Eコマースを加速させる!Pinterestビジネスアカウントの活用法

ビジュアルに重点を置くPinterestは、Eコマース販売のトラフィックを増やす上で非常に優秀なツールです。Pinterestで特定のアイテムをチェックしているユーザーには、すでに購買意欲があることが分かっています。

Pinterestの統計によると、Pinterestには現在2億5千万人を超えるユーザーがおり、そのうちの84%は購入したいアイテムを見つけるためにPinterestを使用しています。

あなたがEコマースビジネスを行なっているなら、いますぐPinterestを始めましょう。この記事では、EコマースビジネスでPinterestを最大限活用するための5つのステップを紹介します。

1. 企業情報を最適化する

まずは、Pinterestのビジネスアカウントを作成することから始めましょう。一般アカウントからビジネス向けアカウントへのアップグレードは、全て無料で行えます。ビジネスアカウントでは、一般アカウントにはない多くの機能にアクセスできます。

まだPinterestのアカウントを持っていない場合は、ここからサインアップしましょう。すでにアカウントがある場合は、アップグレードボタンを押して、ビジネスアカウントに切り替えます。

次に、あなたのWebサイトをアカウントに登録しましょう。こうすることで、Pinterestプラットフォーム内でのWebサイトの検索ランキングがアップします。ピンを作成し、あなたの会社のロゴやプロフィール写真を設定しましょう。

PinterestへのWebサイトの登録方法

設定画面から、 URLの入力欄にあなたのWebサイトのURLを入力します。

「確認する」ボタンを押して次に進み、オプションから「HTMLタグを挿入する」を選択します。ここで表示されるタグをコピーしておき、あなたのWebサイトのコードに埋め込みましょう。PinterestとあなたのWebサイトが、これで連携します。

リッチピン機能」をオンにしておくことも重要です。リッチピンを使用すると、通常のピンに商品価格や販売者情報など、画像以外の追加情報を補足できます。Shopifyを使用している場合、このリッチピン機能に自動的に対応しています。

以上でビジネスアカウントの設定は終了です。

リッチピンを活用する

Pinterestは現在、リーディング(記事)・プロダクト(商品)・レシピ・アプリの4タイプのリッチピンをサポートしています(※レシピピンは米国のみ対応)。ビジネスアカウントでは特に、リーディングとプロダクトの紹介でリッチピンを活用するとよいでしょう。

  • リーディングピン:記事ページの見出し、サイト名、サマリー等のデータが表示されるピンが作成できます。
  • プロダクトピン:Eコマース上のアイテムの商品名、在庫数や価格等のデータが表示されるピンが作成できます。

2. ピンをプロモーションする

ビジネスアカウントを設定したら、次はあなたのプロダクトをPinterestでプロモーションしましょう。「ピンをプロモートする」オプションから広告を掲載できます。宣伝したいピンを選び、「プロモート」をクリックして予算や期間を設定しましょう。

3. ディスカウントコードを作成する

ディスカウントコードの使用は、エンゲージメントやコンバージョンレートをアップさせる便利なツールです。プロダクトの紹介ページに、ここだけのディスカウントコードを掲載しましょう。

4. 商品のカテゴリー毎にボードを使い分ける

商品はカテゴリー別に表示することで、簡単に検索できるようになります。Pinterestでも、商品のカテゴリー毎にボードを作成するのがおすすめです。例えば、重量挙げの商品を販売しているのなら、女性向けのジム用品のボードを作成しましょう。このボードに、女性のジム用品のアイテムをまとめて掲載します。

バレンタインやクリスマス、お正月など、季節や行事に合わせて関連する商品のボードを作成するのもおすすめです。

5. パフォーマンスの改善にPinterestアナリティクスを使用する

Pinterestのビジネスアカウントには、パフォーマンスを測定するアナリティクス機能も付いています。定期的に確認して自身の広告とオーガニックそれぞれのパフォーマンスを振り返りましょう。

まとめ

Eコマースビジネスをしている場合は、自身のWebサイトだけでなく、Pinterestでの宣伝を欠かさず行うようにしましょう。この記事で紹介した5つのステップを参考にすれば、安定したトラフィックと、セールスの上昇が期待出来るはずです。

(原文:Ronak Meghani 翻訳:Mariko Sugita)

 

こちらもおすすめ!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ