorは、自由に拡大/縮小できる形状で画像を作ります。ピクセルはサイズが一定なため拡大すると画質が落ちてしまいますが、Illustratorで作ったベクター画像は大きさを変えても画質が落ちることはありません。

2. フォーマット

Photoshop vs Illustrator

Photoshopで頻繁に使われるのが、psd/png/jpgのフォーマットです。

Illustratorは、pngとjpgに加えて、ai/eps/svg/pdfなどのフォーマットも生成できます。

Photoshop vs Illustrator

IllustratorもPhotoshopも、さまざまなフォーマットに対応しています。そのためフォーマットの観点からはどちらにも利点があります。

3. Webデザイン

Photoshop vs Illustrator

Webデザインに関しては以前からPhotoshopのほうが向いているとされてきました。これはPhotoshopのほうが、スクリーンメディアのデザインを簡単にできる点で優位に立っているためです。

一方Illustratorが得意なのは、UIデザイン。コンポーネントのリサイズやリユース、アイコンライブラリの作成など、Photoshopに欠けている要素を補ってくれます。

4. トーンと精度

Photoshop vs Illustrator

デジタルアートは、ここ数年で大きく進歩しました。

PhotoshopやIllustratorといったツールを組み合わせれば、写真と見分けがつかないほど緻密な作品が作れます。

Photoshop vs Illustrator

PhotoshopもIllustratorも、現時点で市場において重要な地位を占めていることは言うまでもありません。

ひとつのツールだけを使うのではなく、必要に応じて複数のツールを組み合わせることが重要です。

Photoshopを使うべきシーン

いざPhotoshopを使うかIllustratorを使うか、判断に迷う場合もあるかもしれません。以下の5つのようなシーンであれば、Photoshopを使うのをおすすめします。

  • 写真のレタッチ
  • デジタルデータの編集と印刷
  • Web用に最適化されたアセットの作成
  • モックアップ
  • 動画編集

Photoshop vs Illustrator

写真のレタッチ

色の修正や肌の補正、背景の削除など、写真のレタッチはPhotoshopの得意分野です。

デジタルデータの編集と印刷

スキャンした絵や写真などの編集・印刷にもPhotoshopがおすすめです。アートワーク用の多様なツールを活用しましょう。

Web用に最適化されたアセットの作成

バナーやポスト、ニュースレターなど、ソーシャルメディアに使うようなアセットのサイズを変更・最適化したい場合もPhotoshopがおすすめです。

Photoshop vs Illustrator

モックアップ

Photoshopのレイヤーを駆使すれば、Webデザインなどに活用できるモックアップも簡単に制作できます。

Photoshop vs Illustrator

動画編集

モーショングラフィックスの作成には必ずしも向いていませんが、動画のトリミングやグラフィックの追加に役立つツールは多く提供されています。

Illustratorを使うべきシーン

以下の3つのようなシーンであれば、Illustratorがおすすめです。

  • ロゴデザイン
  • 印刷物
  • タイポグラフィ

Photoshop vs Illustrator

ロゴデザイン

名刺や看板、商品、ポスターなど、さまざまなサイズで使うことが想定されるロゴの制作には、画質を落とさずに拡大/縮小できるIllustratorを使いましょう。

印刷物

ポスターのような印刷物にも、ラスター画像とベクターシェイプなどを組み合わせられるIllustratorがおすすめです。

先述したように、さまざまなサイズで印刷される可能性がある作品には、とくにIllustratorが役立ちます。

Photoshop vs Illustrator

タイポグラフィ

Illustratorには組版機能があるため、タイポグラフィの作成から編集まで、すべてIllustratorでまかなえます。ストレッチ、傾斜、変形、ワープなど、形状の編集も自由自在です。

おわりに

PhotoshopとIllustratorを比較してみた結果、分野ごとにそれぞれの長所や短所が浮かび上がってきました。もともと異なる用途で作られているツールなので、得意分野もツールによって異なります。

どちらも完璧なツールではないからこそ、用途によって使い分けたり、組み合わせたりすることが重要です。今回ご紹介した長所と短所を把握したうえで、ぜひそれぞれのツールを賢く使い分けてみてください。

(執筆:Design your way 翻訳:Asuka Nakajima 編集:Kitamura Yuu)

34,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 34,000人以上のフリーランス、パラレルワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち60%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。また、本メディア内に掲載されているリンクには、アフィリエイトURLが含まれる可能性があります。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ