「SNS投稿」と「PPC広告」を組み合わせてCVを向上させる方法。リマーケティングでターゲットを絞ろう

SNS and PPC

世界中に約26億2000万のユーザーがいるとされる、SNS。1ドルの支出で2ドルの利益を上げるとされる、PPC(Pay Per Click)。どちらも魅力的な存在ですよね。

今回は、CV向上の強力な味方である「SNS」と「PPC」を、効果的に組み合わせる方法をご紹介します。

「SNS投稿」をリマーケティングして「PPC広告」に繋げる

BuzzSumoの調査によると、SNSにおける広告コンテンツは、数年前と比べて約半分ほどしかエンゲージメントを獲得していないとのこと。「ただ単にSNSでコンテンツを共有すればいい」わけではないことが分かりますね。

多くの人は、家族や友人などと繋がるためにSNSを利用しています(これを「プライベートグラフ」と言います)。

考えてみてください。商品を購入する目的でFacebookを開くことは、まずありませんよね? このことからも分かるように、販売のためにSNS広告を出しても、あまりいい結果が出ないことも多いです。

しかしSNSは、ブランドの認知度をあげたり、コンテンツのプロモーションをするのには最適です。

目指すべきは「プラットフォームをまたいだユーザー体験によるオムニチャネルマーケティング」。複数箇所でユーザーがブランドと関わることで認知と愛着を高め、最終的にCVへと誘導するのです。

そこで役立つのが、Googleのリマーケティングです。たとえばFacebook/Instagram/Twitterなどに投稿されたコンテンツへのエンゲージメントに基づいて、リマーケティングのリストを作成し、別のプラットフォームで再度ユーザーに訴求する方法があります。

SNS投稿を活用したリマーケティング事例1

ローン会社のLendioが行なったSNSキャンペーンを見てみましょう。

Lendioの最初の課題は、SNSでのエンゲージメントを生み出すことでした。彼らはCEOのストーリーを紹介することで、これを実現しました。

SNS and PPC

その投稿に反応したユーザーにリマーケティングしたPPC広告を出して、LPに誘導しました。

SNS and PPC

ここで大切なのは、「投稿の内容」と「誘導先のLP」の方向性が一致していることです。投稿に興味を持ったユーザーは、同じ方向性のLPにもきっと興味を持つことでしょう。

SNS投稿を活用したリマーケティング事例2

SNSにて、「コンテンツマーケティング」に関するポッドキャストの投稿し、「コンテンツマーケティングのコンサルティングサービス」のCVを狙うと仮定しましょう。

SNS and PPC

SNSとPPCを組み合わせてCVを獲得する戦略のうち、おすすめしたいのは以下のような流れです。

  1. 通常どおりSNSで最新のコンテンツを宣伝する
  2. GoogleでRLSAを作成し、ポッドキャストをクリックしたユーザーに対して広告を出す

すでに興味を持っている人をターゲットにすることで、広告がクリックされる確率を上げられます。

具体的にはどのような流れになるのか、見てみましょう。まずは以下のように、SNSで最新のコンテンツを共有します。

SNS and PPC

リンク先はLPでも、はたまたYouTubeでもOKです。このページの訪問者をもとに、リマーケティングリストを作成します。

次にGoogle広告のアカウントに移動し、リマーケティング-ユーザーリストを選択します。

WebサイトやYouTubeの訪問者に基づいて、リストを作成できます。

SNS and PPC

ユーザーリストを作成したら、新しい検索ネットワークキャンペーンを作り、リマーケティングリストを選択します。

SNS and PPC

キャンペーンのターゲットキーワードを選択すると、いよいよコンテンツのプロモーションが開始します。

キーワードをターゲットに設定する際には、SNSのユーザーが興味をもつようなキーワードにするよう気を配りましょう。たとえばSNSで「コンテンツマーケティング」に関するポッドキャストを共有したならば、その分野のキーワードを含めるようにします。

すると、リマーケティングリストの対象者がGoogleで当該キーワードおよび関連キーワードを検索した際に、広告リンクが表示されるようになるはずです。

Facebook広告の「関心」と「除外」を活用する

「Facebook広告を利用しているのに、お金がかかるだけで結果が出ない……」

もしそう感じているなら、ぜひ「趣味・関心」と「除外」を活用して、対象を絞り込んでみましょう。

SNS and PPC

Facebook広告には、広告を出すターゲットを絞り込むためのフィルター機能が備わっています。

フィルター機能を適切に活用すれば、CVに繋がらないユーザーを除外し、より効果の高いユーザーにフォーカスできます。

FacebookのリストをGoogleで活用する方法

マーケティングにFacebookを活用しているなら、リストをダウンロードすることで、それをGoogleのPPC広告に活用できます。

SNS and PPC

FacebookからWebサイトにトラフィックを誘導する場合、特定のページへのアクセスをリマーケティングしましょう。

SNS and PPC

オーディエンスをGoogleベースのPPC広告でひきつけて、適切なLPに誘導しましょう。

おわりに

SNSには多くのマーケティングの可能性がありますが、そこには罠も潜んでいます。

ユーザーが多いからこそ、適切にターゲットを絞り込まないと、そう簡単にはエンゲージメント率はあがりません。

今回ご紹介した例をもとに、ぜひSNSとPPCを組み合わせてターゲットを絞り込んでみてください。膨大な数のユーザーの中から、本当の意味での見込み顧客が、あなたの製品やサービスを見つけてくれるはずです。

 

執筆:David Zheng
翻訳:Nakajima Asuka
編集:Workship MAGAZINE編集部

 

こちらもおすすめ!▼

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。

30,000人以上が使う日本最大級のお仕事マッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・複業・副業向けお仕事マッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 30,000人以上のフリーランス、パラレルワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち60%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

登録から案件獲得まで、利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

>フリーランス・複業・副業ワーカーの方はこちら

>法人の方はこちら

Workship CTA

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ