BehanceやDribbbleだけじゃない!デザインの参考になるWebサイト7選

デザインに悩んだ際に、BehanceDribbbleAwwwardsなどに掲載されている作品からインスピレーションを得ているデザイナーは多いはず。しかし、ほかにも優秀なWebサイト・サービスがあることはあまり知られていません。

今回はデザインの参考にできる、まだあまり知られていないWebサイト・サービスを7つご紹介します。

1. Eye on Design

portfolio-website-1

Awwwardsなどのギャラリーサイトからも見られるように、デザイナーは流行のデザインにこだわる傾向があります。熟練したデザイナーの作品を分析することも重要ですが、たまにはフレッシュなデザイナーの作品からも刺激を得てみましょう。

『Eye on Design』は他のWebサイト・サービスとは異なり、若手デザイナーの作品が多く掲載されています。また人気のデザイナーの場合、連絡をとっても返事がこない場合もありますが、Eye on Designは比較的返信率が高い傾向にあります。きっと良い出会いに繋がるはずです。

Eye on Design

2. Square

portfolio-website-2

国際的なWebデザインコンテストに参加するためには、念入りな準備やある程度の資金が必要です。こうした敷居が高いコンテストへの参加を躊躇しているなら、まずは『Square』をのぞいてみましょう。

Squareのコンテストは、BehanceのUIゲームからはじまりました。参加者はグリッドテンプレートをダウンロードし、ページデザインを作成して、メールでSquareにそれを送付します。すると作品が公開され、フィードバックがもらえるという仕組みです。

ルールがわかりやすく、参加費も必要ありません。ぜひ一度、お気軽に挑戦してみては?

Square

3. Gomoodboard

portfolio-website-3

めずらしいフォントや雑誌のレイアウト、SNSで流れたきたイラストや同僚の作品……デザイナーは日々さまざまなものからインスピレーションを得ています。しかし、参考にしたい作品を頭の中に留めておくだけでは、ちょっと不安が残ります。

そんなときに役立つのが『Gomoodboard』です。Gomoodboardは雑誌の切り抜きを集めるように、インスピレーションを得た作品をひとつの場所に集めておくためのWebサイトです。Webページや本の装丁、写真などを集めて、オリジナルのボードを作ってみましょう。ボードの数は無制限で、アカウント登録の必要もありません。

Gomoodboard

4. Uplabs

portfolio-website-4

DribbbleやBehanceには、実際のWebサイトやアプリには使用されていない作品も掲載されています。こうした作品も魅力的ではありますが、あくまで完成品を参考にしたいなら『Uplabs』がおすすめです。

Uplabsは完成品に特化したデザインギャラリーであり、ユーザーはオープンコード、レイアウト、アニメーションおよびWebページを共有できます。インタラクティブプロトタイプも提供しており、ほとんどのオプションは自由に使用可能です。ポートフォリオを作成したいビギナーには間違いなく参考になるWebサイトでしょう。

Uplabs

5. Freebbble

portfolio-website-5

Dribbbleはとても参考になるWebサイトですが、何千もの作品の中からピンとくる作品を探すのはなかなか大変ですよね。

『Freebbble』はこうした問題を解決するために、Deibbbleに投稿された無料の作品を「イラスト」「ロゴ」「フォント」などのカテゴリー別に分類しています。作品の検索機能もついており、目的の作品を瞬時に探し出せます。

Freebbble

6. UI8

portfolio-website-6

BehanceやDribbble、Instagramなどを通じてデザインの仕事を得るのは、簡単なことではありません。インターネットを通じて仕事を得たいなら、かわりに『UI8』を使ってみましょう。

ここではイラスト、ロゴ、フォント、アプリ、Webサイトなどのグラフィカルコンテンツの販売が可能です。作品が購入された場合、作者は報酬の90%を受け取ることができます。作品を販売するだけでなく、他のデザイナーの作品を見るだけでも勉強になるはずです。

UI8

7. Meetup

portfolio-website-7

Web上で情報を探すのに飽きたら、実際に人と会ってみましょう。Meetupを使えば、いつ、どこでカンファレンスが開催されているかひと目でわかります。カンファレンスには初心者から専門家まで幅広い層が参加できるため、新たな知識を得る良い機会になるはずです。

オンラインで行われるカンファレンス(ウェブセミナー)もありますが、直接足を運ぶのが一番でしょう。世界中の情報が掲載されているので、旅先で参加するのも良いですね。

Meetup

おわりに

BehanceやDribbbleだけでも多くの作品が掲載されていますが、それ以外のWebサイト・サービスにも魅力的な作品はたくさん掲載されています。

コンペをのぞいてみたり、フレッシュなデザイナーの作品を見てみたりして、新たなインスピレーションを獲得しましょう。そして時間ができたら、ぜひMeetupで会合に足を運んでみましょう!

(原文:Sabur Ibragimov 翻訳:Nakajima Asuka)

 

こちらもおすすめ!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ